世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ おすそ分け文化・・ ]

真夏の超次元 ウィーク!・・・開催いたしま~~す

波動のことがわかれば、あなたも”波動使い”になれる!

”波動使い”であることを思い出すためのプロローグとして

ワークショップ 身体を持って次の次元へ行く ステージ1&2&3 

アシュタール ライブトークセッション 

を藤沢のサロンにて開催いたします^0^


8月 11日(木) ステージ1 

   12日(金) ステージ2

   14日(日) アシュタールライブトークセッション

   15日(月) ステージ3


詳しくは後ほど・・・

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますねぇ~~^^

「おすそ分け文化をまたはじめれば??

江戸のころの子たちは、おすそ分けでとてもうまくやってたわ。

縄文の子たちは、所有の意識、概念そのものがなかったから、おすそ分け

という考えもなかったの・・ただ、提供し合うだけ。


おすそ分け・・って言うのは、自分の持っているもの(所有物)を

少し差し上げる・・っていう考え方で、所有という概念的なところからの考え方よね。

(物々交換とは違うのよ。ある意味余ったものを差し上げる的な感じかな)


あなた達もこの所有という概念の社会にいるから、すぐに縄文の子たちのように、

ただ提供するだけの文化っていうのは、実現するのにはまだ難しいと思う。

だから、おすそ分けの文化をもう一度はじめればいいんじゃない?


おすそ分けなら、いまでもやってるでしょ?

その文化を大きく広げていけばいいのよ・・それなら簡単に出来るんじゃない?

そして、おすそ分け文化に慣れてきたら、今度は提供し合う文化に少しずつ

移行していけば、アシュタールが言ってる”個の時代”を無理せず、スムーズに

創造してけるんじゃないかしら。


おすそ分け・・ちょっと多めに採れたから、ちょっと多めに作ったから・・

だからまわりの人に上げる。

そうやって江戸の子たちは、必要なものを手にしてたわ。

江戸時代も長いから、一概には言えないけどね、庶民たちはお金なんてほとんど

使ってなかったわ。

みんなおすそ分けで生活してたの。

お金とか使い始めたのは、ずいぶん後期になってからよ。

明治になる直前くらいかしら。

お金を使いはじめてから、みんなの意識がどんどんおかしくなりはじめたわ。

この話になるとまた長くなるから・・話を戻すわね(笑)


たとえば、あなたが陶器を作るのが好きだとするでしょ。

陶器を作ることが好きなんだから、次から次へと作りたくなるじゃない。

家の中は陶器であふれるくらい(笑)・・じゃあ、そのあふれた作品を、欲しいと

思う人、必要としている人におすそ分けすればいいじゃない。

そしたら、またもっと作ることが出来るでしょ。


農作物を作るのが好きな人もそう。

作物が出来るのが楽しくてうれしくて仕方がないって思う人は、どんどん作れば

いいのよ・・そしてたくさん出来たら、必要としてる人におすそ分けすればいい。


お金のために農作物を作ってると、たくさん出来ても値段が下がるからって、

売らないで廃棄したりするでしょ・・なんてムダなことをしてるのかしらって思うわ。

その手塩にかけた農作物、みんなにおすそ分けすればみんな幸せになるんじゃない?


とにかく、お金のためにする仕事は無駄が多すぎるわ。

江戸の子たちの社会がエコ(循環型で無駄がない)だったのは、そうやって

お金を稼ぐことばかりを考えないでおすそわけの文化を確立してたから。


循環がいい社会は無駄もないし、食べることが出来ない人などいなかったわ。

これもまた話がそれちゃうけど、江戸の人たちは貧しくて食べるにも困る人たちが

たくさんいた・・な~~ンて話は全くのつくり話だからね。

封建制度のもと、江戸の人たちは苦しんでいた・・それを明治維新という素晴らしい

革命が起き、人々は解放され自由になり、豊かになった・・明治維新バンザイという

流れを作るために江戸時代を悲惨な時代というイメージに作り上げたの。


江戸の子たちは、おすそ分けの文化で循環のいい楽しい生活をしていたわ。

いまのあなた達のように孤立して助け合うことも出来ないような社会よりよほど

自由で豊かな社会だったのよ。

助け合う・・そんなの当たり前だから、助け合うなんて考えもなく当たり前にしていた。

手を差し伸べるのが当たり前だから、手を差し伸べられるのも当たり前。

助けるのも、助けられるのも、当たり前・・わかる? 助けてもらったから何か

恩義に思うなんてこともなかったから、すごく当たり前に助けを求めることも出来たの。

受け取ることがとても上手だったってこと。

あなた達は、受け取ることがとても下手なの。

だから、循環出来なくて苦しくなるのよ。


もらったら、ありがとうって言って気持ちよく受け取ればいい。

そして、自分が出来ることがあれば他の人にしてあげればいい。

Aさんからしてもらったから、Aさんにお返ししなければいけない・・な~~ンて

ことを考えるから循環しないの。

Aさんから何かしたもらったら、今度はBさんに何か出来ることで手助けすればいいの。

そしたら今度はBさんがCさんに手助けするでしょ。

そしたら、Cさん→Dさん→Eさんってどんどん手助けしていく輪が出来る。

で、まわりまわってKさんがAさんの手助けをするってことになる。

こうして手助けの輪が循環していくの。

この輪が循環すれば、みんなが豊かになれるってこと。


これがおすそ分けの文化!

無理して持ってもいないものを上げる必要はない。

自分で使いきれないもの、食べきれないものをおすそ分けすればいい。

自分で何か作るときに、ちょっとだけ大目に作って人におすそ分けするだけでいい。

楽しんで作ればもっとつくりたくなる・・だからたくさん作って人にもらってもらう。


こうして考えていけば、輪は循環するのよ。

輪が循環すれば、江戸の子たちのようにお金に依存しなくても十分豊かに

生活することが出来るのよ。


おすそ分け文化・・素晴らしいと思わない?


あなた達を心から愛してるわ~~」



ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~~^0^



もう世界はグチャグチャです・・どんだけぇ~~って思うくらいひどいことになってます。

その中でも特に日本の国は、荒れ狂う海を方向性を見失ってただ彷徨っている小舟のような

様相を呈しています。

どうしたらいいの??


アシュタールやさくやさんは、戦わないインディアンになってください・

って教えてくれています。                                              

戦わないインディアン・・波動を軽くして、共振する波動領域を住み分ける・・

ってことだそうです。

この後どうなっていくんだろうっていう不安で、崩れていく世界と同じ領域に共振していると

その現実を見ることになってしまいます。

波動を軽くし、重い波動領域からそっと離れ、住み分ける・・それが一番だと思います。


そのためには、波動のことを知り、波動を使いこなす”波動使い”になればいい・・

・・ということで、みんなで楽しく 意識的に

波動を軽くするワークショップを開催しようと思います

藤沢のサロンで開催する ステージ1&2は それぞれ60分の

アシュタールライブトークセッション、破・常識ぶっ飛びトーク・シヨウ が

入っててお得ですよ~~。


 ステージ 1 ¥15000 + 消費税 (定員 13名)

     ☆ 波動(エネルギー)とは? 破・常識セミナー

     ☆ 波動(エネルギー)を 実際に感じ・使ってみる 

               エネルギーワーク

               松果体ワーク

     ☆ アシュタールライブトークセッション


                  
 ステージ 2 ¥15000 + 消費税(定員 13名)

   ステージ1の続きになりますので これまでに 

   ステージ1を受けられた方のみのワークショップになります

    ☆ 一体呼吸瞑想法

    ☆ テラフィールド瞑想法(アースフィールド瞑想法から名前変わりました。
                  内容は一緒です)


    ☆ 破・常識 トーク・シヨウ

  メモ・筆記用具を お持ち下さい。



ステージ3 ¥15000+消費税(定員 13名)

「パラレルワールドを移行する」~波動を使いこなし、波動使いになる~



☆ 破・常識セミナー

             ・魔法使い、陰陽師、波動使い について。

             ・人間の本来の能力(超感覚)について


☆ 体験ワークショップ


             ・感覚を研ぎ澄ますためのリラックス法


             ・対立と調和 コントロールのエネルギーの違いの体験。

             
             ・重い波動(エネルギー)から身を守るツール 

              光の壁をつくる方法



申し訳ございませんが・・

ワークショップ ステージ3は、ステージ1、2にご参加頂いて1か月以上経たれた方の

ステップアップのプログラムになります^^;
            

 アシュタールライブ トーク セッション  ¥10000 + 消費税(定員 13名)


など 盛りだくさんの内容です。

積極的に波動を軽くしていきたい・・

波動使いになって、重い波動領域と住み分けたい・・と、

思っていらっしゃる方の ご参加をお待ちしております


8月 11日(木) ステージ1 13:00~17:00
                (¥15000+消費税 定員13名)
   
   12日(金) ステージ2 13:00~17:00
                (¥15000+消費税 定員13名)
 
    
   14日(日) アシュタールライブトークセッション 
                13:00~17:00
                (¥10000+消費税 定員13名)
    
   15日(月) ステージ3 13:00~17:00
                (¥15000+消費税 定員13名)
    

詳しくは こちらをご覧くださいね。

ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


   [ ワークショップの日程です ]

名古屋

7月 16日(土)  ワークショップ ステージ1 (満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)
           ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^


            アシュタールライブトークセッション (満席御礼)                                                               14:00~18:00 (¥15000+消費税)
           ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^
      

    17日(日)  ワークショップ ステージ2
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

             ワークショップ ステージ3
                 14:00~18:00 (¥20000+消費税)


ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでに お申込みいただいた方で こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。


※ よろしければご自由に転載してください。
ただ アシュタールのメッセージに関しては 短縮したりなど、
内容の変更は、エネルギー的な問題がありますので変えないようにお願い致します。
そして 転載元(当ブログ)を明記していただければ幸いです。
どうぞ よろしくお願い致します。
        
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい




あなたのブログにも ↑のリンクを張っていただけると メチャメチャ嬉しいで~~す^0^
リンクしま~~す・・のときは お知らせいただけると ありがたいです^0^
よろしく お願いしま~~す。


Muu Free Club に是非ご参加ください!



登録の仕方は・・


Muu Free Club 登録の流れ をご参照くださいね。

とても 簡単ですので ご興味のある方は 是非 ご参加くださいね。


スポンサーサイト



 ← 織姫と彦星のラブストーリー???HOMEあなたは、レベル3ね!

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1636-511e28ba ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi