世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ キリスト教・・って、ホントは(下) ]

ここで クイズを一つ!これは 誰のことでしょうか?

   ○12月25日に 処女から生まれた
   ○救世主 神の一人子と呼ばれ、人類を救うために死んだ
   ○金曜日に磔にされた
   ○その血は贖罪の為に大地に流れた
   ○磔の苦しみの中で息絶えた
   ○その映し身には父と子が一つになって宿っていた
   ○埋葬されてあの世へと旅立ったが3日後に墓から遺体が消えているのを発見された
   ○「いと高き神」として復活した
   ○その体はパンで象徴され、彼をあがめる人々によって食される

イエス、イエス・キリスト・・しかないじゃない!!

いいえ!残念ですが、違います。

これは、「イエス」の話が作られる1000年以上前に、小アジア(現在のトルコ)でもっとも古い民族の一つであるフリギア人に崇められていた、アッティスと言う名の救世主「神の子」の話です

アッティスは、キリスト教以前にの数千年にわたり同じ内容で伝えられてきた、無数の神の一人です

この神は 神話として受け入れられ、実際に存在していたとは考えられていません。

では、イエスはどうでしょうか?

キリスト教徒たちは、「異教徒」の神話は笑い、忌むべきものとして非難しますが、同じような話でも自分たちのだけは違う・・事実そのまま書かれている・・として、世界中に向けて信じろ・・と強要し、自らも信じる切ることを絶対的前提としています。

2000年の歴史大半にわたって、この地球に暮らす何十億と言う人間は、イエスの物語を実際に起こったと信じることで管理され、制限され、操られ、指示されています。

今日でも 膨大な数の人々が、この作り話を正しいと思い込み一から十までそれに従って行動しています。

ツァイトガイスト(時代の精神)←このビデオは、キリストやこれから始まる新しい星座について詳しくわかりやすく説明されています。是非 ご覧下さい。

キリスト教だけでなく、宗教は疑いを許さぬ厳格な思想体系を形成してきました。

恐怖と洗脳、隔離、その宗教を信じないもの達の大量虐殺などを通して、信仰を押し付け、人身を支配しようと争い、よって一部の支配層(イルミナティ)が数千年も分割支配を続けるのに格好の材料だったのです。

ここで改めて書いておきますが、キリスト教を非難 断罪しているつもりはありません。

ただ、宗教は人類をマインドコントロールする手段に使われてきたと言う事が言いたかっただけです


よく 周りを見回してください。

コントロールされているのは・・宗教だけではありません。

政治 経済 教育 その他諸々・・知らないうちに、都合の良い様に洗脳され、コントロールされていませんか?

教育は、その中でも一番恐ろしい仕組みです。北朝鮮の教育を見てみればわかりますよね。

早いうちから、親から離し、世界の現実を見せず、体制の都合のいいことばかりを吹き込まれ、考える・・とか疑問を持つ・・とかはとても危険な思想である・・とされ、ロボットばかりが生産されていく・・!

話は、それましたが、このように宗教も巧妙な手段で、私達をコントロールし奴隷化しています。

早く、この世界で何が起きているのか、私達がどのようにコントロール(洗脳)されているのかに気づき、自分の頭で考えられるようになりましょう。

             参考文献  竜であり蛇であるわれらが神々
                                    デーヴイッド・アイク 著

FC2 Blog Ranking←いつものポチッに感謝します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←こちらも ありがとう
スポンサーサイト



 ← 病気を 治すのは 薬?HOMEキリスト教・・って、ホントは?(上)

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/35-bee608d2 ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi