fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ みんなで考えればできます ]


写真をポチッとしていただければアマゾンへ

飛びます。

今度の本は、アシュタールがメインです^0^

この本は・・すごいよ!

内容が・・すごい!


ちょっとだけですが

何について話してくれているか見てみてください。


宇宙の真実写真195x259


びっくりするような内容だから!

77のテーマでアシュタールが例の口調で

(淡々と優しく)わかりやすく話をしてくれています。

ちょっと難しそう・・って思うことも

本当に分かりやすく丁寧に説明してくれて

こんな本どこにもないよって思う本です!

知りたかったけど、誰も教えてくれなかった答えが満載です!

いろんなことに興味がある方・・必見です!

是非、お読みください!


ご感想をいただけるとメチャクチャ

嬉しくてミナミはどこまでも駆け上って行けま~す^0^

次に進む勇気が出てきます^0^

是非みなさま、アマゾンや楽天に率直なご感想を

お寄せ下さいませぇ~^0^
 



よろしくお願いしま~す^0^

ーーーーーーーーーーーーーーーー

面白~い^0^


では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

フリーエネルギーですね。

電気を作るだけがフリーエネルギーではありません。

電気を使わなくてもギャップを利用すれば、

いま電気で動かしているものも使えるのです。


電気を使わなくていい方法が見つかれば、社会は

変わります。

いまは電気などのエネルギーの利権は支配者たちの手に

あるので支配下から抜け出すことが難しいのです。

エネルギーが彼らの権力になっているのです。


だから、電気製品ばかりを作るのです。

便利になりますといい、電気製品がなければ生活出来ない

ような環境をつくりだし、電気エネルギーに依存させるのです。

電気に依存させ、その電気のエネルギーを牛耳っておけば

人々は支配者に従うしかなくなります。


それがいまの社会システムなのです。

そして、これからは食糧でも彼らに依存させようと

しています。

食糧難という風潮を作り出し、そして、配給制にしようと

しています。

配給制にしたら、電気と同じようになります。

彼らがいないと人々は生きていけないという状況に

なってしまうのです。

人々もそれがおかしなことだと思うよりも前に、

配給を止められないように、あわよくばもう少し配給を

増やしてもらえないかと自発的に彼らに従うようになります。


そうなると彼らの思いのままに社会を創ることが出来ます。

彼らの思いのままに人々を支配、コントロールすることが

できるのです。


彼らは依存させ、従わせます。

でも、そこから抜けることはできるのです。

人々が知恵を出し合っていけば、電気エネルギーに依存

しなくても便利な生活はできるのです。

エネルギーを電気からフリーエネルギーにすればいいのです。

テラは循環しています。

循環しているエネルギーがフリーエネルギーなのです。

水の流れもフリーエネルギーなのです。

風もそうです。


そこらじゅうにフリーエネルギーがあるのです。

何かするためには電気が必要だと思ってしまえば

電気に依存するようなアイディアしか出てきません。


でも、テラのフリーエネルギーを使って何かできると

いう発想になれば、そのようなアイディアがどんどん出てきます。

思考は自由なのです。

どんなことでも思考すれば、そして行動すればできるのです。


食糧も同じです。

食糧難になる事はないのです。

食べられるのは小麦や米だけではありません。

小麦や米やいま食べている食品しか食べるものが無いと

思い込んでいるので、食糧難という言葉に煽られて

しまうのです。


食糧はテラが用意してくれます。

テラの環境、フリーエネルギーを使えば、いくらでも食糧を

手にすることが出来るのです。


狭い範囲内だけで生活するようにミスリードされているので

彼らの脅しに乗ってしまい不安になり、依存し、従わざるを

得ない状況になるのです。


彼らの提示する生活の外には、もっと豊かで自由な生活が

できる場所があるのです。

フリーエネルギーに関心を持ってください。

電気を使わなくても高いテクノロジーを持って、

テラと共存していた時代があるのです。

そのような時代の方が長いのです。

電気を使う生活の方が短いのです。

電気に依存し始めたのはつい最近です。


電気を使わない時代が原始的でつまらない時代ではなく

じょうもん時代のようにフリーエネルギーを使って

あなた達がイメージ出来ないほどのテクノロジーを持って

いたのです。


電気だけに依存する生活から、フリーエネルギーを使って

生活する方へ考えを転換させてください。

そうすれば彼らの支配から離れることが出来ます。

電気の無い生活は夢物語ではありません。

みんなで考えればできます。

あなた達にはそれが出来る知識と知恵があるのです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。



「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」


腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本をすべてお読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。

 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       

スポンサーサイト






 ← きれいさっぱり忘れてしまえるのですHOME猫とお友達になるのはダメなの?

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/4238-570c3eda ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi