世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 母の日に・・反省(〃∇〃) ]

今日は ”母の日”ですね。

お母さんたち お疲れ様です。

本当に 子供を育てる・・、人間を育てる・・

ということは 大変なことです。

でも、結構 育ててるつもりで 反対に 私が 

育ててもらってるんだな・・って思うことが しばしばです。


私の 子供も本当に育てにくい子供でした(今でも 

いろいろ大変ですが(;´▽`A``)


典型的な インディゴチルドレンで そりゃ そりゃ 大変で、

まわりのお母さん仲間からも 「あの子を育てるのは 大変だわ・・」って、

言われてました^^;


そのころの私は 刷り込まれた世間の常識(ものさし)に縛られていて 

ちゃんとした良い小学校に入れて、

そのまま エスカレーター式に高校 大学まで・・って思って 一生懸命でした。

その子の何かを見つけて 伸ばそうなんて・・全然思わなかったです。

幼稚園の時から 塾に行かせてました。


とにかく 勉強が出来ればいい・・いい学校に入ってくれて、

しっかりとした会社、職業について 普通に良い結婚をして 安定した人生を

送ってほしい・・って思ってました。

それが この子のためだと 信じて疑わなかったんです。



でも 当の本人は 勉強が大嫌い・・外で 遊んでばっかり・・

ちっとも言うことを聞きません。

学校でも 先生の指示には従わないし 自分がイヤだと思うことはしないし、

じっとしてられないし・・学校に呼び出されるのは しょっちゅうでした(笑)


何とか 言うことを聞かせようとする私に 反抗するばかりで、

本当に親子関係は 最悪の状態になっていました。


中学では 少しグレタようになってしまい、どうしようかと・・

本気で悩んだこともあります。毎日 喧嘩して どちらかが家出して・・

の繰り返しでした。


もう 何をしても反抗するばかりで まったくどうしていいのかわからない・・

私も 苦しくて苦しくて 毎日泣いてばかりいました。


でも 子供も 自分が母親を悲しませている・・苦しませている・・って思うらしく

子供も 子供なりに すごく傷つき 悩んでいたようです。

自分が 母親の言うようになれないから 母親は泣いているんだ・・って、

とても罪悪感を持っていたようです。


でも、生来がインディゴチルドレンの私の子供は それでも自分を曲げなかったです・・

ある意味 あっぱれなやつです(笑)(ノ゚ο゚)ノ

これが 俺だ・・って、イヤなものは イヤだ・・って、妥協しないんですよ・・

まったくヽ(゚◇゚ )ノ


私も とことん 世間の常識・・と言う呪縛にかかってましたから、

常識がどうしたぁ~~・・って、叫ぶ子供に 

これが常識なんだから 無条件で従え~~・・って、叫んでたんです。


今から 思うと アホですねぇ~~(///∇//)


で、ある日 あきらめたんです。 もういいや・・どうにでもなれ!って・・

私の人生じゃないし、自分で決めればいいじゃん・・

それで 子供が苦労しても あたしゃ 知らん!・・って

そこまで 言うんだから 自分で 何とか生きていくでしょ・・って、


もう 何も言わない・・って決めました^^

好きにすればいい・・って! 勝手にしなさいな・・って!


それを決めたときに おもしろかったのが・・

私のハートが すっきりしたんです(=◇=;)

簡単に言っちゃうと、自分でも 子供に押し付けていた常識が、

おかしい・変なものだって 知ってたんだぁ~~、見ないふりしてたんだぁ~~、

って、思いっきりわかったってことです。


私も インディゴチルドレンだから、刷り込まれてきた世間の常識に

思いっきり違和感がありました・・だって 私自身も学校が大っ嫌いだったのに・・

それを 子供に押し付けて 自分の子供のころと同じ思いをさせてたんですよねぇ~。

育てられたようにしか 育てることができない・・って、聞いたことがありますが、

まさに それですねぇ~~^^


思いっきり アホですねぇ~~、ほんとにかわいそうなことをしたと・・

今になって反省しきり・・です。


でも、洗脳の恐ろしいところは、一度 そういう風に決めても、

やっぱり こんなことしてていいのかしら?

こんなことして 子供の将来をつぶしてしまうんじゃないか?

やっぱり 今までみたいに  イヤがっても ちゃんと世間が決めたレールの上を

走らせるようにしたほうがいいんじゃないか?

・・と言う 不安・恐怖が むくむくと頭をよぎって来るのです。

それに そのレールに何も言わずに しっかりと乗っている子供たちを

見ると いいなぁ~~、うらやましいなぁ~~って、思う気持ちが むくむくと・・


それを もう手放すのに ずいぶん大変でした・・って、

実は まだ 時々 頭をよぎります・・って、言っても もう子供は成人してますので、

今更・・なんですけどねぇ~~。


子供は 今 ファッションデザイナーとして独立しています。

私の思っている(いた) 安定した職業では ありません。

そして 世間の常識・・が 頭をもたげてきたときには、

やっぱり ちゃんとした会社に就職して 安定した人生を送ってほしい・・って、

まだ ここに来てまでも 思います。

何が ちゃんとした・・なのか 自分でもわかりませんが・・

まぁ 世間の常識で言われる ”ちゃんとした”っていうイメージなんでしょうね(苦笑)


ホントに ほんとに 世間の常識・・って言うものの洗脳の 根深さを

恐ろしく思います。


子供は 「今 すごく大変だけど やりたいことが出来て めっちゃ楽しい・・

あのまま大学行って 普通に会社行ってたら、俺 つまんない人生だと思うわ・・」

って、いつも言ってます^^


あ、私が 常識を手放そうと決めたころから 親子関係は とっても良好です^^

そして おかげさまで 私自身も すごく楽なところで 生きていけてます。


ここから さくやさんからの メッセージです。

「今 生まれてきている多くの子供たちは 今までのシステム(特に学校)には、

馴染めない子供たちなの。波動が ちがうのよ。

次の世代を創造していく子供たちだから・・

それを 無理やり 今までの古いシステム(波動)に押し込めようとするのは 

子供たちにとって苦痛以外の何物でもない・・ってことをわかってちょうだい。


大人たちも いつまでも古いものにしがみついていないで・・

新しい世界を創造しようとする子供たちを 邪魔しないで・・


ちょっと怖いかもしれないけど ハートの声にしたがって

一歩を踏み出してごらん・・楽しくなるわよ~~」



今日は 母の日・・ってことで、自分の子育ての反省・・を書きました^^

いやぁ~~、子供を育てる・・人間を育てる・・自分を育てる・・

って 大変だけど 面白いですねぇ~~^^


今日書いたことに いろいろご意見はあると思いますが、

これは 私の考え 反省点ですので そこのところは ご了承頂けると

ありがたく思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 ← アシュタールからのメッセージを少しでも多くの方に受け取って頂きたいので、ここをポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村← こちらもよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club に是非ご参加ください!
詳しくはこちらの記事をお読みください!
共感して下さり ご参加ご希望の方は,
まずメルマガへのご登録

をお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は スピリチュアルMuu へお越し下さい


5 
スポンサーサイト



 ← ここから はじめてみましょうか??HOME重い波動の中で・・・

 COMMENT

昨日、ある芸能人の男性がテレビに出ていました。なんでも高校のとき3回留年して、高3を3回やったそうです。それでその方のお母さんが「これは、3回も留年するなんてめったに経験できないすごい事だ!」と言って、赤飯を炊いて祝ったそうなんですよ。今時の親なら、そこまでの肚は持てないでしょうね。凝り固まった頭に水を浴びせられたような、すごく良い話だと思いました。
2013-05-13 (05:57) | URL | [ EDIT ]

子どもを成人まで見守り、しかも独立して
自分で生活しているということは、それだけで素敵な
子育てだったのではないでしょうか。

母親が子育てに関して何かを手放すということは
父親がそれをする以上に、勇気がいることと思われます(私見です)。

今、我々の多くは子育てで何かを手放す勇気を
もてないで苦しいいでいます(多分)

どこまでできるか・・・

貴重なお話をありがとう、ミナミさん。
ありがとう、さくやさん。
2013-05-13 (17:53) | URL | [ EDIT ]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/490-17ab6f6c ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi