世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ チャップリンの史上ベストスピーチ! ]

チャップリンの 名スピーチです。

とにかく聞いてください。

New World さんから転載させていただきます。


<転載開始>

「人間は 助け合うことで幸福になれる」


日本の国を、大きな不信が包み込み、信頼に亀裂が入っている状態が続いている。

同じ立場の者、違う立場の者がそれぞれを主張し、傷つけあっている。

助けるべき人に手を差し伸べず、見るべきものから目をそらし、

幻想の社会をひたすらに持続しようとしている。




紹介する動画は、1940年に上映されたチャーリーチャップリンの映画「独裁者」の中で、

ヒットラーのダブルの床屋が兵士たちの前で演説するシーンである。

チャーリー・チップリン自身によって書かれ、史上でもっとも感動的なスピーチとも言われ、

各国の言葉に訳され、世界中に広められているスピーチである。






—全文——————-

申し訳ないが。私は皇帝になどなりたくない。
支配も征服もしたくない。できることなら、皆を助けたい。
ユダヤ人も黒人も白人も。
私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。
お互いの幸福と寄り添いたいのだ、、お互いの不幸ではなく。
憎み合ったり、見下し合ったりしたくないのだ。



この世界は全児類が暮らせるほど大地が豊かで、
皆に恵みを与えてくれる。
人生は自由で美しい。



しかし、私たちは生き方を見失ってしまった。



欲が人の魂を毒し、
憎しみと共に世界を閉鎖し、
不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを手に入れ、
自分自身を孤立させた。



ゆとりを与えてくれる機械により、
貧困を作り上げてしまった。
知識は私たちを皮肉にし、
知恵は私たちを冷たく、無情にした。



私たちは考え過ぎ、感じなさ過ぎる。



機械よりも、人類愛が必要なのだ。



賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。



そういう感性なしでは、世の中は暴力に満ち、
全てが失われてしまう。



飛行機やラジオが、私たちの距離を縮めてくれた。
そんな発明の本質は、人間の良心に呼びかけ、
世界がひとつになることを呼びかける。



今も、私の声は世界中の何百万の人々のもとに届いている。



何百万の絶望した男性たち、女性たち、小さな子供たち。
人々を苦しめる組織の犠牲者たち。
罪のない人たちを投獄させる者たち。



私の声が聞こえている人たちに言う、



絶望してはいけない。



私たちに覆いかぶさる不幸は、単に過ぎ去る貪欲であり、
人間の進歩を恐れる者たちの憎悪なのだ。

憎しみは消え去り、やがて独裁者たちは死に耐えるだろう。



人々から奪い取られた権力は、人々のもとに返されるだろう。
決して、人間は永遠に生きないように、決して自由は滅びることもない。



兵士たちよ。
獣たちに身を託してはいけない!
君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは
君たちが何をし、何を考え、感じるかを指図する。
君たちを鍛え、食事を制限する者たちは、
君たちを家畜として、ただのコマとして扱うのだ。
身を託してはいけない!
そんな自然に反する者たちなどに。



機械人間たち、
機械のマインドを持ち、機械の心を持つ者たちなどに。



君たちは機械じゃない!



君たちは家畜じゃない!



君たちは人間だ!



心に人類愛を持った人間だ!



憎んではいけない。
愛されない者が憎むのだ。
愛されずに、自然に反する者が憎むのだ。



兵士たちよ。
奴隷を作るために闘うな!
自由のために闘え!



「ルカの福音書」の17章に、
「神の国は人間の中にある」と記されている。



ひとりの人間ではなく、
一部の人間でもなく、
すべての人間の中に、君たちの中にあるのだ。
君たち、人々は力を持っているんだ!



機械を創り上げる力、
幸福を築き上げる力を持っているんだ。



君たち、人々が持つ力が、
人生を自由にし、
人生を美しし、
人生を素晴らしい冒険にするのだ!



民主義国家という名のもとに、その力を使おうではないか。



皆でひとつになろう!



新しい世界のために闘おう!



常識ある世界のために。



皆の雇用に機会を与えてくれ、
君たちに未来を与えてくれ、
老後に安定を与えてくれる世界のために。
(雇用や福祉が保証された世界のために)



そんな約束をして、独裁者という獣たちも権力を伸ばしてきた。
しかし、奴らは嘘つきだ。
奴らは約束を果たさない。
これからも決して、果たしはしない。



独裁者たちは、自分たちを自由にし、
人々を奴隷にする。



今こそ闘おう!
約束を実現させるために。



闘おう!
世界を自由にするために。



国境を失くすために。
欲望を失くし、嫌悪を苦難を失くすために。



理性ある世界のために闘おう!



科学と進歩が全人類の幸福へ、導いてくれる世界のために。



兵士たちよ!



民主主義国家の名のもとに、
皆でひとつになろう!
団結しよう!


—————————-


映像はここで終わるが、
映画は以下のように続く。




ハンナ、聞こえるかい?
顔を上げるんだ。
雲が晴れていく。太陽が輝き、あたりを照らし始めた。
人類が新しい世界に。
そこには貪欲も憎悪も野蛮さもない。
見上げてごらん。
人類の魂には翼があったんだ。
いま飛び始めた。
虹の中にも飛び始めた。
未来の希望の光に向けて。
希望に満ちた未来が我々人類のもとに。




だから上を見上げてごらん。
だから上を見上げてごらん


<転載終了>





スポンサーサイト



  [ 動け、パソコン、ラブ注入~~! ]

パソコンが壊れたぁ~~~~!

しばらく前から調子が悪く、古いからもうそろそろダメかな?

っては思ってはいたんだけど、こんなに早く それも突然にぃ~~~

電源を入れても ただむなしく 「ジー、ジー、ジー・・・」って音が出るだけ!

コンセントを抜いて、しばらく待って、もう一度・・・トライ、ポチっ・・

「ジー、ジー、ジー・・・」あ~~~~、ダメだぁ~~!orz

中のデータも取り出せなくて、、あ~~~私はどうすればいいの?orz

わかってたんだから 早めにバックアップ取っとくべきだったぁ~~~orz

デモ今更言っても後の祭り・・・・・涙、涙、涙・・・

そうだ! ダメもとで パソコンにお願いしてみよう!

「お願い、あと1回だけで良いから 立ち上がってぇ!

データを吸い出すだけの時間で良いから、動いてぇ~~~! お願い! 愛してるよ~~!」

拝み倒して、泣きついて、レイキのシンボルを入れまくって、手を合わせてお願いした。

そして、ボタンをポチっとな・・・・・

ブ~~ン、、た、立ち上がったぁ! 普通に作動してくれて 無事データを取り出すことが出来た!

もちろん 、感謝、感謝で 「ありがとう! 大好きだよ、愛してるよ~~!

今まで本当にありがとう」って、言いました。

そうなんです。何が言いたかったかって言うと、

たかが機械、言葉なんて通じるわけがないでしょう・・・って、思うかも知れないけど、


ところがどっこい、これが通じるんですよ。

機械だけじゃなくて、他の物もすべて波動だから、私達も波動だから、

言葉も、感情も波動だからきっちり通じてる。

物だからって ぞんざいに扱うとすぐに壊れたり、調子が悪くなったりする。

反対に 丁寧に いつもありがとうって気持ちで使っていると、気分よく動いてくれるんです。

一度 試してみてください。

調子が悪くなった物に 本気で「いつもありがとう。感謝してるよ。気持ちよく動いてね」って

言ってみてください。本気でですよ。本気じゃないと通じませんからね。

本当に 通じるんです。私は、何度もこういう経験をしてるから 

物にも、感情(感情っていう言葉が適切かどうかわからないけど・・)があるって  

本当に心から信じてます。

物も人も、もちろん自分も 大切にしましょうね。









  [ 生き返りはったんやねぇ?? ]

あなたは、霊魂の存在を信じますか?

死後の世界は あると思いますか?

身体がなくなったら それであなたの意識は無くなるのでしょうか?

私は・・・・・魂というものがあると思います。

身体から 離れてしまうこともあると思います。

なぜかというと 見てしまったからです!

ある日の夕方・・・娘と国道沿いの歩道を歩いていたとき、
横を救急車が走って来ました。

でも なぜかその救急車はサイレンを鳴らさず、ゆっくりめに走っていました。

始めは病人を乗せていないのかな?と思ったのですが、ちょっと中が見えたとき
救急隊員が何かしていたので、「? もしかして 亡くなったのかな? それで
サイレン鳴らしてないのかな?」って 娘と話していたら、、、、

後ろからすごい勢いで走って来た人がいて びっくりしてよけたんですけど
 見たら誰もいない!! 

でも 何か(エネルギー体みたいなカンジ?)が走って行くんです!!

????? 娘も私も?????

そしたら その走っていくエネルギー(?)が救急車に追いついたとたんに
そのまま救急車に乗ったんです。(確かに乗ったんです!)

?????娘「乗ったよね?」
?????私「うん、乗ったと・・・思う・・」

そのとき、急に救急車がサイレンを鳴らして、急いで走り出したんです!!

私「あ~~、生き返りはったんやねぇ・・・」

娘「救急車に乗り遅れはって、急いで追いかけて来たんかな?」

私「多分、そうなんちゃう?」

娘&私「・・・?????」

という、お話でした。



信じるか信じないかは・・・あなたにお任せいたします。!!

ですので、苦情、お叱りのコメントは お受けできませんので、あしからず!!







  [ おまえは すでに死んでいる!あちょ~! ]

小さい時 近所のおじいさんが亡くなりお通夜に行きました。

そのときに、そのおじいさんと仲良しだったおばあちゃんが 
そのおじいさんの遺体に向かって

「あんたは死んだんだよ、わかってるね、死んだんだからね。」

って何度も言い聞かせるように話していました。

「えっ~?????? 死んだ人に あんたは死んだんだよって????」

でも そのときには わからなかったけど今になって 
やっとおばあちゃんが何を言ってたのか わかりました。

身体は死んでも、魂?もしくは意識?(呼び方はいろいろあるけど)は死ななくて 
そのままに感じられるということを理解せずに死んでしまった場合、

まだ 自分が死んでしまったこと、

身体が無くなってしまったこと

を理解できずに 戸惑ってしまうことが多々あるのです。

そのことを そのおばあちゃんは知っていて ちゃんと言い聞かせていたのですね。


よく自殺者の出た場所で、自殺が続くということがありますが 
それもそのことが原因だと思います。

自殺したら すべてが終わる、と思って自殺したんだけど、自分は何もかわらない。

きっと、死ぬのを失敗したんだと思って、もう一度 自殺を試みようと思う。

でも、本人には身体がないから、誰かの中に入って(憑依して)その身体で 
もう一度死のうとするのです。

特に、体力が落ちていたり、自分も苦しくて死にたいなどと思っている人は、
波動が似ていて 憑依されやすいので気をつけてください。

あ、それからこれは余談になりますが、自殺したときは 身体から出るのが
ものすごく苦しいらしいです。

普通に時が来て死んだら、軽く楽に身体から抜けられるのですが、

自殺は まだ時が来てなくて 出る準備が出来ていないわけですから、

無理やり身体から剥がされるみたいな感じで、本当に苦しいから

やめたほうが良いですよ・・・って、ハイヤーセルフさんが言ってました。



そして、死んだ方の憑依も怖いですが、それよりももっと困るのは 生霊(人の念)ですね。

最近は 波動が高くなってきているためか、生霊(人の念)が強くなっています。

生霊については、また次回に書きたいと思います。






  [ 世の中 おかしい・・と、思う ]

入社して1年目の若者が、うつになってしまいました。

入社してなれない仕事のプレッシャーと、
毎日毎日の サービス残業(残業代は出ません)。

毎日 帰るのは23時過ぎ。

自分の仕事は終わっても、先輩達が仕事をしているからと言う理由で
特に仕事はなくても、帰らせてもらえない・・みたいな 体育会系的な環境。

などなどで、だんだん精神のバランスを崩してしまい、

気分が落ち込むことが多くなり、食欲がなくなり 寝られない日が続いて

どんどん痩せていって、訳もなく涙が出て 止まらない・・・・

前は ほんとに明るくて みんなのムードメーカーで、

ちょっとどうかな?って思うくらい(笑)自分に自信があって、

いつも夢を語っているような若者でした。

その若者が、やせ細り、「俺は、何も出来ない。 何も生産性のあることが出来ない。

みんなは、ちゃんと仕事をこなしてるのに 自分は出来ない。

こんなになるのも 自分が弱いからだ。現実から逃げてるだけなんだ。

甘えてるだけなんだ。情けない。死にたい。

こんなくだらない人間でごめんなさい。生きていく価値がない人間だ!」

って泣きます。


自分でも、さすがに これはおかしいと感じて 神経内科を受診しました。

診断は 「適応障害による うつ症状」


家族は、まずは とにかく休んで、ゆっくり寝て
ご飯を食べて体力をつけることが大事だと思いました。

ゆっくり休んで、体力をつければ また 元気になると信じ、
会社をしばらく休むように、もし 休めないようなら 退職もしてもいいと思いました。

仕事より 若者の 身体、命、が大切だと思いました。

身体さえ 心さえ 元気になれば まだ若いのだから 仕事はまた見つかる・・・!

とにかく、身体、命が優先だと思いました。

それは、人として当たり前の考えだと思っています。

でも、精神内科医は 「もっと症状の悪い人たちもたくさんいます。

あなたは、まだ そんなにひどくないから、薬を飲みながら仕事を続けなさい。

薬を飲みながら だましだまし会社に行きなさい。

そのうち その環境に慣れるから・・・それが 貴方にとって一番良い選択だと思います」

って、言いました。

これが、今の世の中の現状なのでしょうか?

身体や命よりも 仕事、お金の方が大切なのでしょうか?

うつになる人は 真面目な人の方が多いと聞きます。

お医者さんに そう言われれば、きっと「やっぱり自分が弱いからこうなったんだ。

まだまだ 努力が足りないんだ、自分が悪いんだ、もっともっと頑張らないと」

って思い、薬を飲みながら、涙を流しながら、仕事に行くことでしょう。

それで、もっと身体を壊し、精神のバランスを崩し、苦しい思いをして生きていくのです。

下手をすれば、命を絶ってしまうこともあるかも知れません。

神経内科の予約は、どこもだいたい 1ヶ月待ちだそうです。


それが、本当に幸せな人生ですか? 

豊かな人生って言えるのでしょうか?



今の世の中、すべておかしくないですか?

原発の問題にしても、命よりも何よりも お金、お金、って!

人の命よりも 大事なものなんてないんじゃないでしょうか?

いくらお金があっても、命がなくなれば何の価値もない。

いくらお金があっても、豊かで幸せな毎日でなければ生きていく意味がないと思います。

まずうつになるほど 我慢して働かなきゃいけない社会ってなんなんでしょうか?

そして、病気になっても 休むことも許されず 薬を飲みながら 

ごまかしながら仕事をしなければいけない世の中って どうなんでしょうか?

世界でもトップクラスで自殺が多い国。

毎日のように 人身事故が起きている現状。

使い捨てにされている命。

使い捨てにしていい命なんて、絶対にない。

物質は豊かで 何でも手に入るけど、一番大切なものが失われています。

私たち、本当にこのままでいいんでしょうか?

ちゃんと向き合って、考えなければいけない時期が来てるのではないでしょうか?






HOME
Copyright © 2011 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi