FC2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 一足お先に アセンション ]

今年 2月 中国東部の渡り鳥の越冬場所として著名な湖で、毎年やって来るはずの渡り鳥約10万羽が姿を消しているそうです。

17日の国営新華社(Xinhua)通信が報じたところによると、今冬の豪雪が原因と見られています。

中国江西(Jiangxi)省にあるポーヤン湖(Poyang Lake)周辺の自然保護区には毎年、世界に生息するタンチョウの95%、マナヅルの50%、サカツラガンの60%が渡って来ると考えられています。

ポーヤン湖は中国最大の淡水湖で、国際的にもよく知られる湿地帯地域。

保護区では職員数百人を動員して穀物やトウモロコシ、鳥の餌となる野菜などを散布していますが、今年の渡り鳥は4万羽程度しか確認されておらず、例年より約10万羽少ないという事です。

保護区の副責任者Luo Shengjin氏は、大量死の痕跡もないため、鳥たちは別の場所へ移動したのだろうと推測しています。


昨年 2007年春には、宮崎県の椎葉村である日突然 蜂がいなくなったことがニュースになりました。

そして 日本だけではなく アメリカでも50州のうち25州で、前日まで多くのミツバチでにぎわっていた巣から、翌朝突然、女王蜂と数匹のミツバチを除いて他のミツバチが全ていなくなってしま うという現象が発生しています。

ヨーロッパでも状況は同じです。

ヨーロッパの専門家は新たな農薬による毒素か、遺伝子組み換え植物の影響による免疫性の低下が原因でないかと考えているようですが、同じ状況が発生している椎葉村では、新たな農薬も遺伝子組み換えも関係ないことを考えると、ヨーロッパの専門家の推測も的はずれのように思われます。

色々調べてみると、どうやら蜂はどこか別の場所へ移動したとか、病気で「突然死」したということではなさそうなのです。
アメリカでは50州のうち25州で同じ現象が発生していることを考えると、他の場所へ移動したことは考えられないし、また、養蜂(ようほう)しているハチたちだから、大量死した ら、巣の近くで死骸が発見されなければおかしいからです。

とすると、ミツバチはこの世から突然消えてしまったのではないでしょか?
そして、その奇妙な現象が、世界中で発生している としたら・・・一体 何が起きているのでしょう?

これは アセンションが始まっている証ではないでしょうか?

そんな?何をバカなことを言っているの? ただ たまたま ちょっと鳥と蜂がいなくなったくらいで 大騒ぎするなんて・・・!って、思いますか?

鳥も 蜂も 死骸が見つからず 突然姿を消しているのです。

これは、彼らの細胞を構成する原子の周波数が高くなり高次元世界に移行し たためではないでしょうか?

もうすでに 5次元ではアセンションをした地球が存在していて、波動が高くなった生き物から
どんどん そちらに移行が始まっているのではないでしょうか?

動物や植物は、背負っているカルマが少ない分だけ アセンションが早い・・といわれていることを考えると、これは もう 地球のアセンションが確実に始まっている と言うことを教えてくれているのです。

地球は 私たち人類が目覚め 波動を上げアセンションが出来るようになるのを待っていてくれてるのです。

ただし、そんなには待てません。

もう 時間は迫ってきています。

人類でも、精神性、霊性の高い人達は アセンションを始めています。

オーストラリアの原住民である 純粋なアボリジニ族(真実の人族)は、もう15年以上前に この地球を離れ 天に行くことを決めました。

彼等の メッセージを転記します。

  聖なる一体の<真実の人>族であるわれわれは、こ

  の地球を去ろうとしている。

  残された時間を高度な精神生活のうちに送ることを選んだ。つまり肉体的な規律をしめす  
  
  手段としての禁欲だ。もう子供達は作らない。われわれの最年少の仲間が絶えるときが

  この生粋部落の最後となるだろう。

  われわれは永遠の存在だ。この宇宙には、われわれについてくる魂が人間の形を取れる  
  
  場所がたくさんある。われわれは最初の人類の直系だ。初代の価値と掟をしっかり守って

  創世記から生き延びるテストに合格してきた。この地球を支えているのは、われわれの仲

  間意識なのだ。今 われわれはここを離れる許しをもらった。この世界の人々はすっかり 

  変わり、大地の魂の一部を売り渡してしまった。それと合体するためにわれわれは天に行  
  く。

  あなたは、われわれがここから去ることを仲間に伝えるメッセンジャーとして選ばれた。

  われわれはあなた方に母なる大地を残していく。あなた方の生き方が水や動物や空気
  
  に、そして互いにどんな影響をあたえているか、はっきり認識するように祈っている。

  あなたがたがこの地球を滅ぼさずに問題を解決するほうほうを見つけるように祈っている。

  真の存在としての個々を取り戻しつつあるミュータント(アボリジニの言う、西洋的な生活

  をしている私たちのこと)もいる。真剣に考えれば、この惑星の破壊をまぬがれる余裕は 

  まだあるが、われわれはもうあなた方を助けることは出来ない。われわれのときは終わっ

  た。すでに雨の降り方は変わり、暑さは増し、作物や動物の繁殖も衰えている。われわれ
  
  はもはや魂の住みかとしての肉体を用意することは出来ない、なぜならばまもなくこの砂

  漠に水や食べ物がなくなるときが来るからだ。           
                  
                 ミュータント・メッセージ <真実の人>族の教え
                    マルロ・モーガン著  小沢瑞穂訳      より
  

FC2 Blog Ranking←ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←こちらもよろしくお願いします











 
スポンサーサイト






 ← 猫の ゴロゴロ 骨に良い?HOME本当の 社会のしくみ 知ってますか?

 COMMENT

光ロード  
ミツバチをはじめとする動物植物は、

アセンション後の次元移行まで、

一時的に、避難次元へ退去しているようです。

人間より、波動が高い動植物は、
既に早い段階でアセンションしているのですね。
2008-02-21 (09:55) | URL | [ EDIT ]

ミナミ  
光ロード さん

私たち 人類も もういい加減目を覚まして 早くアセンションの用意をしないと
乗り遅れてしまいますね

地球も もうそんなに待ってはくれないでしょうから・・・

急ぎましょう!
2008-02-23 (07:25) | URL | [ EDIT ]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/25-b47dec1c ]

HOME
Copyright © 2021 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi