世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ お化けの話! その2 ]

昨日の続きになります^^


じゃあ、殺された人のたたり・・とか言うのはないんですか?

「ないと言えばないこともないですけど・・」


なんかややこしい発言だけど(笑)・・・あるの?ないの?(笑)


「さっきお伝えしたように、何かの執着があって異次元にとどまることを選択した人も

居るわけですよね。

ですから、その恨み?(イヤな言葉ですが)のためにそこに居る人もいるにはいます。

彼ら(異次元にとどまっている人たち)も、その感情に縛り付けられて(自らそれを選択

しているのですが)苦しい思いをしています。

だからといって、その人達が物質世界に生きている人に何か出来るかというと、

出来ないんです。

どうしてかというと、波動領域が違うから手出しは出来ません。

(これはまたややこしくなりますが手出しが出来るテクニックを持っている人はいて、

その人達だけは物質世界に関与することが出来るのです。

でも、それは物質世界に直接関与するのではなく、物質世界の人の思考を操作して

物質を動かす・・と言う方法ですが。

この話をするととても長くなりますし、迷子になってしまいますので今日は止めておきますね)

だから、たたりで何か悪いことが起きる・・などというのはほとんどないと

言ってもいいですね。

どちらかというと、その感情に縛られて波動領域を移行できない人の方が辛いということです」




じゃあ、その恨み?の感情に縛られてしまった人たちを、どうやったら成仏?って

いうんですか、違う波動領域にいって頂くことが出来るのですか?



「わかっていただくしかないですね。

もし、その方たちが物質世界に関与してきたとしたら、お話ししてその感情を手放せば

楽になることをお伝えして、納得して頂けばいいと思います。

誰かが無理やり力ずくで波動領域を移行させることは出来ません。

自分で移行することを決めなければどうしようもないのです。

物質世界にいる人たちが出来るのは、お話しすることだけなのです。」




・・えと、そしたら・・よく戦場とかで見かけられるお化け?幽霊?達は、その時の戦場での

いろんな感情に縛られてそこに居る・・ってことですか?

ずっと苦しみながらもそこから離れることが出来ない状態にいるってことですか?



「それは、違う話になります・・これもまた迷子になりそうな話になりますが・・

先ほども、次元には時間も空間もないとお伝えしました。

空間も時間もないのです。

ですから、そこらじゅうに透明人間がいるという話になりました。


今度は時間というものはないというお話しになります。

時間というのは、あなたが思っているような直線の定規のようなものではないのです。

どう表現すればいいのか・・とても難しいですが・・

過去もいま現在も未来も同時にあるのです。

3本の川のようなものだとイメージしてみてください。

それぞれ平行に流れています。

交わることはないのです。


でも時々、リンクすることがあるのです。

過去の川に一瞬リンクしてしまうことがあるのです。

それが、過去の亡霊?お化け?が見えた・・という話になるのです。


たとえば、行進している兵隊さんたちが見えた・・という話があるとします。

その兵隊さんたちは、ずっと昔からそこにとらわれてずっと行進をしているわけでは

ありません。

いま現在、幽霊?お化け?となってそこに居るわけではないのです。

地縛霊・・そこに縛り付けられている霊、お化けというのはいないのです。


じゃあなぜ昔の兵隊さんたちが、いまそこを行進している姿が目撃されるのか?

それは、過去の川とリンクしているからです。

その場所を訪れた人たちが、あ~、ここを兵隊さんたちが行進したのね・・と思います。

その思考が過去とリンクするので、過去の”いま”行進している兵隊さんたちを目撃することに

なるのです。

迷子になってしまいましたか?(笑)

兵隊さんたちは、いま行進しているのです。

その兵隊さんたちは、あなたから見て過去ですが、その兵隊さんたちにとっては、

いまなのです。


過去のいま、と、いま現在のいま、がリンクしてしまって、過去のいまの人を目撃した・・

ということになります。

だから、その兵隊さんたちはかわいそうな人たちではありません。

恨みや何かの執着でそこに縛り付けられているわけではないのです。

だから、その人達がまだいると思って、何かする(お祓い?お供え?祈り?)などは

必要ありません。

その思考をすると、またリンクしやすくなって、その兵隊さんたちを目撃することになります。

事故現場などもそうです。

そこが事故現場だという思考があるから、いろんなものを目撃してしまうことになるのです。

事故に合った人はそこにはいません。

そこから離れられなくて、ずっとそこに縛り付けられているのではないのです。

地縛霊になっているわけではありません。


事故当時の過去のいまとリンクしてしまうから、そこにその人が見えるだけなのです。

地縛霊という存在はない・・ということですね。


お化け?幽霊?霊体?・・というものに関しては、この3つの要因が大きいです。

他にもありますが、これ以上お話しするともっと?????になって分けがわからなくなり

そうですので、このテーマに関してはこのくらいにしておきたいと思います(笑)


ですので、むやみやたらにお化け?幽霊?を怖がったり、かわいそうの思う必要はない・・

とお伝えしたいと思います。

その人達もあなたと何も変わらない個性のエネルギーだということです。

ただ、あなたのような物質の身体に入っていない、そしてあなたの次元領域にいない・・

それだけのことです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。



   [ ワークショップの日程です ]

藤沢

7月 2日(土)  ワークショップ ステージ1 (満席御礼)
                 13:00~17:00 (¥15000+消費税)
           ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^

    3日(日)  ワークショップ ステージ2 (残1席)
                 13:00~17:00 (¥15000+消費税) 


名古屋

7月 16日(土)  ワークショップ ステージ1 (満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)
           ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^


            アシュタールライブトークセッション (満席御礼)                                                               14:00~18:00 (¥15000+消費税)
           ※ キャンセル待ちお受けいたします。ご希望の方はご連絡くださいね^^
      

    17日(日)  ワークショップ ステージ2
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

             ワークショップ ステージ3
                 14:00~18:00 (¥20000+消費税)


ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでに お申込みいただいた方で こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。


※ よろしければご自由に転載してください。
ただ アシュタールのメッセージに関しては 短縮したりなど、
内容の変更は、エネルギー的な問題がありますので変えないようにお願い致します。
そして 転載元(当ブログ)を明記していただければ幸いです。
どうぞ よろしくお願い致します。
        
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は 超次元サロンMuu  へお越し下さい




あなたのブログにも ↑のリンクを張っていただけると メチャメチャ嬉しいで~~す^0^
リンクしま~~す・・のときは お知らせいただけると ありがたいです^0^
よろしく お願いしま~~す。


Muu Free Club に是非ご参加ください!



登録の仕方は・・


Muu Free Club 登録の流れ をご参照くださいね。

とても 簡単ですので ご興味のある方は 是非 ご参加くださいね。


スポンサーサイト



 ← 私の・生まれた・意味・・・HOMEお化けの話!

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1621-2f35ea63 ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi