fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 目的地があれば、道は必ずできます ]

新日本列島から日本人が消える日 

最終巻!!

写真をポチッとしていただければ
アマゾンに飛びます。

新日本列島から日本人が消える日の続きです!

続くとは思っていなかったので、上下巻にしたのに

まさかの続編!

だから、最終巻(爆)


上下巻は歴史です^^

新刊本は現代の闇からどう抜け出るかの話に

なります。

さくやさんが、私たちの同じように宇宙人に支配

されていたある惑星の話をしてくれました^^

どうやって宇宙人の支配から抜け出すことができたか!

それをヒントに、私たちもどうしたらいいのかを

具体的に、詳しく教えてくれています。


え?そんな簡単な事でいいの?

ってちょっとびっくり^0^

これなら誰にでもできる!

支配からの脱却・・できます!!

一緒に逃げちゃいましょ^0^


写真をポチッとしていただければ
アマゾンに飛びます。

よろしくお願いいたしま~す^0^

ーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールRadio307

「いまのあなたの不安心配は幻なのです」

vol.635 「会社組織にいては個の時代に向かうのは難しいですか?」
vol.636 「いまのあなたの不安心配は幻なのです」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

税金についてのご質問をよくいただきます。

この社会税金から逃れることはできないですよね。

物を買っても売っても税金はかかって来るし、

働いても税金はかかるし、生きているだけで税金が

かかります。

どんなに従わないって思っても、税金を払わなければ

すべてを強制徴収されてしまう。

税金の無い世界に移行することはできますか?


税金に関してどう考えればいいのでしょうか?


では、アシュタール、よろしくお願いしま~す^0^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

これはあなた達にとってはとても大変な問題だと思います。

知らないうちにいろいろな名前の税金が増えていき、

二重、三重取りの税金もあります。

でも、何を言っても政府は国民から税金を取ることしか

考えていませんので、減税などありえません。


ならば、どうすればいいのでしょうか?・・という問題ですが、

たくさんの方法があります。


まず直球として、税金の使い方を開示することを国民が

強く要求する方法です。

これはデモではありません。

請願でもありません。

国民の権利としてはっきりと開示請求するのです。

といっても、素人では難しいですし、

専門家は政府を怖がってなかなか動いてはくれないでしょう。

専門家が動いたとしても、裁判所が動かないという事が

多々ありますね。

裁判所も国寄りですので、国寄りの判断をすることが

多いです。


選挙で減税してくれる人を選ぶ?

これもなかなか難しい問題ですね。

選挙の数は操作されます。

もうご存じだと思いますが、教団や企業などの

組織票も大きく動きますので公平な選挙はできないのが

事実です。


では、どうすればいいのでしょうか?

私はいまからとても極端な話をします。

極端な話としてお聞きいただければと思います。

でも、それを目的地として少しずつでも行動していけば

現実化も可能なのです。

その方法は・・お金を使わない生活をするという事です。

政府が発行するお金を使わなければ税金は払わなくて

すみます。

そんな事ムリに決まっているでしょ、お金を使わなければ

生活なんて出来ません、生きていけません・・と思いますか?

それはそう思わされているだけなのです。


何度もお伝えしていますが、お金という概念を使い

始めたのはつい最近なのです。

ここ何百年の話です。

その前はお金などという概念が無くても生活出来たのです。

江戸時代もお金はほとんど使っていませんでした。

でも、人々は豊かに暮らしていたのです。

彼らの文化をみてみれば、どれ程自由で豊かであったか

分かると思います。

生活が豊かでなければあのような華やかでユニークな文化は

生まれないのです。


お金という概念が無くても人々さえいれば十分に豊かに

自由に生活することができるのです。

いま、世界からお金という概念が無くなったらどうでしょうか?

みんな生きていけなくて死んでしまいますか?

そんな事はありません。


人々がいまと同じことをしていればいいのです。

いましている仕事をそのまましていれば何も困りません。

食物を生産する人はそのままの仕事をして、それを流通する

人はそのままの仕事をしていれば何も困らないのです。

水も、燃料もテラが用意してくれたものですので、誰かに

お金を払う必要もないし、もちろんテラにお金を払う必要も

ありません。


お金を使わなくなれば税金も取りようがないのです。

税金があるから公共施設が出来て便利になるのではないですか?

と思いますか?

税金があるから困った時に助けてもらえるのです・・と

思いますか?

確かにそういう使い方もされている部分もあるとは思いますが、

いまのあなた達の政府はどうでしょうか?と考えてください。


話が逸れましたので元に戻しますが、

お金というものを使わなくても人々がいればみんな十分に

豊かに暮らすことができるのです。


お互いに好きなこと、得意なことを提供し合えばいいのです。

大根を育てた人から直接大根をもらえばお金を使わなくて

すみます。

お金を媒体として使わなければ、消費税もいりません。

大根を売らなければ所得税もかからないのです。


お金を使わなくても必要な物は手に入るのです。

人々がちょっと工夫すればお金を使わないで生活出来る

環境を作ることができるのです。


出来ないと思い込んでしまっているから出来ないだけなのです。

たくさんの方法があります。

どんな方法があるか、どれが良いかはあなた達が考えて

決めてください。


お金という概念が無くなれば、いまのような搾取もなくなります。

お金を使わないと人々が決めれば、いまのピラミッドは

自壊します。


お金が無いと生きていけないという思考を変えてください。

お金が無くても生きていけると思えば、みんなで考えれば

いくらでも道はあるのです。


お金を使わなくても生きていける社会、環境を作るという

目的地があれば、道は必ずできます。

思考すれば方法は必ず思いつきます。


税金を払いたくないのですが、どうすればいいのですか?

というご質問には、お金を使わない方法を考えてくださいと

お伝えしたいと思います。

極端な話だと思うかもしれませんが、出来ると思えば

できます。

少しずつでもいいのですので、そちらに方向転換してみては

いかがでしょうか?

方法はいくらでもあります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。




超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本を4冊お読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^




       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← 宇宙人が神として偽って送って来る?HOME日本 乗っ取り計画 始動

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3912-7aaaba29 ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi