fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 人との繋がりを作っていってください ]




みなさまのおかげで、

すでに重版が4刷りになっています。

本当にこころから感謝しております。

ありがとうございます。


そして、お読みいただいたみなさま

アマゾン、楽天にご感想をお寄せいただければ

嬉しいです^0^

レビューをたくさんいただけることで、

この本を知らない方にもご興味を持って

いただく事が出来ます。

一人でも多くの方にアシュタールのメッセージを

お伝えしたいとミナミAアシュタールは思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールRadio520

「自分の100%を認めてください」


vol.1061 「壊して儲ける・・」
vol.1062 「自分の100%を認めてください」




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これから危機が来ます、大変なことが起きます、

一週間、一か月、長い意見では一年分くらい

の食料や生活必需品を備蓄しておいてください・・

という情報をよく目にします。

一週間ならばまだ見当もつくけど、

一年ってどのくらいの量が必要なのか

全く見当もつかないです^^;

一年分の水ってどのくらい?

使い方によっても違ってくるし・・

食料は?乾麺をたくさん備蓄してても燃料が

なければ茹でることもできないし・・

乾麺をそのままパリパリ食べる?


生活必需品って何が必要なんだろうか?

トイレットペーパーをたくさん備蓄してても

トイレの状況はどうなるの?

いまのような水栓トイレが使える?


・・って考えていたらアシュタールからメッセージが

来ましたのでお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

物ではないのです。

危機的な状況が起きた時に必要なのは人と手を

繋ぎ合うという事です。

人がいれば怖いものはありません。


いまの社会に何が起きても、人々が手を繋ぎ合えば

何でも出来るのです。

物を備蓄していても、消費すれば無くなります。

でも、人々が手を繋ぎ合えば、次から次へと作り出す

ことが出来るのです。


物ではなく、人との繋がりを求めてください。

社会は人々が作っているのです。

社会は人々がまわしているのです。

ですから、社会に何かあっても人々さえいれば

何も困らないのです。

これさえ分かっていれば何も怖くなくなります。


テラの環境、循環があれば食料は作れます。

食料を作ることが得意な人が食料を確保し、

それを料理するのが得意な人が料理をし、

建物を作るのが得意な人が建物を作り、

衣服を作るのが得意な人は衣服を作る。


いま必要とされているものはすべて人々が作り

出しているのです。

それを忘れないでください。

人々がいれば何でも作り出すことが出来ます。

テラが提供してくれるものを使えば、何も困らない

のです。


いまあなた達が使っているものは支配者たちが与えて

くれているのではありません。

人々が作りだしているのです。

だから、支配層がいなくなっても何一つ困ることは

ないのです。

困るどころか、いまよりもっと豊かに、自由に楽しく

暮らすことが出来るのです。

社会が崩壊しても困りません。

人々がいれば何も困らないのです。


金融が崩壊しても、お金の価値がなくなっても

困らないのです。

いましている仕事をそれぞれの人々が続ければ

そのまま生活は回っていきます。

金融関係などお金に関しての仕事をしている人は

仕事はなくなるかもしれませんが、別の得意な分野

で仕事をすれば良いだけです。


テラに何か大きな変化、災害などが起きた時は

どんなに備蓄していても仕方がないのです。

もし、その災害などであなたが身体を脱いだとしたら

それはそれで備蓄は必要なくなります。


テラに何か大きな災害などが起きたとしても

人々はそんなに脆弱ではありません。

人々には大きなパワーがあります。

生命力があるのです。


人々が手を取り合えば何でもできるのです。

人々のパワーを信じてください。

そして、手を取り合った時のパワーを信じてください。

人々、庶民と呼ばれる人々がいれば大丈夫です。

どんなことでもできるのです。

人々の創造のパワーを信じてください。


そして、これはもうご存じだと思いますが、

備蓄する方向へエネルギーを流すと、

現実もそうなります。

備蓄していて良かったねと思う現実になるのです。

意味はお分かりになりますね。

自分で備蓄しておいてよかったと思うような

現実を創造するという事です。

災害などにあう現実を創造してしまうということに

なりかねないのです。


もちろん、備蓄することで安心するならばいいと

思いますが、備蓄しながらも心配していると

そのような現実を創造する可能性が高くなります。

備蓄した上で、備蓄しているからもう大丈夫、

この備蓄が無駄になってもいいと心底から思える

ならば備蓄するのもいいとは思いますが、

それならば備蓄する必要はないですね。

備蓄するという行動自体が不安からの行動ですので、

波動的な観点からみてあまりお勧めは致しません。


何かあっても大丈夫なのです。

人々さえ手を取り合っていれば、何も怖いものは

ありません。

自分の得意とすることを提供し合っていければ

みんな何も困らず、豊かな社会を創造することが

できるのです。

物ではなく、人との繋がりを作っていってください。

人々がそれぞれの個性を大切にし、お互いを尊重

しあい、得意なことを提供しあえれば何があっても

大丈夫だと思えます。


人々が信頼しあえれば、備蓄しなければいけない

という発想はなくなり、まったく別の世界が広がって

いきます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。





ミナミAアシュタールチャンネル

腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本をすべてお読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。

 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       

スポンサーサイト






 ← 情報、知識は人から入ってきますHOMEノウハウも人脈も得ることができます

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/4373-235ebe71 ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi