世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 日本はどこに行こうとしているの? ]

                  こちらの記事もお読みください 
                       お金って?




今の日本の現状をとてもよく表現しているブログの記事がありました。
これを読めば 本当に大変なことが 私たちに起きているのがよくわかります。

ダイパニック号はいつ沈むのか?
 
1億2千万人の乗客を乗せて、いま「ダイパニック号」は目的地のない航海を続けています。というより、荒波の中を漂流しているという方が正しいでしょう。
 かつては世界でもトップクラスの高性能を誇った船でしたが、いまではすっかり老朽化して、波にもまれてよたよたと揺れています。海はますます荒れ模様です。はたして乗客の安全は大丈夫なのでしょうか。
 よく見ると、船から次々と人が海に身投げをしています。病気や経済難を苦にして命を絶つ人が増えているのです。甲板では至るところで乗客同士が喧嘩をしています。また凶器のナイフを振りかざして暴れ回っている者もいます。個室を持てない客たちにとって、船の上は大変住みづらくなっているのです。
 一方、船の中ではカジノやスポーツ、大道芸に興じて、結構楽しそうに過ごしている乗客もたくさんいます。カジノで儲けた人たちは、「セレブ」と呼ばれ、一般の乗客とは別仕立ての豪華な個室で優雅な暮らしをしているのです。

 ところが、最近乗客の間で「この船は大きな氷山に衝突して船腹に穴が空いているらしい。このままでは沈んでしまうのではないだろうか」と不安視する人が現れるようになりました。もし船腹に穴が空いているのであれば、やがてこのダイパニック号は浸水して傾きはじめ、船内は文字どおりの大パニックになることでしょう。乗客が争って救命ボートに殺到する醜い姿を露呈することになるはずです。また、船から身投げをする人もますます増えるかも知れません。
 ほんとうに、このダイパニック号は氷山に衝突したのでしょうか。
 やがて沈んでしまうのでしょうか?
 もしそうだとしたら、それはいつのことでしょうか。
 乗客はどうなるのでしょうか。
 今からでも、助かる方法はあるのでしょうか。

 じつは‥‥、信じてはもらえないかも知れませんが、この船はとうの昔から、世界の海を股にかけて荒らし回っている海賊の一味に乗っ取られていて、船長をはじめ航海士の大半は海賊たちのいいなりになっているのです。氷山に衝突したのも海賊の指令によって意図的になされたことだったのです。この船を乗客ごと沈めてしまうことが、当初からの彼らの目的だからです。
 しかしながら、大半の乗客はそのような恐ろしい事実に気づいていません。それは、海賊にコントロールされている船内の大道芸人や賭博師たちが、さまざまな芸を披露したり賭場をひらいたりして乗客の関心を巧妙にそらしているからです。

 
おわかりのことと思いますが、「ダイパニック号」とはこの国「日本」のことです。まもなく大パニックに陥ると思われるこの国の国民は、いま身近に迫った危機に気づくことなく、毎日のどかにテレビのスポーツ番組を初めクイズやお笑いなどの娯楽番組に興じているのです。テレビでかくも低俗な番組が大量に放送されている国は、先進国のどこにもないといわれています。それはまさに日本国民の意識を低俗化されることを狙いとして、「陰の世界支配層」が民族浄化(家畜化)のために計画的に洗脳してきた結果なのです。
 子供の頃からテレビによって洗脳され続け、動物と同じような意識になってしまいつつある最近の若者たちは、目の前の餌(=お金)のことしか考えられなくなります。日本の国全体のことや、将来のことを考える知恵はなくなってしまうのです。猿が「朝三暮四」に騙されるのはそのためです。
 ですから、本当に怖いのは船が沈んでしまうことではないのです。多くの乗客たちがこの船の安全や他の乗客のことを気にすることもなく、ただ自分の現在の幸せだけを考える動物的な人間になりつつあるという現実こそが怖いことなのです。
 銃口に首を突っ込んで笑っている――今の日本国民を形容すると、ちょうどこんな姿が目に浮かびます。銃の引き金を握っているのはアメリカだと思う人が多いでしょうが、実はそのアメリカも「陰の世界支配層」に操られているのです。アメリカという国を裏で操作している強大な勢力がいるのです。黒幕の裏にいる彼らは決して姿を見せることはありません。表面に出ているのは常に猿回し師と猿だけです。
 その勢力の前では、世界最大・最強の軍事力を持つに至ったアメリカの大統領といえども、単なる1匹の猿に過ぎないのです。アメリカという国は、すでに完全にその勢力の支配下に入っていると思われます。そして、かの国にとどめを刺したのが、2003年9月11日の「同時多発テロ」でした。
 あの事件を口実として、アメリカはアフガニスタンとイラクに軍事力を行使し、支配下に置きました。アフガニスタンにはウランなどの貴重な資源が、イラクには石油が大量に埋蔵されていることがわかっています。そして、この2つの国がある一帯は、石油エネルギーの宝庫である中東に睨みをきかせる上での要衝となる地域です。
 「9・11」はそれが目的だったのでしょうか。いいえ、違います。「世界支配層」の真の狙いは、世界最強国家アメリカを完全にコントロール化に置くことだったのです。
 その証拠に、アメリカ国内に目を向けてみますと、あの事件以降、「テロとの対決」という名目で国民を監視するカメラがいたるところに設置され、疑わしいと思われる人物は無条件に拘束できる法律が施行され、恐怖社会が完成しました。「9.11テロ」の本当の目的はそこにあったのです。これから崩壊させてしまう予定のアメリカ社会を、国民の一人ひとりまで監視していくために、大がかりな事件が仕組まれたとみる必要があります。
 もちろん、アフガニスタンやイラクを支配下に置くことも「行きがけの駄賃」的な意味はあったことでしょう。あるいは裏社会の人間たちを納得させる「大義名分」と言ってよいかも知れません。
 そのような状況下では、あのニューヨークで起こった事件の真相を暴く自由は全くありません。アメリカの中枢にいる人たちはその真相を知っているはずですが、それを自分の国で口に出すことはできないのです。
 こののどかな日本に住んでいると、そのようなことは作り話だと思われるかもしれません。毎日、テレビでスポーツ番組やお笑い番組を見て疲れを癒している多くの日本人にとっては、どうでもいい話に思えることでしょう。その状態を、「銃口に首を突っ込んで笑っている」と言っているのです。

 あの事件をイスラム過激派が自発的に行なったテロだと思っている人は、まことにおめでたい人と言わざるを得ません。事件後、アメリカではインターネットなどを通じて、ツインビルに突入した飛行機の機体腹部に自動操縦装置と思われる物体が確認されたことや、ペンタゴンに突入したと言われる旅客機の残骸が残っていないことなど、さまざまな矛盾点が指摘されています。
 もしアメリカ政府が本気になって真相究明をすれば、事件の真犯人はすぐに浮かび上がったはずです。しかし、アメリカ政府は真相究明と全く逆の動きをしたのです。そして、大マスコミもなぜかそれに同調してしまいました。そこまでアメリカの政治とマスコミを牛耳ることのできる勢力が存在することも、多くの日本人の想像を超えるものでしょう。
 ただし、この本ではそのような陰の力について解説するつもりはありません。

 いま多くの日本人は、法華経に出てくる「火宅の人」の状態にあります。
 家の周りが火に囲まれているにもかかわらず、そのことに気づかず遊びに夢中になっている子どもの状態ということです。早く家から出ないと焼け死んでしまうというのに、誰もそれに気づいていません。いや、気づいて警鐘を鳴らしている人もいるのですが、遊びに熱中しているため耳に入らないのです。
 そのことは、むしろ外国の人が気づいています。

                    2012年の黙示録より 転記

FC2 Blog Ranking← 早く皆に知らせなきゃ・・って言う方、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←メガホンを持って大きな声で伝えましょう・・と言う方、こちらもよろしくお願いします。
                 


スポンサーサイト



 ← 青い鳥・・飛んで来たHOME頼んだわけじゃない!

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/80-e211da89 ]

   こんなものいらない!・・・嘘をつく政治家
やっぱりこれですよね!これに尽きると思います。      平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 よろしければ、ラン...
2008-07-01- ( Tue ) 14:06:30 | わんばらんす


HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi