世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 怖れの先にある自由! ]

    

一昨日だったな・・ケーブルテレビで「劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!

ウルトラ10勇士!! 」ってのをやってたんですね。

ウルトラマン好きな私は、これは見るしかないと思いました(笑)

まぁ、突っ込みどころは満載でしたが^^; 

でも、結構真理をついてるなぁ~~って思いましたよ。

出て来る怪獣が、人の思考を操作してその人が一番怖がっているものを見せたり、

記憶を入れ替えたりするんです。

人の恐怖心と復讐心を操りウルトラマン達を攻撃していく怪獣。

でも結局その怪獣が一番恐れていたのは・・・だったのです。

ネタばれすると叱られそうなので・・

ご興味のある方は映画をご覧になってくださいね(笑)


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

いつも言いますが、あなた達の社会システムも同じです。

あなた達の不安、恐怖の上に成り立っているシステムなのです。


あなた達を支配・コントロールしている存在たちは、あなた達には直接的には何も

していないのです。

彼らがしているのは、あなた達の思考の操作なのです。

思考の操作・・それが、常識、倫理、道徳、戒律、規律といわれるものです。

彼らは、思考がエネルギーだということをよく知っています。

知り尽くしています・・ですから、操作の方法をよく知っているのです。


思考を操作すれば、あなた達の現実を操作することが簡単に出来るのです。

そして、特に不安、怖れを持たせることで、よりあなた達を支配出来ることも知って

います。

彼らがあなた達に見せている?感じさせている?恐れは大したことではありません。

とてもすごく大変なことだと思わせているだけです。


特に”死”に対する怖れを操作することで、あなた達を出口のない狭い世界へ閉じ込める

ことが出来るのです。

いまあなた達が怖れを感じているのは、”死”と”お金”です。

どちらも怖れることはないのです。

”死”は、ただ身体を脱ぐだけのことであって、あなた自身は何も変わらないのです。

”お金”もなくても十分豊かに生きていけます。


そして、彼らが一番怖れているのはそのことがあなた達にわかってしまうことです。

いま一番怖れているのは、あなた達ではなく彼らの方だということをわかってください。


あなた達は何も怖がることはないのです。

怖いと思うことにしっかりと目を向けてみてください。

怖がって逃げていると、いつまでも追いかけてきます。

そして、どんどん大きくなって行きます。

でも、逃げずに向き合ってみると大したことじゃないことがわかります。

怖ろしい怪獣だと思っていたものが、実は小さな犬だったみたいなものです。

怖いお化けだと思っていたものが、風に吹かれなびいている柳の木だったみたいなものです。


彼らの怖れを煽る情報をしっかりと見てください。

怖がりながら見るのではなく、真実を見ようと意図してみてください。

そうすると、怖くないことが分かります。

金融が崩壊します・・と言う情報を見ても、人びとが協力しあえば何も困らないことが

わかります。

病気も死も怖いものではないことが分かってきます。


それが起きはじめているのです。

人々が怖れと向き合いはじめ、真実を見ようとしはじめているので、彼らはとても

焦っています。

あなた達に真実がバレてしまうという彼らにとって一番怖ろしいことが起きはじめて

いるのです。

だから、とにかくあちこちでいろんな恐怖をまき散らそうと躍起になっています。

でも、真実に目が向きはじめているあなた達は、もうその手には乗らなくなっています。


怖れから目をそらさず、怖れの先にある真実に目を向けてください。

怖れの先に真実があります。

怖れの先に自由があるのです。


少し勇気を出して、怖れの先に進んでくださいね。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。



今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 心から感謝しています。
マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそう
です^^ マウスに中ボタンある方はオススメです。
shiftキーを押しながら ポチしていただいても 切り替わらずポチれるそうです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

   [ ワークショップの日程です ]

大阪

 4月 9日(土)  ワークショップ ステージ1 (満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)

            ライブトークセッション(満席御礼)
                 14:00~18:00 (¥15000+消費税)
           ※ キャンセル待ちお受けいたします。 ご希望の方はご連絡くださいね。
                 
   10日(日)  ワークショップ ステージ2(満席御礼)
                 10:00~13:00 (¥15000+消費税)
             
            ワークショップステージ3
                 14:00~18:00 (¥20000+消費税)

        ※ ステージ1&2に関しましては、キャンセル待ちの受け付けを終了させていただきます。


藤沢

4月 29日(金) ステージ1 13:00~17:00 (満席御礼)
                (¥15000+消費税 定員13名)
   
   30日(土) ステージ2 13:00~17:00 
                (¥15000+消費税 定員13名)
   
5月  2日(月) ~個の時代へ向かって 立ち上がる~ (満席御礼)
                13:00~17:00
                (¥15000+消費税 定員12名)
    
    3日(火) アシュタールライブトークセッション 
                13:00~17:00
                (¥10000+消費税 定員13名)
    
    5日(木) ステージ1 13:00~17:00(満席御礼)
                (¥15000+消費税 定員13名)
    
    6日(金) ステージ2 13:00~17:00
                (¥15000+消費税 定員13名)
    
    8日(日) ステージ3 13:00~17:00 (満席御礼)
                (¥15000+消費税 定員13名)


ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでに お申込みいただいた方で こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。


※ よろしければご自由に転載してください。
ただ アシュタールのメッセージに関しては 短縮したりなど、
内容の変更は、エネルギー的な問題がありますので変えないようにお願い致します。
そして 転載元(当ブログ)を明記していただければ幸いです。
どうぞ よろしくお願い致します。
        
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は スピリチュアルMuu へお越し下さい




あなたのブログにも ↑のリンクを張っていただけると メチャメチャ嬉しいで~~す^0^
リンクしま~~す・・のときは お知らせいただけると ありがたいです^0^
よろしく お願いしま~~す。


Muu Free Club に是非ご参加ください!



登録の仕方は・・


Muu Free Club 登録の流れ をご参照くださいね。

とても 簡単ですので ご興味のある方は 是非 ご参加くださいね。


スポンサーサイト



 ← 感覚を外界から遮断する??HOMEいつもいつも比較と競争・・

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1532-ded31deb ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi