世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ ジム・キャリーの映画、ヤバかった^^; ]

破・常識 ぶっ飛びトーク・シヨウ! とうとう明日となりました^^

13:00~となりますが、5分前からADさんの前説がありますので、

お時間少し余裕を持っていらしてくだされば嬉しいです^0^

会場は12:30~開いてま~す。

場所は 湘南台西口D出口を出ますと 目の前にみずほ銀行が見えます。

左側にサンクスがあり その間の道を道路に突き当たるまでお歩きください。

左角に 居酒屋さんの暖簾がかかっている入り口がありますので、

それをくぐり 階段を上がるとエレベーターがあります。

その3階が会場になります。

・・ということで ご参加下さいますみなさま 

どうぞよろしくお願いいたします。

あ、まだお席はございますので、ご希望の方はご連絡くださいね。

ドタ参加OKです^0^



昨日 「トゥルーマン・ショウ」っていう洋画を見ました。

いやぁ、この映画はヤバいです。

これって 絶対いろんな事を知っている人が描いたものですね。

前にも一度見たことがあったんですけど、その頃はまだ私もな~~ンにも

知らなかったんで ただ面白いなぁ~~程度の感想しか持ちませんでした^^;

けど いろんな情報を知ってみてみると・・・・^^;

この映画がどちらの方向へ情報を持っていこうと思っているのかわかりませんが、

・・たぶん あまりいい方向ではないと思いますが(苦笑)・・こうやって

ちょこちょこ真実を入れてる映画って たくさんあるんですね。


この映画を知らない方もいらっしゃると思いますので ちょっとあらすじを・・


「典型的なアメリカ市民・トゥルーマン。

だが彼の暮らす環境は、どことなく不自然だ。

それもそのはず、実は彼の人生は、隠しカメラによってTV番組「トゥルーマン・ショー」

として世界中に放送されていたのだ!家族や友人を含めたこれまでの人生が

全てフィクションだったと知った彼は、現実の世界への脱出を決意する…。

メディアによって作られた人生の悲喜劇に、

見事なリアリティを与えているジム・キャリーの熱演が光る傑作コメディ。」


トゥルーマンが 今までいた意図的に作られた世界を出ようとするときに、

この世界をつくったディレクターがトゥルーマンに言うんです。

「外の世界に真実は無い・・外は ひどい世界だからここにいろ・・」みたいな事を

言うんですね。

でも トゥルーマンは、壁に仕掛けられていたドアを開けて外に出ていく・・。

ある意味「 マトリックス」と同じ感じの映画です。


こんな映画をみると、私たちの今いる世界は、やっぱり誰かによって意図的に作られた

小さな世界なんじゃないかな・・って、本気で思ってしまいますね。

ここから出ることが出来るドア・・どこにあるんだろ???


では 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

ドアは もう開いています。

あなたは いつでもそこから出られるのです。

ドアを見つけるカギは 感覚です。

そして 怖れを手放す少しの勇気です。

これ以上行ってはいけない・・と教え込まれたところを踏み出す勇気です。

これ以上は何もない、これがあなたの世界です・・と、教え込まれたあなたのマインドは、

新しいことをしようとすると、冒険しようとすると必死で止めます、

危ない、出来ない、常識では考えられない、そして お前には無理だ・・と、

叫びます。


マインドは 過去のデータを持ってきて出来ない理由ばかりを叫びます。

しかし マインドが知っているのは、あなたの世界の中でだけ通用する小さな常識、

狭い知識だけなのです。

マインドは その外側の広くて大きな世界を知りません。

そこにはたくさんの真実の情報、知識がありますが、マインドではその情報を受け取る

事が出来ないのです。

なぜならば それを受け取ってしまうと今までのすべての常識が覆ってしまうから・・

今までの知識、常識にとらわれ 凝り固まっているマインドは それを拒否する方向へ

向かいます。

いつまでも 今までの常識が通用する慣れ親しんだ世界にいようとするのです。

変化を嫌い、冒険なんてとんでもない・・と叫びます。

ですから、ドアを探しそこから出たいと望むのであれば マインドを静かにさせ

感覚、直感、ひらめきなどに耳をすましてください。

感覚、直感、ひらめきなどは、あなたの世界の外側からくる情報であり知識なのです。

それは ドアの向こうの世界からのコンタクトなのです。


小さくても 何か疑問や違和感を感じる・・それを大切にしてください。

それが ドアをさがしそこから出る大きなカギになります。


ドアはすでに開いています。

あとは ドアを見つけ少しの勇気を持って足を踏み出すだけです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからも あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

Facebookページ ミナミAアシュタールの1%プロジェクト
に”いいね”をしていただけると すご~~く嬉しいです^0^
詳しくは 「チャレンジ 第2弾」をご覧くださいね^^

そして 人気ブログランキングへの 応援ポチの方も どうぞよろしく
お願いいたします。
破・常識あつしの歴史ドラマ ブログ!
地球(テラ)が見ていた日本の歴史の真実!
の 応援ポチをお願いいたします。

今日もポチッとしていただいて ありがとうございます。 心から感謝しています。
マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそう
です^^ マウスに中ボタンある方はオススメです。
shiftキーを押しながら ポチしていただいても 切り替わらずポチれるそうです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

   [ ワークショップの日程です ]

藤沢

3月 22日(日) 破・常識 ぶっ飛びトーク・シヨウ!(¥5000 税込)
                   13:00~15:30 

詳しくは こちらをご覧くださいね。

名古屋

4月 11日(土) ワークショップ ステージ1(¥15000+消費税)
                   10:00~13:00 定員 15名

          ~個の時代へ向かって 立ち上がる~(¥20000+消費税)
                   14:00~18:00 定員 12名

    12日(日) ワークショップ ステージ2(¥15000+消費税)
                   10:00~13:00 定員 15名

          アシュタール ライブトークセッション(¥15000+消費税)
                   14:00~18:00 定員 20名 

名古屋に関して 詳しくは こちらをご覧ください

ご興味のある方は ぜひ ご参加ください。

お申込みは お電話 0466-43-5001 もしくは お問い合わせ より

お願いいたします


頂いたお問い合わせのメールには 必ず返信させていただいております。
もし 何日も返信がない場合は お手数ですがお電話いただければ幸いです。
そして お問い合わせの際には 必ずご連絡先電話番号をお書きくださいね。


すでに お申込みいただいた方で こちらからまだ返信がない場合は
メールが届いていない可能性がありますので ご連絡いただけると幸いです。
お電話番号を頂いていない方は こちらから連絡できませんので
どうぞよろしくお願いいたします。


※ よろしければご自由に転載してください。
ただ アシュタールのメッセージに関しては 短縮したりなど、
内容の変更は、エネルギー的な問題がありますので変えないようにお願い致します。
そして 転載元(当ブログ)を明記していただければ幸いです。
どうぞ よろしくお願い致します。
        
-----------------------------------------------------------------------




スピリチュアルなことに お悩み ご相談 
エネルギーワークなどにご興味がある方は スピリチュアルMuu へお越し下さい




あなたのブログにも ↑のリンクを張っていただけると メチャメチャ嬉しいで~~す^0^
リンクしま~~す・・のときは お知らせいただけると ありがたいです^0^
よろしく お願いしま~~す。


Muu Free Club に是非ご参加ください!



登録の仕方は・・


Muu Free Club 登録の流れ をご参照くださいね。

とても 簡単ですので ご興味のある方は 是非 ご参加くださいね。



スポンサーサイト



 ← 自立した大人同士の関係HOMEあなたのためだけに・・・

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

この記事のURL
 [ http://5minami5.blog35.fc2.com/tb.php/1149-825b45df ]

HOME
Copyright © 2017 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi