fc2ブログ


世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ ツールを探そう! ]

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたは目的を持ってテラ(地球)に転生して来ました。

そのために、あなたは何かのツールを持って来ているのです。

持っていない人はいません・・必ず持っているのです。


そのツールを生かしてくださいね。

ツールって何ですか?・・・というご質問をよくいただきますが、

ツールというのは、得意なことです。


誰からも教わっていないのに知ってる、出来ると思うことです。

もし教わったとしてもすぐに理解出来たり、すぐに出来ることです。


あなた達の表現では・・筋が良いね、感が良いね、素質があるね・・

という言葉で言われる感じです。


せっかく持って来たツールですので、楽しんでどんどん使ってください。

良いツール、悪いツールなどないのです。

みんな必要なツールなのです。


でも、あなた達はすぐに・・こんなこと出来ても何の役にも立たないよ・・と言います。

それは、それが仕事になるかどうか、お金を稼ぐことが出来るかどうか、という

とても狭い価値観で考えてしまうからです。

それも、すぐに役に立つことだけが良いことだと考えてしまい、すぐに役に立たない、

仕事にならない、お金を儲けることが出来ないと、そんなもの持ってても仕方ない・・

こんなつまらないツールを持って来た私って・・・・・と嘆きます(笑)


使う前から、こんなツールなんて・・って思うから、使えないのです。

すぐに仕事と結びつかなくても、持って来たツールは絶対に好きなことなのですから、

それをやっていれば、絶対に仕事として成り立つのです。

楽しんでいれば、必ず仕事として成り立つアイディアが出て来るのです。



何度も言いますが・・仕事は得意なことを提供する人がいて、それを苦手だと思う人に

供給する・・それが仕事になるのです。

いまある仕事の範囲でしか見ないから、仕事として成り立たないと思ってしまうのです。

そうではなく、仕事は自分で作るものだということを忘れないでください。


私はこういうことが出来ます、得意です・・とアピールすれば、それをやってほしいと

思う人が出て来るのです。

ボタン付け出来るけど、それが何?・・・・そんなつまらない、誰でもできること仕事に

なるわけないじゃない・・と思うとそれはもう仕事にはなりません。

思考が先、現実があと・・だからです。


でも、私はボタンを付けるのが得意です、これを仕事としたいです、と思いみんなに

アピールしていれば、ボタンを付けることが苦手でイヤな人は、あなたに付けて

もらえることで助かるのです。

ありがとう、と感謝するのです。

だから、その感謝の対価としてお金を払ってくれるのです。

(これは余談になりますが・・

いまのあなたの社会では、お金を使って感謝の気持ちを伝えるシステムですので

対価はお金になるのです・・感謝の気持ちの対価ですので、お金を受け取ることに罪悪感など

を持たないでくださいね)

それが、立派に仕事になるということです。


自分のツールを仕事にしたい・・と思う、その思考で仕事になるということです。

どう使ったらいいかわからない・・と思ったとしても、それを仕事としたいという思考を

していれば、必ずアイディアは出てきます。

それには、自分のツールを大切にしてください。

こんなちっぽけな、とか、つまらない、とか、思って自分のツールを小さく、低く

評価しないでください。


他の人のツールと比べたり、うらやましがったりしてしまうと、あなたのツールを使う

アイディアが出なくなります。


どんなにあなたが小さいと思うツールでも、それを使いたくてあなたは自分で選んで持って来たのです。

記憶もツールです。

記憶は、知識です。


なんか知らないけど、この分野に関しては知ってることが多い・・と言うのも記憶として

知識を持って来たからです。


何だか知らないけど、この分野が好き・・と言うのも、記憶を持って来ているからです。

好きなことはたくさん情報が入ってきます。

そして、その情報を理解する基礎になる知識をもともと持っているから楽しいのです。


あなたは、絶対にあなたの得意とするツールを持っています。

持っていない人は絶対にいません。

だから、もしいま自分のツールがわからないと思うなら、ツールを探そう!と意図してください。

意図すれば必ず分かります。思い出せます。

私なんて何も持って来てない・・って思ってしまうから、思い出せないのです。


好きなこと、楽しいことにフォーカスしてください。

そうすれば、どんなツールを持って来たかを思い出すことが出来ます。

そして、そのツールをフルに使ってたくさん遊んでくださいね。

たくさん遊んで楽しんでご機嫌さんでいてください。



あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう アシュタール! 感謝します。


あなたも得意なツールを使って、楽しい仕事をはじめてくださいね^^

その第一歩として私たちは「じょうもん楽座」を創りました。

「じょうもん楽座」も、おかげさまでどんどん店舗が増え、ご注文もいただいてま~す^^

ありがとうございま~す^0^

オーナーさんたちの楽しくて軽いエネルギーが乗った楽しい商品ばかりです・・

気になるものがあれば、是非お試しくださいね^^

「じょうもん楽座」でのショッピングお楽しみくださ~い^^









       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^


  [ ワークショップの日程です ]

大阪

10月 28日(土) ワークショップ ステージ 1(満席御礼)
          ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^
             
            ワークショップステージ3 (満席御礼) 
          ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^
             

10月 29日(日) ワークショップ ステージ2 (満席御礼)
          ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

            ワークショップ ステージ4(満席御礼)
          ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^



福岡

11月 18日(土) ワークショップ ステージ 1(満席御礼)
          ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

           新・個の時代に向かって立ち上がる~限界突破!~(満席御礼) 
          ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

             
11月 19日(日) ワークショップ ステージ2 

            ワークショップ ステージ3

福岡の詳細はこちらをご覧ください。


ご興味のある方は ぜひ ご参加くださいね。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は禁止とさせて頂きます。
当ブログへのリンク、に関しましてはこの限りではございません。
転載禁止に関しての詳しい記事はこちらこちらにありますので、
是非お読みいただければと思います。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Muu Free Club・・・三角から丸へ・・・
個の時代へ向かって立ち上がる・・・
Muu Free Club に あなたのご参加お待ちしていま~~す^0^







       Muu 240px

じょうもん楽座 240px




スポンサーサイト






 ← どうしても我慢をしなければいけない時は・・・HOME同じ銘柄のビールなのに・・・

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/2108-ae7bb27e ]

HOME
Copyright © 2024 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi