世にも奇妙なフツーの話

 フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

  [ UFO!宇宙人!どうなのよ?? ]

                 こちらの記事もお読みください 
                       お金って?




最近 本当に色々な情報が錯綜しています。

もうすぐ 巨大宇宙船が誰の目にも見えるように姿を現し直接コンタクトがある・・・とか、そんなことは闇の勢力の作り話・・だとか、UFOなんて アメリカやドイツが開発した乗り物で 本当のUFOなんてないし 宇宙人なんていない・・・とか・・・・とか・・・とか・・・とにかく 色々な情報で訳が分からなくなっている方たちがたくさんいると思います。


ここから、藤本さんのブログからの記事を転載させていただきます。


ユダヤ人が有色人種だと言う事は、すなわちイエスキリストも有色人種なのは既に明白なのですが、過去においてイエスキリスト、又はキリスト教に関する絵画は、イエスキリストを白人として書いているものがとても多いのです。

しかし、白人として書いている絵画でもイエスキリスト又は、キリスト教に関する絵画にUFOが多く書かれているのは何故だと思いますか?

特に、この点についての答えになる絵画が下記の中に1点あります。

そして、それはまさしく人類起源・人類創造主をも表しています。
キリスト1
ベルギーComte Dotremond所有
十戒を受け取るモーセ:十戒の石版を受け取るモーセの遠方にUFOの編隊が描かれています。
キリスト2
パウロ・ウッチェロ(1397-1475)天国からの神の使い。
キリスト3
17世紀のフレスコ画:十字架のキリストの両脇に2機のUFOが描かれています。
そのUFOを拡大すると顔が中に描かれていた
キリスト4
フランスの画家アート・デ・ゲルダーの作「キリストの洗礼(キリストのパプテスマ)」キリスト5
イタリア フィレンツエ ヴェッキオ宮殿「聖母と聖ジョバンニーノ」フィリッポ・リッヒ(1406-69)作

キリスト6
コソボ デチャーニー修道院 フレスコ画 14世紀
キリスト7
サンタ・マリア・マジョーレ聖堂の建立
1430年 フローレンスのマゾリーノ・ダ・パニカーレ 国立カポディモンテ美術館蔵
(ここに書かれているイエスキリストの肌の色と日の丸が書かれているのにお気づきでしょうか)
キリスト8
14世紀フランス ノートルダム 聖母マリアを描いたタペストリー
キリスト9
イタリア モルタルチノ 聖ペトロ教会のルネッサンス時代の絵画
1595年ボナベントウラ・サリンベーニ作「三位一体」
キリスト10
受胎告知 1486年 ロンドン、ナショナル・ギャラリー蔵
イタリア カルロ・クリベリ

この世に人類が誕生し、今のような世界になった事を記している代表的な書物と言えば何があるでしょう?

又、それらは両者共に宗教と言う形で現存しています。

その宗教にUFOが深く関わっているのです。

人類が地球外生命体によって作られたと言う事は、真実です。

その人類が、他の惑星から今の地球に移住して来た事も事実です。

更に、その人類の中で進級した人類が現地球や他の惑星に共存しているのも事実です。

他の落第してしまった人類は、気の遠くなるような時間を使って、最終試験の真っ只中にいるのが現在です。

しかし、見栄っ張りの生徒会長が自意識過剰と強烈な自我と策略で学校をまとめて、進級させようとしているのが現在です。

そして・・・私達生徒の中に校長先生の息子がいる事を今の生徒会長とその両親は知っています。

だから、必死にもがきます。

又・・それに気づいていないのは、私達人類です。

校長先生は、独断でサインすれば全ての生徒を無条件に進級させる事が出来ます。

当然の事ながら、その息子も同じ力を持っているのです。

その息子が全生徒の前に「私は校長の息子です」「私の指示に従ってください」と立ち上がる日こそがメシアの登場なのです。

そのメシアの登場により、この地球最終学校は、高次元への移行が可能になるのです。

まぁ、それまでに教頭先生があれこれ生徒会長と裏蜜で、この数日間世間を騒がせていますけどネ。

教頭先生は他の惑星にたくさんいます。

そうそう、ペ天使などと呼ばれている場合もありますね。

しかも、太陽浴びないから、浴びられないから肌が白いの何のって。

7番目の絵画を描いた、マゾリーノ・ダ・パニカーレは色が白いのにも関わらず、イエスキリストを有色人種に描いていますね。

(おお!7番目でしたね。(今気がつきました)7と言えば?お分かりですよね。(

彼は、生徒会長の息子と幼馴染だったのでしょうネ。(笑)

            転載はここまで


これらの絵画は 全て作者達のただの想像の産物だったのでしょか?

この広い宇宙の中で 生命体がいるのは地球だけなのでしょうか?

FC2 Blog Ranking←これは・・って思う方 ポチッとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←本当だ・・って思う方、こちらもお願いします。







スポンサーサイト



  [ 今 起きていること! ]

                  こちらの記事もお読みください 
                       お金って?




今 世の中で起きていること・・・あなたは どうとらえますか?

今 起きている 経済・金融破たん・・・危機的状況、最悪の事態ですか?

もうお分かりだと思いますが、この状況は「歓迎すべき出来事」なのです。

この世の中には 「無常」です。「無情」ではないですよ。「無情」は沢山ありますが・・・・。。

いつまでも 永遠に変わらないものはないのです。 世の中は、そして貴方も 瞬間瞬間に変化し続けているのです。

このところ起きている混乱も、今までの「異常」な世界からの揺り戻しが来ているだけです。

こんな異常な世の中はもう限界だという多くの人類の潜在意識が変化を求めた結果です。

勘違いしやすいのですが・・・今 この変化で本当に混乱し困っているのは、今まで好き放題に人々を支配してきていたホンの一部の特権階級と呼ばれてきた人達だけなのです。

知らず知らずのうちに支配されて来てしまった、奴隷状態にされてきてしまった私達には、絶好のチャンスなのです。もう一度言います・・・私達に絶好のチャンスが来たのです。

今 この牢獄から出るチャンスなのです。奴隷状態から解放されるチャンスなのです。

ずっと長い間 囲われていた檻から出るのは怖いことです。 檻の中しか知らないから・・檻の中にいればとりあえず安心だったから(と思わされて来たから・・)・・・だから、まだ ここにいたい、今の状況でいい・・って思うのも仕方がありません。

でも、もうその檻も壊れてしまいました。

ここで もう一度今と同じような政治・経済を立て直し、やり直そうとするのは、自分から檻を作って、自分を支配し搾取する人間を拍手を持って呼び戻し、また苦しい生活を始める・・・と言うことです。

ここで 勇気を振り絞りましょう・・・「NO]と言いましょう・・・今まで思い込まされてきた「幸せ」の観念に疑問を持ちましょう。

支配階級にとって都合のいい「思い込ませれて来た幸せ」から、本当の「幸せ」を自分達で築きあげて行きましょう。

誰も 自分を幸せにしてくれません・・・宇宙の友人達もとても大きな愛を持って助けてはくれますが、
自分たちを幸せに出来るのは、自分を自由に出来るのは自分達だけです。

もう後戻りはやめましょう。誰かを頼り、依存するのもやめましょう。

これからの地球、皆に豊かで平和な世界を作っていくのは、私達です。

産むのは 誰でもありません・・・私達です。

その自覚がない限り、助けも来ないし、新しい世の中も作っていけません。

自分の主人は自分だけです。あなたを自由に出来るのは・・あなた・・だけです。

自由になる覚悟をしましょう。 大丈夫です。 逃げずに 大きく目を開いてしっかり見れば、未来は見えてきます。 一緒に力を合わせて ここを乗り切っていきましょう。あなたと私の光り輝く未来のために・・!!

FC2 Blog Ranking←これはチャンスだ・・みんなに知らせよう・・と言う方 ポチッとお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←みんなで檻から出るぞ・・と言う方 こちらも願いします。

















  [ 案ずるより産むが易し?? ]

                 こちらの記事もお読みください 
                       お金って?




この何日か、ずっと私の頭の中に「案ずるより産むが易し」・・という言葉が入って来ています。

そんなに心配しなくても大丈夫・・・恐怖 不安 心配・・・いろいろな感情が噴出して来るでしょうが、
これは自然なことなので、安心して自分自身に任せておきなさい。

自然なお産に無理な手をかけると 余計に辛くなります。

時期が来れば 自然とちゃんと生まれてきます。
生まれつつある子供の力も信頼してあげてください。
貴方と子供の共同作業です。波長を合わせて 息を合わせて協力してください。

今 そのお産の過渡期です。

『私達』は このようなお産に関する 経過も 結果も知っています。
言うなれば お産婆さん(助産師さん)のようなものです。

お手伝いできます。
初めてのことや、よく知らないことは 誰でも不安に思うし 怖いでしょう。
ちょっとした痛みも とても大きなものに感じられるでしょう。

でも 私達はその痛みがどの程度のものであるか、正常な痛みであるのか、異常なものなのか・・などの状況は分かります。

今は 大丈夫です。ちゃんと経過どおりに事は進んでいます。

しかし お産は危険を伴うものであるのは事実です。
このまま 気を抜かず、その調子でいてください。

そして 痛みから逃げないでください。必要な 痛みです。
この痛みがなくなってしまえば、お産は中断してしまい 生まれるべき子供はなくなってしまいます。

そして 産むのは 貴方たち本人であることを もっと自覚してください。
私達は お手伝いできるだけです。出来る限りの、持っている限りの知識と あふれる愛をもって 貴方たちのお手伝いをします。

でも、本人のあなたたちが 自覚をせず 誰かに産ませてもらおうと考えているうちは、痛みもどんどん強く感じるし、苦しみもきつくなってきます。

自覚してください。これは 貴方たちのことです。自分自身に起きていることです。
貴方たちが自分で産まなければならないのです。
この状況に 目を逸らさず 立ち向かう勇気と自覚をもって進んでください。

これから 佳境に入ります。
もしかしたら このまま死んじゃうのではないかと思うことが起きるかも知れません。

でも 大丈夫です。私達が見守っています。緊急に備える用意もしっかり整っています。

あなたたちは 産まれて来る新しい子供(世界)のことを思い 希望と共にここを乗り切る自覚と覚悟さえあればいいのです。

「案ずるより産むが易し」です。




ここに出てくる・・『私達』・・が誰なのか?書いている本人の私には分かりません。

このところ このような言葉が入って来るので、そして その感覚がとても優しくて気持ちのよい そして力強いエネルギーなので 信頼できると思いここに書くことにしました。

この言葉、このメッセージをどのように受け止めるかは 貴方にお任せします。

でも 最近の世界の状況を見ていると、何かが起きつつあるのは確実です。

FC2 Blog Ranking←そうだよね、自分達のことなのよね・・って思う方 ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ←他の人にも伝えなきゃ・・って思う方もよろしくお願いします。













HOME
Copyright © 2008 世にも奇妙なフツーの話, All rights reserved.
  
Item+Template by odaikomachi