fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ これって・・わざとやってる? ]


写真をポチッとしていただければアマゾンへ

飛びます。

今度の本は、アシュタールがメインです^0^

この本は・・すごいよ!

内容が・・すごい!


ちょっとだけですが

何について話してくれているか見てみてください。


宇宙の真実写真195x259


びっくりするような内容だから!

77のテーマでアシュタールが例の口調で

(淡々と優しく)わかりやすく話をしてくれています。

ちょっと難しそう・・って思うことも

本当に分かりやすく丁寧に説明してくれて

こんな本どこにもないよって思う本です!

知りたかったけど、誰も教えてくれなかった答えが満載です!

いろんなことに興味がある方・・必見です!

是非、お読みください!


ご感想をいただけるとメチャクチャ

嬉しくてミナミはどこまでも駆け上って行けま~す^0^

次に進む勇気が出てきます^0^

是非みなさま、アマゾンや楽天に率直なご感想を

お寄せ下さいませぇ~^0^
 



よろしくお願いしま~す^0^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールRadio373

「もう主人と会えないの?」


vol.767 「何をしてもつまらない」
vol.768 「もう主人と会えないの?」





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



だよねぇ~・・お金が無いから結婚しない、

お金が無いから子どもを産むことができない・・

って言ってるのに^^;

お金あげるから子ども産んでください・・って言いながら

その配るお金はあなた達からとるよ・・ってか?

子ども産んだら一時金あげるよ、異次元の少子化対策するよ

とか言ってる人いるけど・・

子どもってさ、産むより育てるのにお金がかかるのよ。

産んだときだけお金もらってもねぇ~

そして、1か月に5000円くらいもらってもねぇ~

まったく足りないのよ。

そして、その後ずっとそれよりももっともっと高い税金

取り続けられるわけでしょ?


だからお金がまた無いってことになって二人目なんて

考えられないよ、って事になるよね。

一人だってもう大変でどうしていいか分からないのに。


これって・・わざとやってる?


ま、この人の提案がめちゃめちゃ評判悪いからって

引っ込めたみたいだけど、でも、きっと諦めて

ないんだろうなぁ~

きっと別の名前、別の項目でまた出してくるんだろうな^^;

それも・・いつものパターンってか?


では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

あなた達を幸せにするつもりはないからです。

これがいまの社会の基本です。


この基本がわかれば、何を起こそうとしているのかが

分かります。

いま何が起きているのかが明確に分かってきます。


何度もお伝えしていますが、あなた達の支配者は

もっと強く支配したいと思っています。

もっとあなたたちから自由を奪い、もっと搾取することを

考えています。


そのために、世界統一政府を作ろうとしているのです。

いまはその計画の途中なのです。

計画を着々と進めているのです。


世界統一政府では人権は認めらません。

すべての人は世界統一政府のトップ、支配者の所有物と

考えられます。

いまもはっきりと言いだしてきていますね。

・・所有しない幸せ・・というワードはそのことを指して

いるのです。

所有するからツラくなる・・ならば所有しなければいい。


この言葉だけを聞くと、じょうもんの頃のような社会

みんなで共有する社会のようなものと思ってしまうかも

しれませんが、彼らが主張している所有しない社会は

じょうもんのような社会とは真反対なのです。


所有せず、みんなで共有する、提供し合う社会ではなく、

少人数の支配者だけですべてを所有するという事です。

人々は所有されるのです。

所有されるという事はどういうことでしょうか?


まるで自由がないという事です。

ずっと監視され、少しでも不満をもらそうならば

すぐに排除されます。

奴隷制度をもっと厳しくしたようなシステムだと思って

いただければいいと思います。


財産はもちろんのこと、身体も思考もなにもかも自分の

自由にできないのです。

ただ命令された通りに動くしかないのです。

休むたいと思っても休む事もできず、好きな人がいても

許されなければ一緒にいることもできません。

子どもを産むことも自分で決めることができません。

その相手も決められるのです。

子どもも生まれたらすぐに取り上げられ、自分で育てる

こともできません。

どこに連れていかれるかも分からないのです。

どんな環境で育てられるかも分からないのです。


命さえも自分のものではなくなるのです。

酷い話になってしまいますが、身体を壊して彼らの役に

立たないと判断されれば排除されることもあります。


すべては彼らの役に立つかどうか、彼らの気に入るかどうか

で判断されます。

ある時はOKとされたことも、彼らのその時の気分でダメ

だとされ、彼らに背いたとして酷い環境に追いやられると

いうリスクも存在します。


それが彼らにとっての理想の社会なのです。

彼らにとっての・・という事です。

そのような彼らの理想の世界には、あなた達のように

支配される側の幸せなど眼中にないのです。

反対に幸せになってもらっては困るのです。

満たされるようなことになっては困るのです。

仲良くされては困るのです。


だから、人々を分断させ、いつも生きること(食べる、寝るなど)

だけにキュウキュウして、他のことなど考えさせないように

しているのです。


食べられるだけ幸せ、生きているだけでありがたいと

思うような環境にいれることで、支配者たちを尊び、感謝し

崇め奉り、何も反抗しないようにしたいのです。

レプティリアン達が自分たちを神として教えこんだのと

同じ手を使おうとしているのです。


着々と計画は進められています。

その計画を止めるためには、人々が真実を知るしか

ないのです。


その真実とは・・いまの政府のトップの人たち、為政者たちは

人々のことを幸せにしようなどとは露ほども思っていないと

いう事です。

反対にもっと搾取し、辛い生活にしようとしているのです。


それは、支配者が神のように君臨する社会を創るためです。

いまの中間管理職(国の為政者たち)は、その神に仕える

神官のような立場になりたいと思っているのです。


跪かないでください。

あなた達が跪かなければ、神は君臨できないのです。


跪くとは、従うという事です。

従わなければ、誰もあなた達を所有することはできません。


あなたは誰かの所有物になるような存在ではありません。

あなたは宇宙一人しかいない素晴らしい存在なのです。


真実を知ってください。

それがあなたを輝かす社会を創るためのカギです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」

ありがとう、アシュタール! 感謝します。


超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本をすべてお読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^




       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← それが二極化と言われる現象になるのですHOME親子の縁を切る!?

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/4046-9f1370af ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi