fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ ゆる~く、ダルんって力を抜いて楽しむ社会 ]


またまた重版決定しましたぁ~^0^


  

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします


ありがとうございま~す^0^

おかげさまでまたまた重版が決まりました^0^


この混乱の世の中、どうしたらいいのかわからないと不安に

なっていらっしゃると思います。

そのヒントがたくさんこの本にはあります。

これは私たちが実際に使って来た情報ですので自信をもって

お伝えしています。

是非、あなたもこの情報を使ってご機嫌さんになってください。

一緒にご機嫌さんの世の中にしていきましょうね。


これからもよろしくお願いいたしま~す^0^



   

画像をポチッとしていただくとAmazonのページ飛びます。
Amazonでご購入ご希望の方はこちらからお願いします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミナミAアシュタールRadio83

鳥肌が立つくらい怖い


vol.187 「突然沸き起こる感情って?」
vol.188 「鳥肌が立つくらい怖い」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね^^

「丸い社会ってどんなの?ってよく聞かれるけどね、

一言で言ったら丸い社会はウダウダした社会(笑)

ダル~ンってした社会なの。

って言ったらすぐにあなた達は退廃的なイメージを持つ

みたいだけど、別に退廃的な社会じゃないからね。

何もしないで一日中道端に寝転がってウダウダしてる

わけじゃないのよ。


どう説明すればいいかしらねぇ~・・

上を目指さないって言えばわかるかな?


ピラミッド型の社会って三角じゃない?

だから、上を目指そうと思うの、もっと出世しようとか

もっと名を成そうととか、お金持ちになろうとか、人よりも

良い立場になろうとかって思っちゃうのよね。

それに、まぁ、上に行けば行くほど搾取出来るからね。

搾取することで満足できる気になる社会だから、

(本当の満足とは違う、エネルギーバンパイアの一時的な

満足だけどね)

そして、上の人たちはもっと搾取するために下の庶民を

もっと働かそうとするから、もっと上を目指せ、もっと働けって

刷り込む。

上も下もみんながもっともっと、もっともっと、となって

上へ上へと登ろうとする。

だから常に満足できなくてしんどくてエネルギー不足になる。


それをしない社会が丸い社会。

横並びの丸い社会には上がないの。

丸いからね・・三角のようにわかりやすく上がない。

だから、目指すところもない。

だから、そこにいることを楽しめるの。


やりたいことはやるわよ。

楽しんで夢中でやるわ。

でもね、それは上を目指してじゃないの。

楽しくて仕方がないから夢中でやるだけ。

世間で認めてもらおうとか、有名になろうとか、もっと収入を

増やそうとか、そんな事じゃないの。


一生懸命真剣に遊ぶって感じかな。

だから、ダル~ンとした緩い社会だと言っても、

日がな何もしないでただただウダウダとしているってわけじゃない。


身体の事じゃなくて気持ちの話ね。

身体はいろんなことをしているのよ。

でも気持はどこも目指していないからゆる~いの。

どこかに行かなくちゃ、何かを目指さなきゃとか思っていないから

焦るとか急がなきゃとか思わずにやりたいようにウダウダと

やってるの。


他の人が見たらものすごく一生懸命に見えるかもしれないけど

一生懸命は一生懸命なんだけど、気持ちはいまのあなた達の

一生懸命とは違うの。

まったく違うの。

わかるかしら?


上を目指すという思考を手放さないと丸い社会にいても

ツラくなるだけね。

まわりがダル~ンってどこを目指しているのかわからない

ような態度でいるとだんだんイライラしてくることになる。


どうしてそんなに無意味に生きる事が出来るのか?って

腹が立ってくるの。

何かを目指して生きる事が意味があると思ってしまっていると

何もせず、どこも目指さず、ただ”いま”やりたいことだけを

やっている人を見ると無意味な生き方だと思ってしまうの。


昼間から友達や家族とゆっくりとご飯を食べ、遊び、夕方まで過ごす、

そしてまた夜は夜で友達や家族とゆっくりとご飯を食べ、遊び

眠くなったら寝る。

そして次の日は目が覚めるまで寝る・・みたいな生活をしている

人を見るとなんて無意味な人生を送っているの?

あなたの人生に何も成し遂げることなくそのまま終わってもいいの?

って思うようになってくる。

いまの話を聞いて、そうなるよね、そう思うよねって感じる人は

それだけ三角の考えを深く刷り込まれてしまっている

って事なの。


何も目指すものはないの。

どこにも行く必要はないの。

忙しくたくさんの事を一度にする(効率的に生きる)

必要はないの。

それが丸い社会なの。


上を目指す思考はいらないの。

それを手放してね。

それを持ち続けたまま丸い社会を創ろうとしたらイヤになるわ。

つまらなくなるわ。

イライラすることになるわ。


ダル~ンとウダウダといまを一生懸命楽しむ社会なのよ。

だから競争もない。

エネルギーの取り合いもない。

ゆる~い関係を保てる社会なの。


気持ちがゆる~くてダルダルしてるから身体もゆるむ。

だから、病気もほとんどしない(もちろん死ぬときは死ぬわよ)


丸い社会を創ろうと思って頑張らないでね。

肩ひじ張って緊張して頑張っちゃうと反対に丸い社会の

イメージが取れなくなってしまうから。


もっともっと~を求めない、もっともっと~を目指さない。

いま出来ること、いまやりたいことを楽しむようにしていけば

丸い社会の感覚が分かってくると思うわ。


何も目指さないから安心していられるの。

だから丸い社会はとても安心できる、満足できる社会なの。


上を目指す、現状で満足していてはダメだとものすごく

刷り込まれてしまっているあなた達には違和感を感じると

思うけど、でもこれが分かると本当に楽になれるから。

本当の丸い社会をイメージすることが出来るようになるから。

イメージすることが出来れば楽しんでそれを創る事が

出来るようになるから。


ゆる~く、ダルんって力を抜いて楽しんでイメージしてみてね。


あなた達をこころから愛してるわ~」


ありがとう、さくやさん! 

私たちもさくやさんをこころから愛しているよ~~^0^



破・常識なYouTube動画

超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本を4冊お読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。

頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^






       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← 丸い社会がイメージできない?HOME人が笑うかもしれない、バカにするかもしれない・・・

 COMMENT

このコメントは管理者の承認待ちです
2021-06-06 (19:46) | | [ EDIT ]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3459-5eb53543 ]

HOME
Copyright © 2021 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi