fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ とりあえず流れを知ってください ]


大陸からやってきたと言われている秦氏の真実について

さくやさんに聞いてもらいたいです。

・・・というご質問をいただきました^^


このご質問にアシュタールがメッセージを

くれましたのでお伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

とりあえず大きな流れを知ってください。

特定の誰かという所に視点を持って

行ってしまうと複雑になって来て

一本の流れが分からなくなります。

一本の流れを知ることにフォーカスしてください。


一本の流れを理解することができれば、

おのずと細かい所も理解することができます。


歴史や社会的なことは、まず大きな流れを理解

することにフォーカスしてください。


いまの社会の問題はどこから起きてきているのか?

それは、人類が誕生したところから始まっているのです。


人類を創造したレプティリアンの存在を理解し、

レプティリアンがどうして人類を創造したかの

理由と目的を知ることができれば、いまの社会で

起こされていることもすぐに分かります。


根本的なことが理解できれば、いま起きていること、

問題を解決することもできるのです。


いまの問題だけを見て、いくら改善しようとしても

表面的には一時的に解決することができたように

見えても、根本的な解決にはなりませんので

また同じような事が起こされ、同じような問題が

噴出してくるのです。


根本を理解してください。

戦がどうして起きるのか?

誰それと誰それが争い合ったから・・というだけでは

戦をなくし、平和な社会を築くことは難しいのです。

どちらかが勝ち、一応は表面的には平和になったかの

ように見えても、またどこかで戦が始まります。

歴史はその繰り返しなのです。


では、どうして戦が起きるのでしょうか?

その根本は?

それは、一部の人たちのお金儲けだからです・・

ということが分かれば戦をする人がいなくなります。

どんなにキレイな言葉を並べたてられても誰も

それに参加しなくなります。


人々が真実を知ることができれば、戦をしてお金儲けを

したい人たちは何も出来ないのです。

戦は一部の人たちのお金儲けのためにやっているのです。

これが戦の真実です。


レプティリアンのところまで理解できれば、

いま起こされ、問題になっていることが理解できます。

まずは大きな流れを理解してください。


あなた達を支配している人たちはそれを知られたく

ないのです。

ですから、歴史などでも枝葉末節なことばかりを

教えます。

枝葉末節なことばかりに目をむけさせ、幹にフォーカス

しないようにしているのです。

そして、その枝葉末節にもいろいろな説を作り出し

これが正しい、それは間違っているなどの争いの

もとをつくっているのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。


ーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールチャンネル

腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本をすべてお読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。

 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       

スポンサーサイト






 ← 丁寧に生きるHOME日本は属国だから命令されるの!!

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/4512-434621b7 ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi