世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ レディー・アシュタールの 「常識にさようなら」  ]

何年か前に アフリカのマサイ族に嫁いだ日本人の話を聞いたことがあるんです。

マサイ族は 一夫多妻がOKらしくて、その日本人は3番目?4番目の奥さんで、

その本人も「あ~~、きっと他の奥さん達にいじめられて、血を見ることに

なるのかなぁ~~」って、思ったそうです。

でも、そのマサイの彼が好きだったから、血を見るのを覚悟の上で結婚して、

他の奥さん達と一緒に暮らし始めたところ・・・・びっくり??

その人たちは 嫉妬って何?やきもち?って何?状態で、すごく仲良く暮らしてるそうで、

そしてその日本人の彼女にもすごく優しくしてくれて、感激してる・・って言ってました。

それも やきもちを焼かないように我慢してる・・とか、じゃなくて、ほんとにそれ何?

なんだそうです。

どうして こんなことが出来るんだろう? だって、日本で夫が他に女性でも作った日にゃ、

もう大騒ぎ、それこそ血を見る勢いなのに・・・。

でも、嫉妬ややきもちってなんなんでしょうねぇ・・出来れば、味わいたくない気持ちの悪い

感情ですよねぇ・・・これ、何とかならないの?ねぇ、レディー・・・

「は~~い、愛してるわぁ、

やきもち・・ねぇ、エゴよね、エゴ・・あなたは 私のものなんだから・・って言うね・・

人を私のもの・・なんて、あり得ないことでしょ・・・

あとは、プライドね、このプライドも もちろんエゴの専売特許だわね。


ちょっと、このやきもちとか嫉妬の話は 後においといて、先に結婚って言うものに

ついて話をするわね。

この前も言ったと思うけど、結婚制度っていうのは、全くナンセンスよ!

だいたい、結婚って言うのは 支配者達があなた達を上手く管理するための物なの・・・

結婚して家族を作るっていうけど、そして家族が社会の一番基礎になるって言われてるけど

それは、あなた達を上手に分離させるためなのよ。

小さいグループをたくさん作って それらをいつも小さく争わせておけば 

管理しやすいからね・・・分かるかしら?

支配者達は 数が少ないから、 大勢のあなた達に団結されると困るから、

小さく分離して 争わせて置くようにしてるだけなのよ・・

例えば、夫婦2人をひとつの家族(グループ)とするでしょ、

その家族が2つあったとしたら あなた達の競争意識、優越感などをくすぐって

どっちの家族の方が幸せか?ってことを争わせるの。

幸せ・・って言っても、精神面ではなく 物質面でね・・

どっちの家のほうが大きい、きれい、立派・・どっちの家族の方がいい車に乗ってる・・

職業は?家具は?庭の大きさ?子供の学校?・・・たくさんたくさん、数え切れないくらい

比べて競争させる種はあるわ・・

家族もたくさんあるから、競争相手はたくさんいる。

そうやって みんなが競争し、分離し、お互い諍いあってるから、団結することがない・・

これが、為政者達の思う壺なのね。

そして、結婚制度の中にいて あなた達は幸せかしら?

他の家族に負けないように、家を買い、車を持ち、少しでも他の家族よりいいものを

買い、いいものを食べて、子供にいい教育(高い教育)を受けさせ・・・

そのために 朝から晩まで働き、クタクタで、ローンを払うことに一生懸命で、

何が自分にとって本当に幸せか?誰が一番大切か?自分の人生の目的は?

なんて自分を見つめる時間、余裕なんて全くない・・

とにかく ローンを払うためだけに、教育費を稼ぐためだけに、大事な時間を費やしていく・・

まるで奴隷のような生活を送ることになるの。

ちょっと前までは それでも大きな家族(グループ)で暮らすことが多かったけど、

これも  大きなグループはしんどい、人間関係が大変だ、3世代で暮らすなんて

ダサい・・って、

だから、都会で夫婦だけで自由きままに暮らすのが おしゃれな生き方だって

良いように誘導され、同じようなトレンディードラマなどで何度も何度も、

そういう生き方が これから素敵な生き方だと 刷り込まれていったの。

そうやって、それまでは助け合って来た大きなグループをもっと小さく分けることにしたの。

小さな単位になった分 助けがなくなり、その上 競争、競争で 

どんどん働かなきゃいけなくなって、子供を自分で育てる余裕さえなくなっていったのよ。

親が働かなくてはならないから、小さな まだ生まれて間もない頃から、子供は保育園などの

施設に預けられる・・・これも 思う壺なのね。

だって、小さな頃から 為政者の都合の良いように教育?洗脳?出来るから・・・

従順で、よく言うことを聞く、自分の主張をしない子供・・・そんな子供達を

たくさん作ることが出来るから・・・奴隷の生産ね・・・

そして、一夫一婦制度・・・汝 姦淫してはならない?・・

夫婦は 互いのものだから他の人を好きになってはいけない・・

もちろんSoX(ソックスではありません)なんて トンでもないこと・・

これも 仕組まれた、刷り込まれた考えね。

何も 誰とでもしなさい・・どんどんしなさい・・って言ってるわけじゃないのよ・・

勝手に解釈して、問題が起きたからって 私のせいにしないでね(笑)



またまた長くなりますので、この続きは明日アップします。











スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は スピリチュアルMuu へお越し下さい


5




人気ブログランキングへ← ポチッとお願いします。

スポンサーサイト



 ← 続・・レディー・アシュタールの 「常識にさようなら」 HOME原子力について・・アシュタールからのメッセージ

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/291-63e873fc ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi