fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 縄文の人たちはいつも幸せだったんですよね? ]

新刊「身体を持って次の次元へ行く」

そろそろお手元に届きましたでしょうか?

この本ね、書いた本人が言うのもなんですが・・

思考を変えるにはすごく役に立ちます!


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします


なにしろ、ミナミの暗闇の生活からの脱出劇を

赤裸々に書いておりますので、今の現実が楽しくない、

イヤだと思われる方はミナミと同じことをすれば

楽しい現実が創れるのです。

絶対に創れるのです!


そして、ミナミも使っている思考を現実化するための情報も

満載なのです。

現実を変えるためにはこの本の情報を使うだけです。

これは本当にお得な本だと確信しております!


そして、お手元に届き、お読み頂けたみなさま・・

アマゾンのレビューにご感想をお書きいただけたならば

ミナミは嬉しくて天に駆け上っていきます^0^

みなさまの率直なご感想をお待ちしておりま~~す^0^


どうぞよろしくお願いいたしま~す^0^


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ミナミAアシュタールRadio165

「ちょっとずつ手を貸し合う生活」

vol.351 「残ってるエネルギー」
vol.352 「ちょっとずつ手を貸し合う生活」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この世は対極の世界なので、プラスとマイナス、男と女の様に、

幸せと不幸という感情がありますが、そこで聞きたいのが 

縄文の人たちはいつも幸せだったんですよね?

怒りや辛いなどの感情は全くなかったのでしょうか?

対極の世界なのに、幸せな感情だけでもバランスは

取れるのでしょうか?


・・・というご質問をいただきましたぁ~^0^

では、アシュタール、よろしくお願いしま~す

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

幸せの概念の違いですね。

じょうもんの人たちにももちろん感情はありました。

身体的にも痛い事もありました。


ただ彼らはそれに抵抗しなかったのです。

良い悪いという判断もなかったのです。

そこがいまのあなた達の社会とは違うところなのです。


幸せというのは状態です。

条件ではありません。


あなた達の幸せは概ね物質的に恵まれている、人間関係

(パートナー、友達、親子など)が良好だということですね。

それは条件ですね。

あなた達は、お金があれば幸せ、大きな家に住んでいれば幸せ

大好きな人と一緒にいられれば幸せ、旅行に自由に行ければ

幸せ・・というように何かが出来れば幸せだと表現します。


でも、じょうもんの人たちは条件で考えることが無かったのです。

たとえば、人を好きになったとして、あなた達はその人が自分も

好きになってくれる(相思相愛)な状態が幸せであり、その人と

相思相愛になれなければ不幸せ、かわいそうな私という考えが

ありますが、じょうもんの人たちは相思相愛にこだわらないのです。

自分がその人を好きだと思う気持ちだけで十分満たされたのです。

じょうもんの人たちには所有という概念がなかったので

もちろん物質的にも人より多く持っていることに幸せを感じる

ということもありませんでした。


怒りという感情もありましたが、何かを取られた、裏切られた、

傷つけられた、ということもありませんでしたのでほとんど

感じることがなかったということです。

何かイヤだと思うことをされたとしても(わざとではなく

何か考えの行き違いなど)それを正直に伝え、相手と話しあい、

お互いの気持ちを理解しあうという事をしっかりと

していましたので後々まで引きずることもありませんでした。

生活に余裕があったので気持ち的にも余裕があって、人に対して

あまりトゲトゲすることもなく、ちょっとしたことでイライラする

ということもなかったのです。


そして、そもそも二元的な概念、善悪、良し悪し、対極の世界

という概念が無かったのです。

すべてがOKの考えでしたので(もちろんイヤなことをすべて受け入れた

ということではありません、イヤなことはイヤだとはっきりと伝えて

いました)善悪などで判断することはなかったのです。

善悪の判断は宗教で後にあなた達の支配者に刷り込まれたもので

あるということはお伝えしたいと思います。

神の言葉(支配している宇宙人の言葉)をもとにしてつくられた

判断の基準です。

常識、倫理観、道徳観なども同じです。

いまのあなた達はそれを判断基準として、判断することを刷り込まれて

しまっているのです。


ですから、幸せだぁ~と思うこともなければ、不幸せだぁ~と

思うこともなかったのです。

難しいですか?


幸せが良い事で、不幸せが悪い事だという判断が無かったのです。

何が幸せで、何が不幸せだという判断が無かったのです。

常に自分でいることだけでした。

何かが起きたらそれもOKなのです。

身体を脱ぐ事にも抵抗はしません。

身体を脱ぐことは特別な事、怖い事、悪い事、忌む事では

無かったのです。

時期が来れば(それは人それぞれです)身体を脱ぐのは当たりまえ

だと思っていますので何も考えず受け入れます。

(じょうもんの中期くらいまでは、もうテラでの経験はいいかな

と思えば自分で身体の機能を止めて身体を脱ぐということも

出来たのです。自分で決めて身体を脱いでいたのです)


病気になる事が不幸せだという考えはありませんでした。

ケガをすることも不幸だとは思わないのです。

好きな人が自分の事を好きだと思ってくれるから幸せなどと

条件的な何かで幸せだと思うこともなかったのです。


常にニュートラルな状態だと表現すればわかりやすいでしょうか?

だから、常に満たされていたのです。

ご理解いただけましたでしょうか?


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。



破・常識なYouTube動画

超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本を4冊お読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^




       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← エネルギーの実験してみた!HOMEそれがご機嫌さんの社会に 移行するということなのです

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3624-460a637a ]

HOME
Copyright © 2022 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi