世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ 病名に振り回されないでください。 ]

ADHD(注意欠如多動性障害)・・最近本当によく聞く病名ですね。

なんかこれがADHDだ・・っていうチェックリストも見ましたが・・

こんなのみんなじゃん(笑)みんなADHDじゃん(笑)・・って思いました。

なんか一見すごく客観的に診断できるように見えるけど、やってる本人の

主観に大きく左右される感じで、何にも分からない。

例えば・・

約束や、しなければならない用事を忘れたことが、どのくらいの頻度でありますか。

って言う質問だって、人によってとらえ方が違うだろうし、まじめな人は

ちょっとしたことでも大きくとらえるだろうし、おおらかな人はそんなの忘れたうちに

入らないってカウントするだろうし・・・

真面目な人ほど、自分はADHDだって悩むことになるんでしょうね。

診断するお医者さんの性格や考え方によっても大きく左右されるでしょうしね。

結局、ADHDっていう病気はなんなんだ・・って思う訳です・・ミナミは^^;

・・そして、ちょっと気になる記事を見つけました^^;

「ADHDは作られた病であることを『ADHDの父』が死ぬ前に認める」

この記事に関しては、いろんなご意見があるとは思います。

でも、こういう情報もあるということは知っていても損はしないと思います。


あと、最近ホントに”統合失調症”と言う病名を耳にします。

あっちこっちで、統合失調症だって診断されたって話を聞きます。

日本にどんだけ”統合失調症”の人がいるんだ~~って思いますね。

身体の具合が悪いからってお医者さんに行ったら、身体的に原因がよくわからない、

身体的には何も異常がないからメンタルなところが原因でしょう・・と言われ、

神経内科を紹介され診察に行ったら、統合失調症と診断され薬を処方された・・という

お話しをよく耳にします。

なんだかなぁ~~~、なんだかなぁ~~、ホントになんだかなぁ~~です。


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します

身体の不調に名前を付けないでください。

名前をつけると、その名前に応じた症状を自分で作りだすことになります。

症状はあります。それは事実です。

でも、それはそれで自分の身体が自分で治してくれます。

自分の身体の声を聴き、その通りにしていれば身体は元に戻ります。


例えば、あなた達がとても怖がっているガンというものも、特殊なものでは

ないのです。

がん細胞は常にあなたの身体の中で出来ています。

でも、それに気が付いていないだけです。

そして気が付かないうちに治っているのです。

身体が元の細胞に戻しているのです。

でも、もし何か検診のようなものに行って、わざわざそのガン細胞を見つけたとします。

その時から、あなたはがん患者となるのです。

がん患者は、(ガンの部位によって違いますが)こういう症状があって、

こういう経過をたどり、最後はこうなるのです・・という道筋を丁寧に教えられます。

それを受け入れた時にあなたは、あなたの身体を自分でそのようにデザインして

行くのです。

そして 立派ながん患者となっていくのです。

分かりますか?

思考はエネルギーです。

思考が先、現実はあと。

あなたの思考が、がん患者になってしまえば、現実的にもあなたの身体はガン患者に

なっていきます。


名前が付く・・というのはこういうことです。

エネルギーを流す的が出来るということです。

的があると、エネルギーを流しやすくなります。

ピンポイントでそこにエネルギーを流してしまうために、とても現実化しやすく

なるのです。

だから、あなた達にあまり健康になってほしくない(薬を売りたい)人たちは、

どんどん病名を作っていくのです。

病名さえ作れば、そしてその病名にモデルケース(こういう症状があって、こういう

過程を通して、最悪の時にはこうなります)を作り、恐怖心を煽れば、あなた達は

自分でその病名に合った症状をつくりだし、医療を受け、薬を飲むからです。

とても大きな利益になります。


そして 数値はいくらでも操作できるのです。

血圧も、10年ほど前にはまるで違う数値でしたね。

少しご自分で調べてみればすぐにわかります。

数値を操作することで、病人を(薬を飲む人を)増やすことが出来るのです。


何か身体の不調を感じても、そこに名前は付けないでください。

不調だな・・じゃあどうすればいい?・・と身体に聞くだけでいいです。

身体はすべてを知っています。

そして、あなたの身体を構成している細胞ひとつひとつに対して感謝のエネルギーを

送ってください。

そのエネルギーが身体の回復を助けてくれます。


あなたの身体を治すのは、薬や治療ではないのです。

あなたの身体を治すのは、あなたの身体が備えている自己治癒力なのです。

自己治癒力を信じてください。

薬がすべて悪いと言っているわけではありません。

薬が身体の治癒を助けてくれることもあります。

でも逆に考えないでください。


そして、心が疲れた時は薬ではなく、心を休ませてください。

心が休まるようにストレスから遠ざかればいいだけです。

心が疲れれば身体も不調になります。

うつという病気はありません。

ただ 疲れているだけです。

多動症と言う病気もありません。

それは、個性なのです。

パニック障害もありません。

それは、エネルギーに敏感になってしまっているだけです。

疲れは、薬ではどうにもなりません。

休むしかないのです。


病名に振り回されないでください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります


今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 心から感謝しています。
マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそう
です^^ マウスに中ボタンある方はオススメです。
shiftキーを押しながら ポチしていただいても 切り替わらずポチれるそうです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

   [ ワークショップの日程です ]

藤沢


12月 19日(土) ステージ1 (¥15000+消費税) 
                   13:00~17:00 定員 13名

     20日(日) ステージ2 (¥15000+消費税)(残2席
                   13:00~17:00 定員 13名

神戸


12月 27日(日) ステージ1 (¥15000+消費税)(満席御礼) 
                 10:00~13:00 定員 15名

            アシュタールライブトークセッション (¥15000+消費税)
                 14:00~18:00 定員 20名(満席御礼

詳しくは こちらをご覧くださいね。

ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでに お申込みいただいた方で こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。


※ よろしければご自由に転載してください。
ただ アシュタールのメッセージに関しては 短縮したりなど、
内容の変更は、エネルギー的な問題がありますので変えないようにお願い致します。
そして 転載元(当ブログ)を明記していただければ幸いです。
どうぞ よろしくお願い致します。
        
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は スピリチュアルMuu へお越し下さい




あなたのブログにも ↑のリンクを張っていただけると メチャメチャ嬉しいで~~す^0^
リンクしま~~す・・のときは お知らせいただけると ありがたいです^0^
よろしく お願いしま~~す。


Muu Free Club に是非ご参加ください!



登録の仕方は・・


Muu Free Club 登録の流れ をご参照くださいね。

とても 簡単ですので ご興味のある方は 是非 ご参加くださいね。


スポンサーサイト



 ← ”夢名”を付ける・・HOMEいわゆる”楽”じゃない・・

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1430-fc15a4c2 ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi