世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ テラ(地球)は、生命体なのです! ]

人々が見放した土地・・それが45年後には野生動物の楽園になっていた!

干拓事業によって、海をせき止め、水をかきだし、農地や住宅にするため人工的な

土地を作りだす計画があったのですが、資金難に陥りその事業は停止しました。

その土地は干拓の途中で放棄され、人々の記憶から忘れさられてしまったのです。


そして、45年後、その土地は野生の楽園へと姿を変えていたのでした。

「リワイルディング」・・・人が手を加えなければ、自然はどんどん元の姿を取り戻していく。

『あたらしい野生の地-リワイルディング』2016年10月公開に公開された映画があるそうです。

私もまだ予告編しか見ていませんが、ホントに自然の力ってすごいなって思います。


映画の公式サイトは こちらになります。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

テラ(地球)は、生命体なのです。

意識もあります。

ただの土のかたまりではないのです。


テラは、ひとつの完結した?完璧な?存在なのです。

テラを大きな水槽だとイメージしてください。

循環することで、淀みをなくし、常に浄化をしているのです。

すべては完璧なバランスで成り立っているのです。


そして、一番忘れて欲しくないのが・・・あなた達人類もその水槽の中で

生きているということです。

水槽の水を汚してしまうということは、あなた達自身の生きている環境をも汚していると

いうことです。


何度も言いますが、循環することでテラは環境のバランスをとっているのです。

循環する水をせき止めるということは、あなたの身体の血液を止めてしまうのと同じ

ことなのです。

テラの上(地面)を覆ってしまうということは、あなたの身体の皮膚を覆ってしまう

(呼吸が出来なくなってしまう)ということと同じなのです。


あなた達にとって、雨が降ることはわずらわしいことかもしれません。

台風のような風がふくことも不便?不都合?に感じられるかもしれません。

でも、すべては循環のために必要なことなのです。


木の葉が落ちて、それが土の中の微生物によって分解され、土の栄養となり、またその

栄養を吸収して木は葉っぱを作るのです。

そして、栄養豊富な土は雨が降ることによって川や海に流され、その土の栄養分が水に

溶け、その栄養で川や海にすむ魚などの生き物が生きていけるのです。


その循環があるから、川や海で魚が獲れ、その魚たちから栄養をもらい他の生物たちも

生きていけるのです。

そして、魚を食べた生物たちもまた別の生物の栄養となるのです。


動物は酸素を呼吸をして二酸化炭素を放出し、その二酸化炭素を呼吸して植物は

酸素を放出します。


テラの上では、そうしてグルグルとみんな(テラという水槽に住んでいる存在すべて)が

循環して行くことで、命をつないでいるのです。


それを分かってください。

確かに近視眼的に見ると、ダムを作ったり、土地を埋めたてたり、台風の進路を変えたり、

人工的に気候を操作したほうが合理的?効率的?に思うかもしれませんが、大きな視点で見ると

それは反対に非合理的であり、非効率的なのです。


そのことを分かっている文明は、自然と寄り添います。

あなた達の文明は、自然はコントロールする(征服する)ものだと思っています。

でも、水槽の中にいる人類は、水槽自体をコントロールすることは出来ないのです。

水槽自体を征服し、コントロールしようと思っても、それは無理なことなのです。

水槽の中に居るのですから。

水槽を壊してしまったら(循環を止めてしまったら)水槽の中は淀んでしまい、最終的には

その水槽の中では誰も(どんな存在も)生存できなくなるのです。


自然と寄り添う文明は、循環を止めません。

すべてはテラに任せます。

テラが作ってくれた物を使って生活するのです。

それは劣った?遅れた?文明ではありません。

たとえば日本のじょうもん時代と呼ばれている文明がそうです。

じょうもんの人たちは、文明、文化を持っていなかったのではありません。

彼らの遺跡?がないのは、人工的な物を作らなかったからです。

高いビルや、道路、人々が密集した都会、などを作らなかったからです。


彼らは非常に高いテクノロジーを持っていました。

そのテクノロジーは自然と反するものではなく、寄り添う形で使われたのです。

テラを、自然を支配・コントロールするのではなく、自然をそのまま使わせてもらったのです。


テラを支配?征服?コントロール?しようとするいまの文明はもう限界に来ています。

それは、あなた達もお分かりだと思います。

あなた達も住んでいる水槽を大切にしてください。

大切にする・・というのは、そのままテラに任せるということです。


テラに任せておけば、住みやすい環境を用意してくれます。

テラは、あなた達(人類だけではなく)すべての存在を愛しています。

そして、すべての存在が生き生きと生きられる環境を整えてくれているのです。


あなた達はずっとテラと寄り添い、テラの用意してくれた環境の中で豊かに暮らしていました。

いまのようにテラを征服し、コントロールしようとする文明が出来たのはつい最近の

ことなのです。


いまの文明しか知らなければ、その文明以外生きてはいけないと不安になるかもしれませんが、

その文明よりもはるかに長い時間、テラの自然と寄り添う文明があったのです。

じょうもんの文明も一万年以上続いたのです。

あなた達の文明は、まだ2、3千年にしかすぎず、そして化石燃料などを使いエネルギーを

確保しはじめたのは2、3百年にすぎないのです。



テラは、支配、征服、コントロールする存在、敵?ではなく、あなた達の生命の源なのです。

あなた達自身だということです。

テラの用意してくれた環境の中で、あなた達は何不自由することなく豊かに生きていけるのです。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 感謝します。


アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^


  [ ワークショップの日程です ]

藤沢

8月 5日(土) ステージ3

    6日(日) ステージ4(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

9日(水) ステージ1(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   10日(木) ステージ2(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   12日(土) ステージ1(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   13日(日) ステージ2(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

  15日(火) 破・常識トークしてみるぅ~~(破の章)

  19日(土) ステージ5(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   20日(日) 歴史ゼミナール

 26日(土) ステージ4(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   27日(日) ステージ5(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

詳しくはこちらから・・・


ご興味のある方は ぜひ ご参加くださいね。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は禁止とさせて頂きます。
当ブログへのリンク、に関しましてはこの限りではございません。
転載禁止に関しての詳しい記事はこちらこちらにありますので、
是非お読みいただければと思います。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい






スポンサーサイト



 ← こんなシステムは拒否します。HOMEならば、結婚の意味がない???

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/2006-17fe7951 ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi