FC2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 人間は 誰に 創られたのか?(2) ]

シュメール語で「人間」を意味する言葉はルであるがこの文字の意味は「労働するもの」と言う意味を持っているとされています。

アッカド語では「ルル」を「労働者として創造されたもの」と同時に「混ぜ合わせた者」と言うニュアンスを含んでいます。

メソポタミアの遺跡から出土する粘土板の中には人間の創造神話が刻まれたものが数多いがその粘土板が何を伝えているかと言えば神々は自らの血から取り出したエッセンスと地球の土を混ぜ合わせて人間を創造したと伝えているのです。

             メソポタミア 粘土板


 これはアヌンナキの遺伝子と猿人の遺伝子を掛け合わせ、猿人の卵子に受精させ「最初の人間」を作った事を物語っています。

この粘土板が示すことは真ん中に立つ人物が手に持っている管の中で体外受精をし結果試験管ベビーが生まれたことを物語っているのでしょう。

その他にも古代の神殿に書かれた猿人を伴った牛人、鳥人、2つの頭を持つ人このような生物は想像上の生物ではなく遺伝子実験によって生み出された過程だったのです。

一般にシュメール語の単語にティイトと言う意味は粘土を意味し、「卵」と言う意味も持っています。

つまり猿人の卵子を指していて・・・そして、猿人の卵子とアヌンナキの血と「シル」「テマエ」を抽出して混ぜ合わせて試験管ベビーは生まれた。

「シル」とは結びつけるもので男性からしか採取出来ないとされているから精子を意味します。

「テマエ」とは記憶を保存するとか現代では個性と言う意味から遺伝子を意味することは言うまでもありません。

そして、テマエとシルは清められた容器の中で混ぜ合わされたのです。

これを行った場所はシュメール語で「シィムティ」で本来の意味は、生命の風を吹き込む場・・であります。

そして その容器の中で混ぜ合わされた受精卵は、女性のアヌンナキを母体として生み出されていました。

しかし、この方法は非効率的であり、また、各地で人手不足が問題となっていたため、再び遺伝子操作を行い、人類に生殖能力を与えます。

これにより、人類の数は格段に増加しました。

そのうちに 地球に帰化したアヌンナキと人類の雑婚ざっこんが始まります。

「さて地上に人が増えはじめ、娘たちが生まれた。 神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした」         ―『創世記』第6章―

アヌンナキと人類の雑婚を「堕落」だらくと考えていた一部のアヌンナキは、半神半人の増加を懸念し、密かに人類の絶滅計画を画策しました。

「私は人間を創造したが、これを地上からぬぐいさろう」     ―『創世記』第6章―

地球を監視している宇宙ステーションが収集した調査データにより、惑星二ビルの軌道が地球に接近し、二ビルの引力によって地球の極地方の氷冠が不安定な状態になっていることが判明します。

二ビルがさらに接近すれば、氷冠が崩れて大津波を起こし、地表がすべて水で覆おおわれる可能性があると報告されます。

そこで これを利用して 人類を滅亡させることにしました。

しかし、その人類滅亡計画に反対していた一部のアヌンナキは、人間のツィウスードラ(ノア)に命じて、密かに潜水艦を建造させたのです。

その潜水艦に、「生物の種」つまりDNAを搭載させ、大洪水に備えさせました。

氷冠が崩れて大洪水発生。

二ビルの接近により、南極の氷冠がバランスを失って崩壊し、巨大な氷塊が南極海になだれ込みました。

これにより大津波が発生し、地球上のすべての陸地が水と氷で覆われました。

地球のアヌンナキは「ラクブ・イラニ(神々の戦車)」に乗って宇宙空間に脱出しました。

人類を含む陸棲生物のほとんどは絶滅しました。

アヌンナキが地球に築いた文明も壊滅しました。

地球の地表は汚泥で覆われたのです。

後に水位が低下、アヌンナキの「ラクブ・イラニ(神々の戦車)」は宇宙空間からアララト山頂に着陸します。

ツィウスードラ(ノア)の操縦する潜水艦もアララト山頂に接岸します。

そして、大洪水後の文明復興計画について話し合うため、「偉大なるアヌンナキ評議会」が招集されます。

そして、地球を4つの地域に分割することが決定しました。

◆第1地域――チグリス・ユーフラテス川流域地帯(メソポタミア)
◆第2地域――ナイル川流域地帯(エジプト)
◆第3地域――インダス川流域地帯(インド)
◆第4地域――ティルムン(シナイ半島)

そして、この各地域を段階的に復興させていくことが決定されました。

そして、大洪水を生き延びた人類を3つのグループに分類し、第1地域、第2地域、第3地域に居住させ、第4地域ティルムンは「神々の領域」として、人類の立ち入りを禁じたのです。

「方舟はこぶねから出たノアの息子は セム、ハム、ヤペテであった・・・・
この3人がノアの息子で 全世界の人々は彼らから出て広がったのである」   ―『創世記』第9章―

こうして、大洪水によって壊滅した文明を早急に復興するため、人類を奴隷の地位から解放し、段階的に文明を与えていくことが決定されたのです。

アヌンナキは、ツィウスードラ(ノア)の方舟に保存していたDNAから、大洪水で絶滅した動植物をすべて再生しました。

とりあえず、各地域の人類に農耕と牧畜の技術を供与することが決定されます。

そして、アヌンナキからの農耕技術と牧畜技術を供与されたことにより、人類の中石器時代が始まります。



        その星は3600年に1度めぐってくる。

        神々を乗せて現れる。

        恵みを乗せて現れる。

        はるかなる太古の人々はその星の到来を待ちわびた。

        その星がめぐってくると、恵みももたらされるが、禍いももたらされた。

        それは二ビル。

        その星が小さな光の点として見えるようになるころ、

        他の惑星の軌道が大いに乱される         
        
        そして、その点が大きくなると、地球に大変動が起こるのである。

        多くの場合、大変動とは大洪水 であった。

        出現は水星

        30度上昇して木星

        天井の戦場に立つときは二ビル

        木星より来る星は西へと通過し

        安息のときが来る

        木星より来る星は光輝(こうき)を増し

        居蟹宮(きょかいきゅう)で二ビルとなり

        アッカドは豊かに満ちあふれる

       

         (古代シュメール人より)





☆  現代における惑星ニビルの発見

1983年1月、米英蘭の共同プロジェクトとして赤外線天文衛星IRAS(アイラス)が打 ち上げられました。

地球の衛星軌道を周回中のIRAS(赤外線天文衛星)は、オリオン座の方角に巨大な謎の天体を発見します。

サイズは木星 くらいで距離は地球からも遠くなく、太陽系に属する天体です。

この謎の天体の地球からの距離は、約500億マイル(約800億キロ)と計算されました。

この謎の天体こそが二ビル太陽系12番目の惑星です。

このニビルが 今 地球に近づいて来ています。

これは 何を 意味しているのでしょうか?

この話が おとぎ話で何の根拠もない作り話だと思われますか?
この話が たわいもないおとぎ話で・・聖書のノアの箱舟は真実なのですか?

何だか脅かすようなことを書いてしまいましたが・・・でも 大丈夫です。

今回の地球のアセンションの波に上手に乗れるようにヘルプをしてくれるガイドたちがたくさん
来てくれています。

私たちがうまくアセンションの波に乗れるようにガイドたちが教えてくれている方法は・・・次回に ゆっくりと書きます。

早く 目覚めて上手に地球と共にアセンションをしましょう。

                温故知新 2012年アセンションに向かって
                2012年 5次元への移行 より抜粋転記


FC2 Blog Ranking←いつも ポチっに感謝します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←こちらも いつも ありがとう


                
              

         
           





スポンサーサイト






 ← 別れ・・と・・出会いHOME人間は 誰に 創られたのか?(1)

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/32-687b6344 ]

HOME
Copyright © 2021 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi