世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ マインドで望んでいるけど、ハートは望んでいない・・ ]

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

必要なものは、必要なときに、必要なだけ・・手にすることが出来ます。


お金だけではなく、情報もそうです。

必要なときに入ってきます。

昔の人が言っていた格言?名言?ことわざ?などもそうです。

過去の言葉であっても、あなたの心に響いたのであれば、それはいま

あなたに必要な言葉だったのです。

(このブログの過去記事も同じです。過去のメッセージであっても、それがあなたの

心に響いたのならばそれは、いまのあなたに必要なメッセージだということです)


そして、あなたに本当にあなたが必要としているもの(お金も情報も物質も)は、

あなたのハートがエネルギー場にオーダーしているのです。

ハートがオーダーしたものが、ちょうどいいタイミングで手に入るのです。

分かりますか?


あなたは、そうやってアシュタールは言うけど、

どんなに欲しいと思っても手に入らないことがあるじゃないですか?・・と

言いますね(笑)


それは、ハートが望んでいるものではないのです。

マインドで望んでいるけど、ハートは望んでいない・・ということがあるのです。

不満ですね(笑)・・でも、そういうことがあるのです。

マインドでは欲しい、欲しいと思っていても、ハート(あなたの本音?ハイヤーセルフ?)

が本当に必要だと思わなければ手に入らないのです。


例えば、子どもがピアノが欲しいと言います。

他の子ども達は買ってもらっていると主張します。

でも、親の視点から見れば、それは必要ないと思います。

なぜなら、その子はピアノを習っていないし、ピアノを弾くことにもそんなに

興味がないからです。

でも、子どもはみんなが持っているから自分もピアノが欲しいと言います。

自分だけ持っていないのは、恥ずかしい・・と。

買ってくれればピアノを習って、一生懸命練習すると言います。

そういう時、親は子どもの本当の気持ちがわかりますね。

みんなが持っている、みんなが習っている・・だから欲しい。

でも、その子はピアノを弾くことに興味はないのです。

それがわかるから、親も必要ないと思うのです。


ちょっと無理やりな?たとえになってしまいましたが、そんな感じたと思って

ください。

子どもの意見はマインドです。

親の視点は、ハート?ハイヤーセルフ?なのです。


マインドは、本当に必要ではないものも欲しがったりします。

そして、必要なものを嫌がったりするのです。

だから、あなた達はいつも訳が分からなくなってしまい、不満に思うのです。


ハートは広い視点(俯瞰)で観ています。

マインドは目の前しか見えていないのです。

だから、マインドでほしがっても、広い視点から見れば必要ないものとなるのです。


でも、ハートが必要だと思うものは、必ずベストのタイミングで、必要なだけ、

手にすることが出来ます。

(子どもがピアノを弾くことが好きで、常にピアノのことを楽しんで考えているのを

みれば、親は子どもが何も言わなくてもピアノを買ってあげようと思います)

それを信じていれば、手に入らないからと焦れることがなくなり、いつも平和な

気持ちでいることが出来ます。


もし、いまあなたが欲しいと思っているけど、手に入らないものがあるとしたら、

それは広い視点から見てあなたに必要ないものか、

もしくはまだタイミングが来ていないか、なのです。


あなたは、テラに転生するときに目的(やりたいことの計画)を持ってきています。

テラで何を経験したいか・・という目的を持ってきているのです。

その目的のために必要なものは、必ず手にすることが出来ますので安心してください。

いまこの時を楽しんでいれば、必要なものはすべて手にすることが出来ます。


ものごとがスムーズに行くとき、それがあなたの目的への道にいるということです。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 感謝します。


アシュタールのメッセージの新作の動画は、「破・常識あつしの歴史ドラマブログ」

に掲載しています。

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね^0^


  [ ワークショップの日程です ]


大阪


3月 25日(土)  ワークショップ ステージ1(満席御礼)                  
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)
          ※キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^


           破・常識トークしてみるぅ~~(満席御礼)                 
                 14:00~18:00 (¥15000+消費税)
         ※キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^
                 

   26日(日)  ワークショップ ステージ2(満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)
         ※キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

            ワークショップステージ3 (満席御礼)                                  14:00~18:00 (¥20000+消費税)



藤沢


4月 22日(土) ステージ3(残1席)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

   23日(日) ステージ4(満席御礼)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

   26日(水) ステージ1(満席御礼)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

   27日(木) ステージ2(残1席)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

  
29日(土) 破・常識トークしてみるぅ~~(序の章)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

  30日(日) 破・常識歴史ゼミナール(満席御礼)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)


5月 3日(水) ステージ1
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

   4日(木) ステージ2
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)


   6日(土) ステージ3
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

   7日(日) ステージ4(満席御礼)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)


  13日(土) 破・常識トークしてみるぅ~(破の章)(残1席)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

   14日(日) ステージ4(満席御礼)
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)

  16日(火) 破・常識歴史ゼミナール
            13:00~17:00 (¥15000+消費税)


超次元ウイークのプログラムの詳細はこちらをごらんくださいね^0^


ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
(水曜、木曜はサロンの定休日になりますので、水曜、木曜にいただいたメールの返信は金曜に
なります事をご理解いただけると幸いです)
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


※ よろしければブログ、動画等にご自由に転載していただけるとうれしいです。
ただし、書籍など有料の媒体への転載はお断りさせていただいております。
そしてアシュタールのメッセージに関しては 短縮したりなど、
内容の変更は、エネルギー的な問題がありますので絶対に変えないでください。
なお 転載元(当ブログ)を明記、もしくはリンクしてください。
どうぞ よろしくお願い致します。

        
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい







スポンサーサイト



 ← 我慢は我慢なのです。HOME怖いのは、社会の抑圧。

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1902-49d5eb65 ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi