世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 食料危機が始まった? ]

☆ 23日の 読売新聞から

穀物輸入額、世界的価格高騰で33%増…数量は2・5%減

穀物価格の世界的な高騰を背景に、2007年度の穀物類の輸入額が前年比で33%増加し、9682億円に上ったことが、23日に財務省が発表した貿易統計で明らかになった。

 輸入数量は2649万トンとなり、逆に2・5%減少した。

 主な国・地域別では、最大の輸入先である米国が41・2%増の6620億円と最も高い伸びを示した。欧州連合(EU)域内からは10%増、中国が7・3%増と続いた。

 穀物類の輸入の多くは、飼料用を含むトウモロコシと小麦が占めている。07年度中に小麦の国際価格は約2倍、トウモロコシは約5割値上がりした。


☆ そして 9日の フジサンケイ ビジネス から

【納得ゼミナール】アジアを襲う食糧危機 「安定供給の時代」終焉の見方

パンや乳製品など食品価格の値上げが相次いでいるが、海外ではアジアを中心にコメや小麦など主食の穀物が2倍に値上がりするなど食糧危機の様相を見せ始めた。食をめぐる世界規模の構造変化が背景にある。オイルショック以来、30年余にわたり穀物価格が安定推移した時代が終焉(しゅうえん)を迎え「アグフレーション(食料インフレ)時代」が幕を開けたとみられている。

 ◆輸出規制相次ぐ

 タイに次ぐ世界2位のコメ輸出国インドは3月末、米価急騰に対応し、すべてのコメの輸出停止を決めた。すでに世界最大のコメ生産国の中国やベトナムなど他の輸出国も輸出規制に動いている。最大のコメ輸出国、タイは4日、輸出を維持する方針を表明したものの、同国の米価は昨年5割も上昇。その後も値上がりが続き、いつ規制をかけてもおかしくない状況だ。

 主食穀物を輸入に頼る消費国には混乱が広がっている。世界最大のコメ輸入国フィリピンは共産系ゲリラが食糧不足で不満を募らせる市民を扇動。コメ輸送車が襲われるなど政情不安が高まっている。アロヨ大統領は、国内で穀物の買いだめをした場合、経済サボタージュ行為とみなし、最悪死刑とする厳しい取り締まりを警察に要請した。

 昨年、ブット元首相暗殺事件が起きたパキスタンでも小麦不足が現在の政情不安を拡大する心配がある。バングラデシュでは昨年来、米価が倍になり、多くが1日1食で生活。エンゲル係数は7~8割に跳ね上がったという。インドネシアは食品を中心に3月の消費者物価が1年半ぶりの高水準である8・2%となり経済基盤を脅かしている。

 ◆温暖化が収穫に打撃

 国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の食品価格は2005年末で1998~2000年比1・2倍にすぎなかったが、07年末には1・8倍以上へと急騰した。英公共放送BBCは、国際的な穀物相場が、70年代の2度のオイルショックにより高騰して以来、高すぎず安すぎない水準で推移してきた「ゴルディロックス(適温)時代」が終わりを告げたと指摘した。

 この背景にあるのが、需給両面で進む構造変化だ。

 需要面ではまず、05年に65億人だった世界人口(国連推計)が50年後に92億人へと1・5倍に増えるのに加え新興経済国で食品の大量消費が進んでいる。たとえば中国では可処分所得の増加に伴い食が西洋化し、1人当たり年間肉消費が80年の20キロから07年には50キロに増加。肉牛1キロを生産するのに7キロの穀物が必要とされ、新興経済国が近い将来、世界の食糧の過半数を消費するようになる。

 また、米ブッシュ政権のエネルギー政策に基づき、10年までに石油代替燃料のバイオエタノールに全米のトウモロコシの3割が消費される見通しだが、この流れはヘッジファンドなどによるマネーゲームで加速。ドル建て資産から穀物先物取引へのシフトで穀物価格を実需以上に押し上げた。

 これに対し供給面で穀物価格を急上昇させている要因が、昨年の天候不順による農作物被害だ。干魃(かんばつ)や台風、大雨による洪水被害などが北半球の広い地域を襲った。これがアジアの食糧危機の直接の要因となったが、気象専門家は、大規模自然災害の増加が地球温暖化と無縁ではないと指摘。昨年の農作物被害が一過性にとどまらず、今後一段と拡大する心配もある。

 穀物価格の上昇は飼料価格を通じ食肉や乳製品の価格に反映されることはいうまでもない。アグフレーションはアジアだけでなく、中南米や欧州にも広がりつつあり、日本の経済の先行きや食糧安保論にも影響を与えそうだ。(佐藤健二)


☆ そして 最後に 世界飢餓にまつわる12の神話 その2 より

世界飢餓にまつわる12の神話


【神話 その2】
干ばつや凶作が飢饉を引き起こす。自然災害のせいだ。

【事実】
「この村でも大勢が餓死したわ。裕福な農民たちは米を買い占めて、貧しい小作人たちに見せないよう隠していた。洪水のためそれほどたくさんの食糧がなかったのかもしれないけれど、あの時、食べ物がみんなに分けられていたら飢えで死ぬ人は一人もいなかったと思うわ」1974年の大飢饉後にバングラデシュの小作人が語った言葉。


凶作の年はしばしば裕福な農民や商人が食糧を買い占め値段をつり上げる。目の前に食糧があっても、貧しい人たちは食べ物を買うお金がない。借金に追われる零細農民や小作人たちは最安値で収穫物を全部を買いたたかれ、土地も買いたたかれ、生活の糧そのものを失ってしまう。


1982 年から85年に「干ばつに襲われ」多くの人々が餓死したとき、サヘル諸国の多くは農作物の輸出を増加させていた。干ばつの年1984年に記録的な量の綿花がこれらの国から輸出された。エチオピアでは長年の軍備強化と内戦が海外債務を増やし(政府は食糧生産より輸出作物に肥沃な農地と水資源を優先させ)、多くの若者が農地を耕す代わりに軍隊にとられ、ゲリラへの協力を疑われた住民が数十万人も自らの農地を離れ他所へ強制移住させられた。1980年代始めに干ばつを経験したサハラアフリカ地方の31諸国のうち、飢饉に襲われ人々が餓死したのはモザンビーク、アンゴラ、スーダン、チャド、エチオピアの5ヶ国のみだった。

だれが食糧購入の手段を持っているのか?
お金がないかぎり、市場に食糧があっても貧しい人たちは食べ物を手に入れることができない。
だれが恒常的に生存境界線ぎりぎりに追いやられているのか?
凶作は普段から搾取され栄養が不足がちの貧しい人たちに死をもたらし、豊かな人たちに金儲けのチャンスをもたらす。
農業システムの崩壊が干ばつの被害を拡大している。
古来人々は干ばつや洪水の年にも被害を最小限におさえるための技術と知恵を培ってきていた。しかしこれらの伝統的な技術と知恵はしばしば無視され「近代的」農業技術が自然災害へのもろさの度合いを増している。
だれが、だれに対して「食糧不足」を戦略的に使うのか?
食糧はしばしば戦争の武器として使われ、結果として餓死が作り出される。
気まぐれな自然現象に責任を押しつけるのは簡単だ。だけど人為的な要素が大勢の人をちょっとした天候の変化にも大被害を受けるようなもろい状況に押しやっている。どんな自然災害があっても、お金のある人には食べ物がある。危機の時に飢え死にするのは貧しい人たちだけだ。数百万人もの人たちがアジアやアフリカで生存ギリギリの境界線に陥れられている。金持ちに土地を取り上げられ、借金の罠にはめられ、働いても二束三文の賃金しかもらえないからだ。自然現象が人を餓死させるのではない。自然現象は崖っぷちに追いやられている人たちへの最後の一押しだけだ。人間が作った組織や政府が、どの人が食べてどの人が飢え死にするのかを決めている。アメリカで冬にホームレスの人たちが寒さで命を落とすからといって、自然現象の責任にする人はいないだろう。人間が作った社会や経済が真犯人なのだから。



アジアで起きていることです。
すぐ身近に起きています。
現に 日本でも スーパーからバターが消えています。
バターだけのうちはいいです・・が・・・。

この食料危機が 温暖化による天候不順だけが原因なんて 単純に考えてる人はいないと思います。

誰かの意図によって 生かされる人、死んでもいい人が決められるなんて・・・絶対に 許せません。


FC2 Blog Ranking←ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←こちらも ありがとうございます。






スポンサーサイト



 ← キャ~~!素敵!かっこいい~~!HOME人間って、ホントに・・ねぇ

 COMMENT

≡ 経済ニュースゼミ  
食糧危機が起きると、遺伝子組み換え作物を受け入れても、という
動きが出てくるのが嫌ですね。
2008-04-24 (16:22) | URL | [ EDIT ]

≡ ミナミ  
経済ニュースゼミ さん

コメントありがとうございます。

本当に おっしゃるとおりだと思います。

食糧危機が起きている(ように見せかけて?)から このさい 仕方が無いから、副作用もまだはっきりわからないし 環境には悪いけど、病気に強くてたくさん収穫できる遺伝子組み換え作物でもいいから作りましょう・・・あ、農薬もつけてね・・・しめしめ また一儲けができる・・っていう構図は やめにしてもらいたいものです。

肉食を控えれば 人間のための穀物は増え 危機は回避できます。

また 情報を下さい。よろしくお願い致します。
2008-04-25 (08:55) | URL | [ EDIT ]

≡ なな  
昨日のヤフーニュースだったかな?

7月~9月に電気・ガスもまた値上げらしいですね
5月1日よりガソリン税も再び・・・

もうこれは始まりとしか言いようのない感じ・・・

資源を求めてひとが争い始めたら・・・
想像すると怖いですよね~
昨日までの友人も敵になったりするんですかね?

その時はわたしはすべてを手放します

そのためにも鍛えておかなくちゃ!
2008-04-25 (12:35) | URL | [ EDIT ]

≡ マーキー  
たしかにねぇ…日本経済が悪化すれば自給率の悪い日本が食えなくなるのは解ってましたが…複合的な理由で飢餓が迫ってるとしたら大変 危険ですねぇ(^o^;武士は食わねど高楊子なんて誇り高き日本の心の時代だったら…今の日本なら略奪の為に醜い犯罪が増えるなぁ(T_T)海外の本当に食えない子供たちと親しくしたことがあるねんけど…確かに辛く悲しい現実やけど、彼らは以外にも、たくましく生きる為のエネルギーは素晴らしい物を感じましたよう!子供達に笑われないように頑張りたいですね(^-^)
2008-04-25 (21:54) | URL | [ EDIT ]

≡ ミナミ  
なな さん

そんなことになったら 私も 全部手放します。

でも 資源も食料も 分け合えば余るくらいにあるそうです。
それを 意図的に隠している人達がいる。
その人達に 光を当てていきましょうね。


マーキー さん

>彼らは以外にも、たくましく生きる為のエネルギーは素晴らしい物を感じましたよう!子供達に笑われないように頑張りたいですね(^-^)

ホントに! 今の日本には 生きるためのたくましさが無いですよね。私も含めてひ弱・・。たくましく 生きなくては。



2008-04-26 (11:19) | URL | [ EDIT ]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/61-909cd72e ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi