FC2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 急転直下?うっそ~~ん・・・ ]

驚きのSF戦国ストーリー誕生!

平和な縄文のような江戸時代を創った男たちの人間ドラマです。

勇気!仲間!挑戦!

お手もとに届きお読みいただけましたら・・・

アマゾンのレビューにご感想をお寄せいただければ、

めっちゃ嬉しいです^0^

どうぞよろしくお願いいたしま~す^0^






      




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年になって驚くようなことばかりが

起きています。

社会的にもそうですが、個人的にも晴天のへきれき?

急転直下?うっそ~~んって思うことが目白押しの

ミナミです。


何度・・まじかぁ~って叫んだことか・・

なんでこんなにいろんなことが次から次へと

起きてくるのよぉ~~、誰か教えてぇ~~^^


‥ということで、今日のアシュタールからの

メッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

あなたに起きてくるすべてのことは、

あなたが起こしているのです。


なぜ?なぜこんなにひどいことが起きるの?と

思うくらいひどいと思うことでも意味があって

あなたが起こしているのです。


いろいろな場合がありますが・・

例えば本当はしたいと思っていることがあったとして

(それをするほうがご機嫌になれることがわかって

いるのに)めんどくさいな、とか、環境が変わるのが

怖い、とかなどと思いぐずぐずと動けないでいるとき

自分で動かざる得ない事件?を起こすことも

あるのです。

自分で自分のお尻を叩いている状態ですね。

もうどうにもならないところまで自分を追い詰める

ことで本当はやりたかったのにぐずぐず動けずにいたことを

動かざるを得ない状態に持っていくのです。


思い当たることはありませんか?(笑)

あなた達はこれをよくやりますね。


あとはイヤでイヤでたまらないことから逃げるために

起こすこともあります。

行くのがイヤだけど、でもどうしても行かなければ

いけないと思っているとおなかが痛くなったり

けがをしたりするということです。

おなかが痛くなったり、熱を出したり、けがをしたり

すればみんなが納得してくれる理由ができますので

行かなくてすむからです。

逃げるためにひどい(と思う)現実を自分で

作り出すということです。


これも何度か体験していらっしゃるのではないですか?


あとは無意識に刺激を求めているということも

あります。

毎日の単調な生活がつまらなくなったときに

刺激を欲して自分で刺激的な出来事を作り出すと

いうこともあるのです。


刺激を受けることでつまらないと思っていた日常が

違う風になんとなく新鮮に見えるのです。

生きているって肌で感じることができるのです。

そのために作りだす現実もあります。


どうしてこんなにひどいことばかり起きてくるの?

って怒らないでください。

それはあなたが自分で作り出した現実なのですから。


自分の気持ちに素直になり行動すれば、そんなに

とことんまで自分を追い詰めなくてもいいのです。

イヤな現実を体験しなくても好きな現実を作ることが

出来るのです。


やりたいと思うことは素直にやってください。

イヤだと思うことは病気になったり事故にあったり

する前に、イヤだからやりません(行きません)と

素直に言えばいいのです。


日常に刺激が欲しいと思うならば、常に”いまここ”

にいてください

”いまここ”にいて、いまという瞬間を感じていたら

日常がつまらないと思うことはありません。

そんなイヤな思いをするような刺激を欲することも

ないのです。


あなた達の思考はとても面白いですね。

素直にいれば楽しい現実を創造することができるのに

わざわざイヤな現実を創造してからやっと方向転換して

素直に自分のしたいことをする傾向にあります。


とても興味深いです(笑)


それもまた楽しい経験ですので、その方法を楽しむのも

いいかと思いますが、もしどうしてこんなことばかり

起きるの?って思ったときはちょっと自分の素直な

気持ちに耳を傾けてみてください。

そして、その気持ちに素直になってみてください。

そうすればその現実を変えることができます。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール! 感謝します。



破・常識なYouTube動画

超次元ライブ

「迷宮からの脱出!パラレルワールドを移行する!」



腐りきった現代社会のおかしさを

バッシバッシ切りまくる、吠えまくります!!

ご質問を募集いたしま~す^0^

どなたでもOKです!

ご質問はこちらからお願いいたします。


Twitter ライトノベル作家さくやみなみ@398to373

Facebook ミナミAアシュタールの1%プロジェクト

アシュタールのメッセージの新作の動画は、

「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

こちらもご覧くださいね。



 [ ワークショップの日程です ]

ワークショップって一体何をするの?・・・って思われる方はこちらをごらんくださいね


[仙台]

7月 11日(土)ステージ1 10:00~13:00(残2席)
               (¥16500税込) 

       二極化の流れの中での進化(満席御礼)
        ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね。
               14:00~18:00
               (¥22000税込)


   12日(日)ステージ2 10:00~13:00
               (¥16500税込)

       破・常識トークしてみるぅ~~
               14:00~18:00
               (¥16500税込)


場所: PARM-CITY131 貸し会議室 
     地下鉄南北線「広瀬通駅」出口から徒歩3分、
     地下鉄東西線「青葉通一番町」駅 出口から徒歩3分


[藤沢]

8月 2日(日) ステージ1(満席御礼)
        ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね。

   5日(水) ステージ3(満席御礼)
        ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね。

   6日(木) ステージ4(満席御礼)
        ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね。

   9日(日) ステージ2

  10日(月) 二極化の流れの中での進化(チェンジ)

  12日(水) 新・個の時代に向かって立ち上がる

  15日(土) 歴史ゼミナー~ル

  16日(日) 破・常識トークしてみるぅ~~


場所: 藤沢市湘南台 サロンMuu

時間: 13:00~17:00(全プログラム)

参加費: ¥16500(税込)(各プログラムにつき)


二極化の流れの中での進化(チェンジ)
新個の時代に向かって立ち上がる
ステージ2は、ステージ1を受けられた方のみ
ご参加いただけるプログラムとなっております。


ワークショップって一体何をするの?・・・って思われる方はこちらをごらんくださいね


ご興味のある方は ぜひ ご参加くださいね。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は承認制です。
転載ご希望の方はこちらの記事をお読みいただき申請してくださいね。
無断転載は固くお断りいたします。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^







       Muu 240px

じょうもん楽座 240px



スポンサーサイト






 ← ドラコニアン と レプティリアンHOMEあなたはもうすでに好きなことを仕事にしているのです。

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/3119-4913068c ]

HOME
Copyright © 2020 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi