世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 波動領域に善悪の判断をしないでください・・ ]

[業務連絡です]

6月19日(月)に藤沢のサロンにお越しいただきました

神奈川県在住の”M・Y さま”(男性)

ご連絡先のお電話番号が違っていたようで、ご連絡を差し上げることが出来ません。

早急にお伝えしたいことがございますので、この業務連絡をお読みいただきましたら

 お問い合わせ よりメールにてご連絡いただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

波動領域がはっきりしてきます。

波動領域というのは・・・似たもの同士が集まる・・ということですね。

良い悪いの判断は必要ありません。

ただ似た考えの人が集まり、似てない?違う考えの人とはあまり付き合わなくなるという

ことです。


軽い波動、重い波動・・という表現をしますが、それは善悪ではありません。

ただ、好きなもの、好きなことが違うというだけのことなのです。

野球観戦が好きな人は野球を見に行きますね。

そこには野球観戦が好きな人が集まります。

野球観戦に興味がない人は、そこにはいきません・・ただそれだけのことです。

そこには善悪の判断はありませんね。


最近あなた達は少し、波動領域に関して善悪の判断をしていることがあるように感じます。

軽い波動にならなければいけない、重い波動になってはいけない・・という風に考えすぎて

いるのではないでしょうか?


5次元領域は良いところ、でも3次元領域は悪いところ・・だから、5次元領域に共振

しなければいけない・・そのためには、これをしてはいけない、あれもしてはいけない、

これをしなければいけない、あれをしなければいけない・・・という考えが強くなっているように

思います。


そうではないのです・・3次元的な波動領域を体験したい人もいるのです。

5次元領域の方を体験したいと思う人もいるのです。

怖い映画が好きな人は、怖い映画を見ればいいのです。

怖い映画は波動を重くするから見てはいけない・・と思って、我慢してみない方が波動的

観点から考えると良くないのです。


我慢すると波動は重くなるのです。

見たい映画を我慢する方が波動が重くなってしまうのです。

波動が軽い=善ではありません。


善悪で考えてしまうと、宗教と同じことになってしまいます。

そんなことをすると天国に行けなくなりますよ・・という宗教的概念の”天国”が”波動”に

代わっただけのことになります。


すべては自由なのです。

どこの波動領域に共振しようが、その人の自由なのです。

どの波動領域を体験したいか・・ただそれだけのことなのです。


したいことをしてください・・そしてご機嫌さんでいてください。

我慢する必要はありません。

波動を軽くするために我慢する・・その考えの方が波動を重くしてしまいます。

波動を軽くしたいと思うのであれば、我慢しないでください。


怖い映画を見たい時は、見ることをたのしんでください。

それでいいのです。

いま私は怖い映画が見たいのね・・と思えばいいだけのことです。

そして、充分に楽しめばそれで満足できます。

ご機嫌さんでいられるのです。

だから、波動は軽くなります。


じゃあ、人を傷つけることも楽しめばいいのですか?

人をいじめることを楽しめば、波動は軽くなるのですか?・・などと聞かないでくださいね。

それはいまお話ししている波動領域の話とは違うところになります。

人をいじめたいという気持ちは、単なるエネルギーバンパイアです。

その人の中にエネルギーがなくなってしまっているので、人をいじめることで人からエネルギーを

チャージするエネルギーバンパイアなのです。

だから、いじめることでバンパイアして、何となく満足したつもり(ご機嫌さんになったつもり)

でも、すぐにまたエネルギー切れを起こしてしまい、またバンパイアをしてしまうので

いつまでもそこから抜けることは出来ません。

ハートからの楽しみ、ハートからの満足ではありませんので、波動が軽くなることは

ありません。


アシュタールは何が言いたいのでしょうか?

私がお伝えしたいのは、波動領域に善悪の判断をしないでくださいということです。

あなたがどこに居たいか、どの波動領域が気持ちいい、ご機嫌さんでいられるか・・

それだけのことだとお伝えしたいのです。

軽くならなければいけない、重くなってはいけない・・そのような宗教的な概念は手放して

ください。

波動領域は、宗教ではありません。


軽くならなければいけない・・ということは無いのです。

重くなることは罰ではありません。

その波動領域が好きな人が集まり、その波動領域の体験を楽しむ・・それでいいのです。

そして、その波動領域が楽しくなくなったら、別の楽しいと思える波動領域に移行すればいいのです。


もし、無理やりにでも軽い波動領域に行かなければいけない・・と考えてしまうと、それは

とても辛いものとなります。

重い波動領域が好きで、気持ちが良い人もいるのです。

自分の波動と違うところに無理やり共振することは、とても辛いことなのです。

砂漠で生きることが快適だと思っている虫を無理やり水辺に連れて来るとどうでしょうか?

その虫は辛くて仕方ありません・・死んでしまうかもしれません。


自分の波動に合うところが、一番その人にとって楽なのです。

楽しいところなのです。

ご機嫌さんでいられるところなのです。


ですから、波動を軽くするために・・という考えは手放してください。

宗教的な概念で波動領域を考えないでください。


波動領域に関して、マインドで考えないでください。

マインドで考えてしまうと、善悪になってしまいます。


あなたがご機嫌さんでいられるところ(場所ではありません)が、あなたにとって一番合っている

波動領域なのです。

そして、その領域にはあなたと同じ思考、価値観の人がいますので、楽しく過ごすことが

出来るのです。


あなたはどこに共振したいですか?

ただそれだけなのです。


今日は、少しマインド的には難しい話になってしまったと思いますが、エネルギーのところで

受け取っていただけるとうれしいです。


あなたに愛を込めてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 感謝します。



アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^


  [ ワークショップの日程です ]

藤沢

8月 5日(土) ステージ3

    6日(日) ステージ4(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

9日(水) ステージ1(残2席)

   10日(木) ステージ2(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^


   12日(土) ステージ1(残2席)

   13日(日) ステージ2

  15日(火) 破・常識トークしてみるぅ~~(破の章)

  19日(土) ステージ5(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   20日(日) 歴史ゼミナール

 26日(土) ステージ4(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

   27日(日) ステージ5(満席御礼)
※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

詳しくはこちらから・・・


ご興味のある方は ぜひ ご参加くださいね。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。



 ※ このブログ記事の転載は禁止とさせて頂きます。
当ブログへのリンク、に関しましてはこの限りではございません。
転載禁止に関しての詳しい記事はこちらこちらにありますので、
是非お読みいただければと思います。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい






スポンサーサイト



 ← どちらの現実を体験するかは、あなた次第・・HOMEハートを開く方法!

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/2000-23f1d25d ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi