fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 犬や猫も思考しているとの事ですが・・・ ]

驚きのSF戦国ストーリー誕生!

平和な縄文のような江戸時代を創った男たちの人間ドラマです。

勇気!仲間!挑戦!

お手もとに届きお読みいただけましたら・・・

アマゾンのレビューにご感想をお寄せいただければ、

めっちゃ嬉しいです^0^

どうぞよろしくお願いいたしま~す^0^




      




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

超次元ライブ68を聞いて,どうしてもわからないことが

あります。

犬や猫も思考しているとの事ですが飼い主に虐待されたり

殺処分される動物は,そのようなことを思考しているとは

到底考えられないのですが?


というご質問をいただきました^^


では、アシュタール、よろしくお願いします^0^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

この話はあなた達にとってはとてもセンシティブな

話だという事は理解してます。

でも、この話をしなければ自分の意思でテラに生まれてきて、

自分の意思(思考)で自分の現実を創造しているという事を

理解するのが難しくなると思いますのでお話させて

いただきますね。


人はもちろん、犬やネコの動物も、植物もテラに存在

するものはすべて自分の意思でテラに来ています。

その生まれてくる環境も自分で選んできているのです。

その環境の中で自分の体験を楽しみたいと思っているのです。

楽しみたいというと、あなた達はうれしい、楽しい、という

方向の体験だけをイメージしますが、そうではないのです。

悲しい、ツラいなどの体験も絶対無限の存在にとっては

素晴らしい体験なのです。

すべての存在は絶対無限の存在から分かれた存在です。

ですから、絶対無限の存在の悲しいやツラいなどの体験を

してみたいと思う存在もいるのです。


ですから、あなた達の社会において刷り込まれてしまっている

楽しさ、うれしさ、喜びの軽い波動だけが素晴らしいことで

悲しい、ツラいなどの重い波動は少しでも排除したいと

思う思考は手放してください。

その存在は自分でそれを体験したくてしているのです。

一方的にそれはよくない環境でかわいそうだから何とか

してあげなくてはいけないと思うのは、あなた達が

刷り込まれてしまった思考だという事です。


こういうことをお話すると、なんて冷たい考え方なのでしょう、

と思うかもしれませんが、それが宇宙的、波動的な考えです。

自分より弱い、劣った存在を助けなくてはいけないと思うのは

優劣を決めることです。

宇宙に優劣はありません。

特別な存在もいないのです。

弱いと思うことはその存在の力を信じていないのという事です。

劣っていると思うことはその存在に対して尊敬と尊重の

気持ちが少ないという事なのです。


私たちから見ると、あなた達もとても勇気のある人たちだと

思います。

なぜならば、いまのテラの社会に自ら進んで生まれ、そこでの

体験を楽しんでいるからです。

分かりますか?


あなた達も自由をかなり束縛されているのです。

あなた達も搾取という虐待を受けているのです。

(戦争などにより)暴力的な虐待を受けいてる方たちもいます。

でも、その環境を自分で選んで生まれて来たのです。


犬、ネコ、他の動物の事を心配されるならば、ご自分の環境を

しっかりと考えられることをお勧めしたいと思います。

とてもイヤなことをお話しているのは十分承知です。

とても不愉快な気持ちになる事もわかっています。

でも、あなたがいまいる社会の事をしっかりと見てください。

しっかりと見たうえでどうしたいかを考えてください。

そこから出るという選択も出来るのです。


飼い主に虐待されている犬やネコも、イヤだと思えば

逃げる事は出来ます。

彼らの力は本気になれば人間よりも強いのです。

でも、その力で抵抗しないのはその個体の意思なのです。

その個体も自分には抗う力が無いと思い込んでいる(思考の

操作をされている)という事もあります。


話はちょっと逸れますが、もしそのような犬やネコを

減らしたいと思うならば、あなたの社会の構造を理解し、

そうならないような社会を創造するしか

ないのです。

難しいですか?

犬やネコ、他の動物などは人間よりも劣っているからペット

として自由を拘束したり、子どもを売り買いしたりしてもいいと

される思考を手放し、すべての存在は同じであるという事を

思い出すしかないのです。

そういう(虐待されたり、殺処分されたりする)犬やネコを

出しているのは、あなた達の社会における優劣の考え方です。

その考え方を変え、すべての存在が平等であり、他の存在に

対して自由への介入はしない、と考えることが出来るように

なれば、そのような事はなくなります。


それが出来れば、あなたの社会は大きく変わります。

あなたの社会は丸くなることが出来るのです。

丸くなるから、そのような考え方をしなくなるという

事にもなります。


人間がすべての頂点にいると刷り込んでいるのは支配者です。

テラに存在するすべての頂点が人間なのだから、人間以外の

存在に対して何をしても良い、かわいそうだと思って

彼らの意思を無視して(一方的に保護するなど)人間の価値観で

好きにしていいと考えるということは、

支配者側からすれば、支配者が人間の頂点にいるのだから、

人間さえも彼らの自由にしていい、人権などは無視していいと

思っている事と同じなのです。

ここが分かれば、あなた達庶民が支配者にどのような扱いを

受けているかが分かってきます。


いまのあなた達の社会で動物たちがどのような扱いを受けているか

をしっかりとみれば、あなた達庶民が同じような扱いをうけている

事もわかってきます。


それさえわかれば、どうしたいか、どうすればいいか、が

分かってきます。

ペットにチップを入れ管理することが義務付けられたように

今度はあなた達庶民にチップを入れ管理しようとしている

事は、もう陰謀ではないことはわかりますね。

陰謀論ではなく真実なのです。

彼らももう隠そうともしてません。

それはお分かりになると思います。


話はご質問から大きくそれてしまいましたが、

犬、ネコなどの動物だけではなくあなた達にも関係する

とても深い問題だという事をお話したいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」


ありがとう、アシュタール! 感謝します。





破・常識なYouTube動画

超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

(私たちのブログ及び本を4冊お読みいただいてから

その上で疑問をお持ちになったことについてご質問

頂ければ幸いです^^ )


ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。



 [ ワークショップの日程です ]

ワークショップって一体何をするの?・・・って思われる方はこちらをごらんくださいね

[藤沢]

大変申し訳ございませんが、3月以降のワークショップの
開催の予定はまだ決まっておりません。
はっきりと決まりましたらこのブログにて
お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



ワークショップって一体何をするの?・・・って思われる方はこちらをごらんくださいね


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^






       Muu 240px

じょうもん楽座 240px





スポンサーサイト






 ← この騒ぎを終わらせることが出来るのは私です!HOMEポイント②なぜ周波数を上げてもご機嫌にならないの?

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3385-64fc85bc ]

HOME
Copyright © 2021 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi