FC2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 税金に対して意識を変えてください。 ]

「日本列島から日本人が消える日」

詳しくはこちらをご覧ください。


日本列島_表紙(帯あり) (2)


 全国の大手書店でお求めいただけます^0^

Amazonでもお求めいただくことが出来ま~す^0^ 


またですかぁ~~・・それも今度は規模がまるで違う。

ホント、この国の偉い人たちは何を考えているのか??


無担保で3兆円を貸し、30年間も元本返済を猶予する。

しかも、超長期なのに金利は平均0.8%という低金利を適用する──。


リニア新幹線がらみで、3兆円というお金が無担保、そして30年間も元金の返済を

猶予するとか・・・30年もたったら、貸した方も、借りたほうも、責任者はいなくなりますよ。

誰があとの責任をとるんですか?・・・何となく、スルーっと、この問題はなかったことに・・

っていうことにしようとしているとしか思えない。

最初から返す気はない・・って思われても仕方ない・・よね。


税金じゃなくて、財投資金だっていうけど、結局名前が違うだけで元をただせば私たちから

徴収した税金でしょ。

失敗すれば、また、税金で補てんするんでしょ(怒)


そしてまた、このリニアの責任者はこの国の首相のお友達(親友)だとか・・・

首相のひと言で、すべては動き出し、リニア並みの速さでこの件が決まったとか・・・

もうね、勘弁してくださいよ・・



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

税金は、国民のお金です。

それを、あなた達国民が忘れないでください。


天引き?給料から先に引かれてしまっている人が多いので、実感がわかないかもしれませんが、

(そのために、実感を持たせないために天引きしているのです)あなたがどれだけ、

どのような理由で税金という名前のお金を国に預けているのかをしっかりと確認してください。


税金は、あなた達のお金です。

差し上げたものではありません。

国民のために使う・・国民が豊かな生活が出来るように保障として預けているお金です。


その意識が足りなくなってしまうと、あげてしまっているのと同じことになってしまいます。

国民がしっかりと自分達のお金の使い道に意識を持っていないと、ただの搾取になってしまうのです。

集めたお金をどのように使っても良いと、思われてしまうのです。


税金のように徴収されている年金の使い方を見ているとよくわかると思います。

本来は、年金は積み立てだったのです。

何年か積み立て、そして、仕事をやめた後に自分が政府に預けていた(積み立てていた)お金を

返してもらうということではじまりました。

積み立て保険としてはじめたのです。


でも、その年金を政府が活用して増やしていくと言って、自分たちのお金のように投資をはじめたり

他の国に差し上げたりしたのです。

そして、差し上げてしまったり、投資に失敗したりして、今度は積み立てではなく、

若い人が支えるものだと言い出しました・・言葉のすり替えを駆使し、国民を煙に巻き、

そしてそれが本来の年金制度だと思わせているのです。


そして、今度は少子化で支える若い人たちが少なくなって来てお金を徴収できにくくなって

お金が足りないので、年金の支払いをどんどん遅くしますと言います。

最近では、定年を過ぎてもまだ働ける人は、年金を支える側になってください。

働けるうちは年金を払うだけで、もらうのは待ってください・・と言い出しているのです。


これは、年金を徴収するけど払いませんよ・・と言っているのと同じことなのです。

しっかりと見てください。

年金がどのように使われ、どうしてこんなになくなってしまっているのか?を。

あなた達が、徴収されるのは仕方がない、無いと言われたら仕方ない・・とすぐに

あきらめてしまうからです。

あきらめてしまうのは、自分のお金だと思っていないからです。

搾取されることに慣れ過ぎてしまっているのです。


いつも言いますが・・デモをして抗議をしてくださいと言っているのではありません。

ただ、意識を向ける・・それだけで違うのです。


いつも国民が見ている・・気にしている・・と感じるだけで彼らは好きには出来ないのです。

意識は見えません・・でも、感じるのです。

分かりますね。


税金を払いたくない・・というエネルギーは大きくなってきています。

いままでもそのエネルギーはありましたが、政府の人たちがあまりにも露骨になり過ぎたために

もっともっと税金を払いたくないというエネルギーが大きくなっています。


とても、良い流れだと思います。

税金を払いたくない・・そこには、税金を意識するエネルギーが乗っています。

ですから、いろいろな情報も出て来るようになり、彼らもいままでのように行かず困っています。


対立のエネルギーは必要ありません。

そうではなく、自分たちのお金であるということ、国民のために使われるべきお金であると

いうことをしっかりと意識するだけでかなり違います。

そして、それは対立のエネルギーを出されるよりももっと彼らには怖いのです。

対立は、力で抑えつけることが出来ますが、ジワジワとした意識の広がりはどうしようも

出来ないのです。


長くなりましたが、税金に対して意識を変えてください。

あなた達の意識が変われば、税金の使い方も変わってきます。

変えざるを得ない状況になってきます。


戦争が出来なくなってきているのと同じです。

すべては、あなた達の意識です。



あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう、アシュタール!感謝します。



アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^


  [ ワークショップの日程です ]

ワークショップって一体何をするの?・・・って思われる方はこちらをごらんくださいね

藤沢

10月 20日(土)ステージ1(満席御礼)
          13:00~17:00(¥16200税込)


    21日(日)ステージ2(残1席)
          13:00~17:00(¥16200税込)


    23日(火)破・常識歴史ゼミナール(満席御礼)
          13:00~17:00(¥16200税込)
※ このプログラムは「日本列島から日本人が消える日」をお読みいただいた方のみ
      ご参加いただける内容となっております。


場所:藤沢 湘南台 超次元サロンMuu


札幌

11月10日(土)ステージ1 
          10:00~13:00 (¥16200税込)

         破・常識歴史ゼミナール 
          14:00~18:00(¥16200税込)


   11日(日)ステージ2 
          10:00~13:00 (¥16200税込)

         破・常識トークしてみるぅ~~
          14:00~18:00(¥16200税込)

場所: 札幌の大通駅から徒歩3分のカタオカビルです。


ご興味のある方は ぜひ ご参加くださいね。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は禁止とさせて頂きます。
当ブログへのリンク、に関しましてはこの限りではございません。
転載禁止に関しての詳しい記事はこちらこちらにありますので、
是非お読みいただければと思います。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^







       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← 個人的に思ってるだけでいいの??HOME庭にネコがフンをして困っています。

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/2474-af83e34f ]

HOME
Copyright © 2020 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi