fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ その姿を見せて下さい ]


さくやさんは、

『吉良さんは真面目で人柄のいい人。

浅野のお殿様は、わがままで世間知らずの

ボンボン育ち。

小さな頃からやりたい放題で、

厳しく指導されたことも無かった。』

と言うけれど、アシュタールは、

『子どもは放っておいてください。

躾や教育などしなくて良いのです。

どうしても何かを教えたいのなら、

大人が愛を実行し、

その姿や行動で子どもに愛を教えて下さい。』

と言っていました。

このふたりの言葉をどう解釈して理解し、

子育てに役立てていけば良いのか、

もう少し教えて頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。


・・というご質問をいただきました^^


では、アシュタール、よろしくお願いしま~す^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

放っておく・という解釈がまるで違います。


放っておくということは、子ども達にやりたい放題

させておくということではありません。

大人たちの姿勢を見て子どもはその真似をします。


放っておくというのはへりくだるのとは違います。

大人に対して何をしても良いというのとは

違うのです。

他者に対して傍若無人にふるまってもいいと

いうことではありません。


そこには愛がありません。

周りの人たちに対しての愛を教えてください。

それには大人たちが自分を愛していなければ

出来ないのです。


放っておくのは服従するのではありません。

手をかけずに、目をかけて行くという事です。

いちいち手をかけていては子どもは自己を確立

することができません。

だから、放っておくのです。

好きにさせておくのです。


でも、しっかりと目をかけていてください。

子どもがしっかりと自己を確立するためには

どうしたらいいか、その道を自分で探すことが

できるように見守るのです。


自己を確立するというのは、自分を大切に出来る

ようになるということです。

自分の存在を尊重し、大切に出来る大人になると

いうことです。

だから、周りの大人たちもそうであってください。


好きにさせてください、放っておいてくださいと

いうのは、何から何まで子どものいうことを聞いて

ください、服従してくださいといっているのでは

ない事は理解してください。


そのためには大人もしっかりと自分の意見を

言ってください。

コントロールしようとするのではなく、

相手が子どもであっても、私はこう思っていますと

しっかりと話をしてください。


大人自身が自分を大切にしている姿を見せると

子どもも自分を大切に出来るのです。

自分を大切にすることができれば、他者も大切に

思うことができます。

他者に対して尊敬と尊重の気持ちを持つことが

できます。


その上で好きにさせてあげてください、

手をかけるのではなく、目をかけていてください。


前者の育て方はただチヤホヤして、その子どもを

怖がり好き放題させているだけです。

そして、大人は何も教えていません。

子どもを怖がり頭を下げ続けていると、

他者を軽んじるようになってしまうのです。

それは自分だけが特別で、他者に対しては

何をしてもかまわないと教えているのです。


大人自身が愛を実践した上で、子どもの気持ち

考えを尊重し好きにさせてあげてくださいと

お伝えしています。


いまのあなた達の社会は子どもをコントロール

しようとばかりしています。

大人たちの都合の良いように育てようとしているので

子ども達は委縮してしまい、自分の表現ができなく

なってしまうのです。

それは、大人たちが子ども達に対して愛を持って

接していないからです。

それは、大人自身が愛を実践していないからです。


放っておく、好きにさせておくというのは

何もせず野放しにするという意味ではなく、

愛を教えていった上でしっかりと目をかけて

好きな表現ができるようにするということです。


愛を知っている子どもは他者を傷つけたり

困らせたり、支配しようとは思いません。


子ども達にこんな人に育って欲しいと思うならば、

大人であるあなたがまずそういう人になってください。

その姿を見せて下さい。

それが手をかけずに目をかけて愛情を持って

育てるということです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。


ーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールチャンネル

腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本をすべてお読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。

 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       

スポンサーサイト






 ← またぁ~、晩御飯の材料を選ぶだけでしょHOME思考エネルギーで物質を動かす

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/4472-89069c06 ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi