世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ ちょっとイヤなことがあったんです。 ]

ちょっとイヤなことがあったんです。

そのことがずっとこころにとげのように刺さって取れない。

何かしてても、いつもどこかでそのことを考えてる・・・

あ~~、もう・・・ってなってたら、アシュタールが・・・


「イヤなこと、ご機嫌さんになれない記憶は、早く手放した方がいいと

思いますけど・・・」


わかってます、わかってますけどね・・でも、なんとかしようと思っても、ついつい

そのことばかり考えちゃって・・どうしようもないんですよねぇ~~


「重い波動の方が引っ張る力が強いので、なんとなく手放したいと思っても、

ちょっと無理かもしれないですね。

重い波動エネルギーを切る?手放す?そこから離れる?ためには、大きなパワーを

必要とします。

小さなパワーでは、なかなか切ることは出来ないのです。

流れに任せていては(手放したいなぁ~~くらいの気持ちでは)、なかなか難しいです。

手放す・・という覚悟のある決意をしなければ、切ることは出来ないのです。」



・・って言われても、どうしたらその大きなパワーを得ることが出来るのか・・


「その時の感情をもう一度見直すのです。

中途半端にしていると、中途半端なパワーしか出ません。

とことん感じ切るのです。

イヤだって気持ち、腹だたしい気持ち、悔しい気持ち、悲しい気持ち・・それをもう一度

感じ切るのです。

そこには、判断はいりません。

反省もいりません。

ただ、その時の感情を感じ切るのです。

そしてそれを言葉にしてください。

感情は感覚です・・感覚だけではまだあなた達はその感情を表に出すことができ無いのです。

感情だけで終わらせてしまうと、なんだかモヤモヤするだけになってしまいます。

ですから、感情を言語化するのです。


イヤな気持ちがした・・それは感情(感覚)です。

そのイヤな気持ちは、どういう気持ちだったのか・・ということを言葉にしていくのです。

そうすると、そのイヤな気持ちの元がわかります。

イヤな気持ちが悔しさだったのか、悲しさだったのか、怒りだったのか、嫉妬だったのか・・

その気持ちの元がわかれば、今度は気持ちの元のタネがわかります。

怒りの原因が、自分の中にあるコンプレックスが原因だったとか、常識に囚われて

いたとか・・いろんなことが見えてきます。


最初から理路整然と言葉にする必要はありません・・・たぶんそんなに冷静に言葉に出来ない

と思います。

ですから、こころの思うままに、出て来た言葉を使えばいいのです。

出来れば、言葉を書いていけばいいと思います。

どんな言葉を使ってもいいですので、とことん気が済むまで気持ちを言葉にしてください。

そうすれば気持ちが落ち着いてきます。

落ち着いて来たら、書き連ねた言葉を見直してみてください。

そこに感情を揺らしたタネが見つかります。


タネを見つけるのも大切なことなのですが・・それ以上に言葉にすることで気持ちが

落ち着き整理されるので、冷静になり感情に振り回されなくなるのです。

イヤな気持ちが手放せないというのは、感情に振り回されているからです。

ですから、その時の感情をもう一度感じ切り、その感情(感覚)を言葉にして整理し、

感情を冷静に見れば、その感情は昇華出来ます。

昇華出来れば手放すことが出来るのです。


もう一度言いますが、そこには自分が悪かったなどの反省や、どちらが正しいなどの判断など

は挟まないでくださいね。

それをしてしまうと、また感情に振り回され、結果の出ないグルグルに陥ってしまい

いつまでもそこから出ることが出来なくなってしまいます。

客観的に、何も判断せずに、ただ感じている感情を言葉にするだけでいいのです。


そして、感情を昇華することができ冷静に起きた出来事を観ることが出来るようになれば

どうすればいいかの解決策のアイディアが出てきます。


とにかく、イヤな気持ちは早く手放した方がいいですよ。

波動エネルギー的からの観点からみても、いつまでもその感情を持っていると次の現実も

同じような現実を創造してしまいますから・・・

波動エネルギーの観点からみても、時間的な観点からみても、いつまでもイヤな気持ちを

持ち続けるのは得策ではないと思いますけど・・・


重い波動は引っ張る力が強いのです。

だから、しっかりと覚悟して”手放す”と決めなければ、その重い波動から抜けることが

出来ない・・ということをお伝えしたいと思います。


あなたに愛をこめてお伝えいたします。」



ありがとう アシュタール! 感謝します。


アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^


 ※ このブログ記事の転載は禁止とさせて頂きます。
当ブログへのリンク、に関しましてはこの限りではございません。
転載禁止に関しての詳しい記事はこちらこちらにありますので、
是非お読みいただければと思います。

       
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい






スポンサーサイト



 ← 「いただきます」は、誰に言う?HOMEあなた達には何も関係ないのです。

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1986-08bcdfaf ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi