fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ そこで道が離れていくのです ]


ミナミAアシュタールRadio536

「人生の選択の時!」


vol.1093 「人生の選択の時!」
vol.1094 「それ本当に必要ですか?」



ーーーーーーーーーーーーーーー

最近、スーパーの品物が変わってきたような

気がするんです^^

ちょっと前までは自然食品屋さんにしか

無かったようなものがスーパーの棚にならんでる。


豆腐も・・

前には無かった遺伝子組み換えしていない

大豆を使って、凝固剤はにがりっていうものも

普通に売ってるんですよ。

その横には、これって食べ物じゃないよねって

思うものが入った豆腐も並んでる。

面白い!


選択できることが嬉しいですよね^0^


では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

個人の意識が変われば社会も変わっていきます。

個人の意識はとてもパワフルなのです。

何故か?

社会は個人、個人が創っているからです。


社会に興味を持つ人が増えてくれば、

社会が変わるのです。


社会に興味を持つことができれば、いろいろ調べようと

思えます。

調べることができれば知識も増えるのです。

知識が増えれば選択することができるのです。


そして、個人、個人が望めば選択肢が増えていきます。

社会は個人、個人が望む方向に向かうのです。


食品で言えば、食品の中身を気にする人もいれば

値段で判断する人もいます。

どちらが良いという訳ではありません。

その人がどれを選択するかということです。


だから、中身を気にする人の食品と値段を気にする

人の食品ができるのです。

そうして人々は自分の価値観で選択できるように

なります。


そうなると社会も選択することができるのです。

こちらの社会を選択したいと思う人と、それとは違う

社会を選択したいと思う人・・そこで道が離れていく

のです。


食品の成分を気にする人と、成分はそんなに気にせずに

値段の方が気になる人とは選ぶものが変わってきます。

それと同じなのです。


社会も個人の希望に沿ってできるのです。

いままでの社会の方が良いと思う人と、そうではなく

新しく自分たちが楽しいと思える社会を望む人とで

共振する社会は違ってきます。

どちらの社会もできるということです。


表面上はすぐに大きく変わりませんが、選択し続けて

いけば、気がついたら大きく違っていたということに

なります。

それが波動領域が違ってくるということです。


選択肢を増やしたい、自分の好きな方を選択できる

ようになりたいと思うならば、知識を増やしてください。

何かにつけ興味を持ってください。

興味を持つことができれば疑問も湧いてきます。

あれ?っと思う感覚も鋭くなって来ます。

それが波動領域を移行するカギなのです。


選択できることを喜んでください。

選択できるということは素晴らしいことなのです。

そして、あなたの望む方向を自由に選択していって

ください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。



ミナミAアシュタールチャンネル

腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本をすべてお読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。

 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       

スポンサーサイト






 ← あなたの世界に引き込んだものHOME未来は自分で創るものなんだから

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/4437-73fb72cb ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi