fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 布石ですね ]

新刊「身体を持って次の次元へ行く」

そろそろお手元に届きましたでしょうか?

この本ね、書いた本人が言うのもなんですが・・

思考を変えるにはすごく役に立ちます!


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします


なにしろ、ミナミの暗闇の生活からの脱出劇を

赤裸々に書いておりますので、今の現実が楽しくない、

イヤだと思われる方はミナミと同じことをすれば

楽しい現実が創れるのです。

絶対に創れるのです!


そして、ミナミも使っている思考を現実化するための情報も

満載なのです。

現実を変えるためにはこの本の情報を使うだけです。

これは本当にお得な本だと確信しております!


そして、お手元に届き、お読み頂けたみなさま・・

アマゾンのレビューにご感想をお書きいただけたならば

ミナミは嬉しくて天に駆け上っていきます^0^

みなさまの率直なご感想をお待ちしておりま~~す^0^


どうぞよろしくお願いいたしま~す^0^


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールRadio122

「あなたの問題でもあるんです!」


vol.265 「あなたの問題でもあるんです!」
vol.266 「好奇心は楽しみを見つけるためのツール」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【独自】政府が「災害専門ボランティア」育成へ…避難所運営の専門家、被災地へ派遣


政府は来年度、災害時に避難所運営にあたる

「災害専門ボランティア」の育成に乗り出す方針を固めた。


・・・だそうです!

この記事を読んだ時、何か背中がゾクッとするような

気持ち悪さを感じたんですね。

またボランティアで何とかしようとしてる・・みたいな簡単な

話じゃないような気がして何か怖かったんです。


そしたら、アシュタールが「布石ですね」って!


では、アシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します

ボランティアという表現をしていますが、これは戦時中でも

あったような国への滅私奉公への布石になります。

国への勤労奉仕に対しての庶民のハードルを低くする目的が

あります。


国が命令すればいつでも国のために働くことができる人を

育てるという目的と、それに対して嫌悪感、違和感を感じなく

するという目的があるのです。


何か災害が起きたらすぐに出動できるという名目があれば

将来的に自然災害だけではなく、何か紛争的な事が起きても

招集することができるということです。


国のため(国というより大切な人を守るため)という

いつものお為ごかしの言葉を使って国(支配者)に滅私奉公

する人たちを作りたいのです。


前回の戦争を振り返ればよくわかると思います。

国のため、人を守るためにはただ働きも当たり前でしょ、という

風潮をつくりだしたいのです。


オリンピックでも同じ手を使いましたが、オリンピックでは

彼らが思っているほどの結果を得ることができませんでした。

ですから、今度は災害を使おうとしているのです。


災害は誰のせいでもありません、いつあなたも災害にあうかも

しれません、その時のためにお互い助け合う用意をしておきましょう

と言えば、人々の善意につけこむことができます。

そして、人々を動かす事が出来るのです。


そして、研修という教育を行います。

これははっきり言って思考操作するためです。


人のために何かしたいと思う純粋な気持ちを持ってのぞむと

簡単に操作されてしまいます。

純粋な気持ちで受け入れますので、すぐに信じてしまうという

事になります。

疑うことをしないからです。


だから、教えられたように素直に動くようになります。

考え方も同じように素直に受け入れます。

だから、支配者にとってとても使いやすい人たちになるのです。


こうして庶民たちの思考をどんどん変えていこうとしているのです。

大切な人、隣人、ひいては国のために自分が出来ることをしよう・・

という気持ちにさせ、気分を高揚させることによって人は思考の

操作を受けやすくなります。


そしてもう一つ、そういう研修を受けることで役割を得たと感じて

しまいます。

役割を得る・・ということは名誉な事だと思ってしまうのです。

ある意味権威を持ったと思ってしまう人も出てきます。

役割を与えられると頑張るように教育されていますので、

役割(○○資格などと言う名前、○○リーダーなどという名前)を

与えられることによって特別意識も芽生え、人に命令しても良いと

思ってしまう人も出て来るという事になります。


小さな組織での小さな権力者は困った存在にもなりえるのです。

人々を必要以上にコントロールしようとしたりすることも出てきます。

そういう人の存在によってまた庶民を分断しようともするのです。


このボランティアの計画にはそのような意図があります。

ただのボランティアではありません。

政府がお金をケチって人々にやらせようとしているのでもないのです。


その裏には政府の命令ならばどんなことでもしようとする人々を

育成するという目的があるのです。

それをわかってください。


大切な人の命を守るため、人々のため、人々の絆のため・・

などと言ったきれいな言葉を真に受けないでください。

彼らの意図は人々を自分たちの都合よく動かす事です。

戦争中の国のやり方をもう一度思い出してください。


国(支配者)は国民、庶民の命を大切にしましたか?

そうではありませんね。

庶民の命をどれだけ軽く扱ったかを思い出してください。

国のためにどれだけ無茶な命令をしたかを思い出してください。


それをまた再び繰り返そうとしているのです。

あなた達の命を自分たちの都合よく使えるように布石を打って

いるのです。


自分を大切にしてください。

人を助けるために・・と言う理由で自分が我慢する必要はありません。

自己犠牲を素晴らしいと考える限り、支配者たちはそこを

ついてきます。

あなた達を彼らの都合よく働かせるためにそれ(自己犠牲の

概念)を使ってくるのです。


自己犠牲は素晴らしいことではありません。

自分を大切にするからこそ、人も大切に出来るのです。

社会も大切に出来るのです。


彼らのいつもの手に乗らないでください。

彼らが、大切な人のために、命のために、社会のために、国のために

などと言う言葉をだすときは注意してください。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。




破・常識なYouTube動画

超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本を4冊お読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^




       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← それがまさしく思考の操作なのです。HOMEこんな社会でもまだ希望はある!

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3537-a6310700 ]

HOME
Copyright © 2022 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi