fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ レプティリアンはRhマイナス? ]

新刊「身体を持って次の次元へ行く」

そろそろお手元に届きましたでしょうか?

この本ね、書いた本人が言うのもなんですが・・

思考を変えるにはすごく役に立ちます!


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします


なにしろ、ミナミの暗闇の生活からの脱出劇を

赤裸々に書いておりますので、今の現実が楽しくない、

イヤだと思われる方はミナミと同じことをすれば

楽しい現実が創れるのです。

絶対に創れるのです!


そして、ミナミも使っている思考を現実化するための情報も

満載なのです。

現実を変えるためにはこの本の情報を使うだけです。

これは本当にお得な本だと確信しております!


そして、お手元に届き、お読み頂けたみなさま・・

アマゾンのレビューにご感想をお書きいただけたならば

ミナミは嬉しくて天に駆け上っていきます^0^

みなさまの率直なご感想をお待ちしておりま~~す^0^


どうぞよろしくお願いいたしま~す^0^


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと、何か、すごい事を耳にしました(驚)

レプティリアン?異星人?の血液型はRhマイナスだとか・・

だから、Rhマイナスの血液型の人はレプティリアンもしくは

レプティリアンの血が濃い人だとか??


えぇ~・・って事で、アシュタール、よろしくお願いいたします^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します

たくさんお話がありますが・・

まず人間はレプティリアンが人工的に創造した生物であることは

お伝えいたしましたのでご理解いただいていると思います。


自分たちのDNAとテラにいた哺乳類のDNAを操作して創造

したのです。

ですから、レプティリアンの血を受け継いでいると言えば

みんな受け継いでいるのです。


そして、レプティリアンの血といっても人間の血液とは違います。

DNAの操作で創造しましたが、人間とは違うのです。

これは難しい話になると思いますが、遺伝子操作しても違う

組成になるのです。

姿形も違ってきます。

ですから、人間とレプティリアンが同じ組成の血を持っている

ということではないのです。

だから、血液型云々という話はナンセンスなのです。


その上、異星人というのはそれこそ数知れず存在しています。

そして、異星人の姿形はそれぞれなのです。

あなたには想像もできない姿形の異星人もたくさんいます。

異星人もみんな人間のような形をしているという概念のもとで

話をしても何も答えは出ません。

物質的な身体を持たない異星人もいますし、微生物くらいの

大きさの異星人もいますし、巨大な姿の異星人もいますし、

それこそ体液を持たない異星人もいます。


あなた達の科学で、例えば火星には酸素がないので宇宙人は

存在できない、いない、ということを言いますが、それはとても

ナンセンスな考えだということです。

酸素がなければ生きていけないという考えはとても短絡的です。

人間が酸素がないと生きていけないから、だから他の惑星の生物も

酸素がなければ生きられないなどという論理は人間だけを根拠に

考えているからです。

酸素がなくても生きられる生物はいます。

逆に酸素が毒になる生物もいるのです。

実際にテラの上にも酸素を必要としない生物(菌類など)もいますね。


人間を基礎として考えると宇宙のことは何もわかりません。

分かりますね。

いまのあなた達の科学では到底理解できない、想像もできない

生物がいるのです。

そして、物質世界だけではなくエネルギーで存在している生物も

いるのです。

あなた達の理解では、物質的な身体を持たないものは生物では

ないと思うかもしれませんが、意識を持っている存在はすべて

生物なのです。


そして、とても単純な疑問ですが、誰がレプティリアンの血を

採血して検査したのでしょうか?

実際にレプティリアンの血を調べたうえで血液型はRhマイナスと

決定したのでしょうか?


これなのです。

これがあなた達の思考なのです。

少しだけ考えればすぐに分かる事だと思います。

レプティリアン、異星人の血液型と聞いてまず、誰が採血して

それを調べたのか?というところに疑問を持たないことが

私には疑問なのです。

それこそ証拠はどこにあるのでしょうか?ということです。


目に見えて、実際に会ったことがある人と同じ血液型ですと

言われればまだ信じられると思いますが、存在さえ隠され、

存在しているという考えも陰謀論としてある意味嘲笑され

信じられていないのにその血液型だけを信じるというのは

不思議な考えですね。


レプティリアン、異星人も人間と同じ姿かたちをしていて、

血液も同じ成分で出来ていて、同じように酸素を吸って生存

しているわけではありません。

あなた達とまるで違う世界もあるのです。

宇宙は広いのです。

物質世界だけではなくエネルギーでの世界もあるのです。

反対にエネルギーの世界の中に小さく物質世界があると言っても

良いと思います。

またここでややこしくなりますが、宇宙はエネルギーです。

ですから、エネルギーの世界という表現もおかしいのです。


結局何が言いたいのかといいますと・・

このような話を聞いた時に、ちょっと考えていただきたいと

いうことです。

レプティリアンの血液型・・それを誰が採血して調べたのでしょう?

ということに疑問を持っていただきたいのです。

レプティリアンの血液型と言われて、何も疑問を持つことなく

あ~そうなのねとお茶目にすぐに信じないでください。


この考え方はすべてに共通します。

何か権威のありそうな人が言うことは疑問を持つことなく

信じてしまう傾向があります。


こうです!と断言されると、疑問を持つことなくお茶目に

信じてしまう傾向があるのです。


自分にとって納得できることなのか?

自分にとって真実だとおもうことなのか?

すぐに信じてしまう前にちょっとだけ考えてみてください。

感覚でわかります。

ん?なにか変じゃない?って思うことができます。

それは感覚なのです。


感覚で何か違和感を感じたら

その違和感は何?と考えてください。

単純に感じたように考えてください。

そこでまた頭でこねくり回してしまうと分からなくなります。


感覚を研ぎ澄ましていれば、おかしい事はおかしいと感じる

ことができるようになります。

すぐに信じて受け入れる前にちょっとだけ感覚で感じる習慣を

つけてください。

そうすればいろいろなものが見えてきます。

疑問を感じることができるようになります。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。




破・常識なYouTube動画

超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本を4冊お読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^




       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← そりゃ飛行機も飛ばせないわ^^HOME最終的な目標は誰も教えてくれない。

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3591-b3c717a6 ]

HOME
Copyright © 2021 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi